「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

d0145528_3202885.jpg



って、、このお城にいったんじゃないよ。(笑)


これは、夏にペンブロークシャーにいったときのお城


案の上、「林やパー子」になって、写真とりまくったのはいいけど、ぜんぜんアップしてなかった。

べつに、人にみせるつもりで、とっているわけでもないのだけど、やっぱり、そうなのかな。。

だって、そうじゃなかったら、わたし、人の写真しかとらないかもしれない。


ということで、ブログをやることで、こうやって、建物の写真もとるようになったから、どこにいったか、記録が残るようになった。。

父の働いていた関係かどうかはわからないけど、小さいころから、うちは、写真を撮る家族だった。

わたしが、まだ、10歳になるかならないかのときの、クリスマスプレゼントも、カメラだったし、、。

そういえば、祖父がとった、、8ミリカメラでの、わたしの赤ちゃんのころの記録もある。

そう、お正月は、親戚や、家族が集まって、8ミリカメラで撮った画像を、大きい白い垂れ幕をたらして、部屋を暗くしてみるのも恒例だった。


日本人じゃない、外国の人に、「のんちゃんは、日本人だから、なんでも写真とるんでしょーー」って、いわれるけど、たぶん、わたしは、普通の日本人よりももっと、、写真をとるのが好きかもしれない。



うまく、写そうとは思わない。


ただ、ありのままをとるだけ。


それだけですわ。。


(もう、このブログを見ている人はわかっているだろうけど、、笑)


d0145528_3453012.jpg





追記。。(今日の政治ネタ)(おでかけしててなにもかけなかった)どうもどうも、、

えいと@さんが、「公務員スト権」の話を書いてくださっています。

読んでみてエーー
[PR]
by lazytown | 2010-12-31 03:54 | ウェールズ

日本の「敵」BY中西輝政

d0145528_0155543.jpg




こちらのブログを読んで、のなかにある、9月7日のNHKクローズアップ「日本の森林が買われていく」
をみてほしいのですけど。 


そして、さすが、、、故中川昭一氏がこのようなことをいっていたんですね。。(クッリックしてみてくださいね)


水資源について、、、


わたしも、多くの方がいっているように、これから日本が生き延びていくためには、「日本人のもつ、高い技術、開発力」だと思います。

だから、有名なれんほうさんの言葉、「世界で1位でなくてはだめなのですか??2位ではだめなのですか??」をきいて、技術費の国家予算を削るときいたときには、ぶったまげました.



わたしの父もそうでしが、日本の技術者って、、毎日毎日単純なことをくりかえし実験したりして、試行錯誤をくりかえし、(さらに、サラリーマンですから、ほかの精神的なしがらみ、部下や上司
との関係、いろいろな会社での問題をかかえながら、)一生涯の研究をひとつひとつつみあげて、開発していくんですよ。

いまでは、あたりまえのような、小さい携帯電話や、ウォークマン、などなど、、知ってしまえば、「なーーんだ。。」(わたしはいえないですけど、、)っておもえるような、ひとつの研究に、一生かけているひとが、いっぱいいるのです。

この間の、日本人のノーベル賞をもらった、博士も、いってられましたよね。(毒入りチョコレートさんの記事をぽちっとおしてお読みください)


「れんほウさんみたいな発言をする人は、技術開発のことを良くわかっていない人です。」って。。


だいたい、わたしは、「れんほう」さんが、大臣ってことにびっくりしましたけど、、すごい話だわ。。

わたしがなってもおかしくないじゃん。。


だいたい、平等平等、、なんていっているから、ああいう何もわかっていない人が大臣になれちゃうんですわ。


わたしの尊敬する、歴史学者 中西輝政氏 の「日本の「敵」」という本のなかから、「なるほっどおーーーーー。。そのとうりだわ。。」と思った部分を抜粋させていただきます。

ここから、、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歴史的に長く民主主義をとってきた国では、世論の感情化に対する安全装置を必ずシステムの中に組み込んでいる。「好き嫌いで投票してはいけない」と教える親の教育もそうだし、マスコミや学者の間には、「世論に抗する発言」を非常に高く評価する工夫がある。政治の制度上もわざと「世論の支配」を受けにくい勢力をあえて作っておき、国全体が関わる重大問題ではその声を重視するという「民意抑制のシステム」こそ、民主主義にとり不可欠の安全装置だという考えがある。なぜなら、世論とは、つねに感情に傾きやすい弱点があるからである。


たとえばアメリカの上院議員は、人口比に関係なく各州から2名ずつ選ばれ、サウスダコダのような人口の少ない州もカリフォルニアのように多い州も同じに扱われる。しかも選挙人を介しての選挙だから日本人のいわゆる民主主義ではない。イギリスの上院にいたっては選挙すら行われない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで、引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、庶民の、民主主義の弱点をついて、庶民党の暴走をふせぐために、上院を設置して、彼らに、対政策など国家的問題に関わる拒否権がああるのもそのためだといっているんですけど。


そのあと、

「なぜなら、国家が崩壊を来せば、そもそも民主主義自体が存続しあえないからである。」(中西輝政氏。日本の「敵」より)


と、おっしゃています。


本当にそのとうりだとおもうのです。


わたしは、本当は、政治の話は、政治の専門化にまかせたいです。それに、専門化だから、なるのではないでしょうか。


法律とか、行政、財政、外交、、いろいろと真剣に国のことをよくしようとおもって先の読める人、志のある人、そういう人が政治にたずさわるべきだとおもうのでよ。


なんでもそうでしょ。

専門の人がいるわけですよ。

ダンサーだって、死にもの狂いで毎日、朝から、晩まで練習して、寝ても冷めても(でしたっけ?・)
ダンスのことかんがえてい、ますよ。(すみません。。例が、ダンサーになってしまうのは、ダンスがすきだからです。。わははは)

しろうとの、何も知らない、とってつけたような人が、「ダンサーです」とかいって、舞台にでたら、ばかにされますよ。。っていうか、お金もらえないっすよ。

それに、ばかにしていますよ。観客や、本物のダンサーのことを、、


と、それと同じで、れんほうさんが政治にかかわるなら、先も、未来の日本のことも見据えないでわたしみたいな、おばはんが、かんがえそうな、政治の改革はしないでほしいですわ。。

予算を減らすために、、なんて、わたしみたいなおばはんが、「家計がたりないから、洋服代へらさなきゃ」っていってるのとちがうのですからね。。


えらそうなことばっかりいっていますが、わたしが一番何もわかっていないのかも知れませんので、あしからず。。。


d0145528_041414.jpg



それにしても、、自然っていいね。。



 
 



  
 
[PR]
by lazytown | 2010-12-30 00:32 | 政治歴史

さて、、昨日の続き。。「わたしのしらなかったこと(無知なだけ??汗)」シリーズ第二弾!!(勝手にシリーズ化してますが、、)

「わたしのしらなかったこと第一弾(無知なだけ??汗)」こちらです。


なんだか、、自分の無知をさらけだすのもなんですが、、、きょうは、、本当は別の、「しらなかったこと」をかこうとおもったのだけど、さっき、父と電話で話していて「ええーー知らなかっただ。。」っていうことをきいたので、それを話題にしますわ。

そう、、えいと@さんの記事で、天皇陛下のお仕事について読んで、天皇陛下が、お米までdつくっていることをしらなかったわたしでしたが、きょう、父にその話をしていたら、

「うん。。そうだよ。皇后陛下は、蚕を飼っていらしてそこから、紡いで絹を作ってらっしゃるよ。。。」


エエーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!


しらなかったよ。。

しらなかったよ。。

しらなかったよ。。


すごいなああーーーーーー。

「日本の神様って、みんな働くのは、善行なんだよ」

「衣食住っていうけど、それを大事にしてご自分が率先しておつくりになって、国民の平和を祈っているんだよ」


って、、



日本人で、皇室に興味を持たない人もたくさんいるけど、(わたしがそうだ。。)特に嫌いっていう人もいないよね。。

革命して、皇室制度廃止!!!って、さけぶ人もいるのかもしれないけど、しゅるしゅるしゅるーーって、火がきえてしまうように、そういう論って、長続きしていない。

なんでかなーーっておもっていたけど、 簡単にいえば、下足な言い方だけど、


「国民のために、毎日お祈りしてくれる様な方を、わざわざ革命によって、ひきづりおこすこともない」


って国民のひとりひとりがしらずしらずに、おもっているのではないかなーー。


だいたい、天皇陛下がどこかの土地にたずねたときの動画をみたときに、おもったのだけど、

国民が「天皇陛下ばんざーーーい!!」

なんてやっているときに、天皇陛下と、皇后陛下は、「腰をさげて、何回も、お礼をしている」だよね。。

こういう、風景って、日本にいたときは、普通におもっていたんだけどんね、外国にすんで、そこの王室の方の態度とかみなれてくると、

「おおーーなんて、物腰が低いのでしょう!!」

っておもってしまったんです。

こちらの王室の方が、平民にむかって、何回もお辞儀したり、自分のほうから、

「今日はお寒いところをお越しになってくださり、、」

なんて、、いわないよおーーーーー。。って、みたことないのよ。。

それに、戦時中に、

「国民が白いご飯を食べれないときに、わたしたちだけが、いいものをたべることはできない」

といって、国民と一緒になって、質素倹約したり、、してましたよね。



だから、普通の人、皇室に興味のない人、も、天皇制に、わざわざ反対しないのではないでしょうかね。。



わたしは、上にもかいたように、皇室に興味のない人なんですけど、昔から、天皇陛下を見ると、なぜだか、、、うれしくなってしまうんですよ。。(爆)

しかも、、最近では、ちょっと、涙がでてきてしまったり、、、(爆)


なんだか今、やっと、、その理由がわかったようなきがします。(遅いか。。わたし、43歳)


国の幸せを願う方、国民といっしょになって、苦労を共にする方、率先して働いている方、、をみて、意味もわからず、うれしくなったり、涙が出てくるのは当然なんでしょうね。。


まったく、はずかしげもなく、「知らなかったこと」を暴露しているわたしですが、これからも、よろしくおねがいいたします。


「人生いっしょうまなぶことだらけーーーーはっはらっはーー」


そういえば、きょうも、ねずきちさんのところで、「からくり人形」について記事をよみました。

画像もあるので、よんでみてください。すっごおーいい!!っておもいました。


江戸時代にこんなものつくってしまっているんですね。。はあーーーーすごすぎます。。


d0145528_23145875.jpg



↑の写真。。。たった今娘が「はい。まま。。ジャパニーズフラッグ!!(日の丸)」だって、、


娘にもわかるんでしょうかね。。。わたしが日本のことを記事にしているの。。。。(すごい気迫だったのかしら、、、ぷぷ。。)













 
[PR]
by lazytown | 2010-12-28 23:19 | 政治歴史

知らなかったことなんだけど、、

「京都、奈良、鎌倉が戦時中空襲や、原爆をのがれて、日本の貴重な文化財産がのがれたのは、この日本古来の文化財を救うようにアメリカ人(ウォーナー博士といわれていた)の進言があったから。。。。」


って、GHQにつくられたうそなんだってね。。


しらなかったよおーー


わたしは、父が送ってきてくれた、月刊WILL11月号の、P228ページに掲載されている、ジャーナリスト「有本香」さんの記事でよんでしったのだけどね。。

でも、これをひろめたのが、1945年11月11日の朝日新聞の記事だったのだって。

そりゃあ、日本人、信じるよね。。


ここで、とりあげられた、「ウォーナー博士(ランドン。ウォーナー)」は、存命中、「自分は政府に古都を爆撃しないよう働きかけたことはいちどもない」といいつづけてたらしい。

これもしらなかったよ。。


まあ、とにかく、なんでわかったかというと、

「90年代、アメリカで戦争中の機密文書が公開さえr他後、大阪樟蔭女子大学教授を務めた吉田守氏がその資料を研究し、ウォーナー美談は事実でなかったと明らかにした。」
(月刊WILL2010年11月号有本香さんの記事より)

ということらしい。


前に、だんなと話していたときに、わたしが得意げに、「京都が、原爆を落とされなかったのは、アメリカ人が日本のすばらしい文化を残したかったからだよ」

といったとき、「ふん。。。そんなに甘いものじゃないと思うけどね。。」

といわれたことがあったんだよね。。

そのときは、「京都や、奈良のすばらしさを知らないからそんなことがいえるのね。。ふん。」

とおもったのだけど、、

さすが、どす黒いイギリス人!!(爆)

政治のどす黒さをわかってらっしゃるわ。。と、今は、尊敬。。



この有本香さんのレポートは、「中国の歴史捏造工作 古都。奈良があぶない」

という記事で、いま、おなじようなことが、京都、奈良にて、こんどは、中国人がこの都市を救ったと捏造されて、銅像までつくられて、中国から、寄与したい。。との申し出があったとのこと。。


ちょっとおーーーすごくない?・

銅像なんて、送られて、それがかざられたら、後世の日本人はしんじちゃうじゃないのーー

おお、くわばらくわばら、、

おそろしいわ。。

こうやって、既成事実が作られていくのね。。


日本人はわたしもそうだけど、、やっぱり、純粋っていうんですか??まさか、こうやって、既成事実をだれかがというか、国家的に、つくりあげていくとはおもわないんだよね。。

人を信じるんだよ。。


それはとってもいいことなんだけど、他国とつきあうときは、気をつけないといけないね。。

こういうのを、英語で、「NAIVE」っていうんだよね。。
日本では、この、ナイーブって、純粋って訳されて良い意味でつかわれるけど、英語では、このNAIVEって、「世間知らず」っていうふうにつかわれて、けっしてほめられるようないい言葉ではないんだよ。

「だまされやすい」っていうことは、「だまされるほど、世間知らずだ」ってことで、日本人の感覚ではへんだけど、「だまされるほうが悪い」っていうことになるのかもね。。

わたしは、日本人のこのような、純粋な心をわたしはとても、誇りにおもって、失うべきではないとおもっていますが、 

国際世界っていうのは、どすくろーーく、うそはでっかいほどいって、それを、何回もくりかえしていくうちに事実にしてしまう、先にうわさをひろめたほうが、勝ちってなもので、なんでもありの世界だから、、日本人もめをさまして、外交するときは、とっても、きをつけないといけないとおもうのだわ。



まあ、ということで、 これから、奈良の法隆寺や、鎌倉駅前などの、全国各地にある、「恩人ウォーナー」を顕彰する碑をみたあかつきには、「ちゃうでえーーーーこれは作り話。。かちかち山といっしょ。。」とそれをおがんでいる観光客につたえましょう。。


さて、あしたは、「わたしの知らなかったこと第二弾(ただ無知なだけ??汗)」をおおくりしますわ。。

おっと、えいと@さんが、きょうも素敵な記事をかいてらっしゃいます!!

よんでみてね!!

(わたし、、2000円札ができたこともしらなかったんだよね。。。汗)


世の中知らないことだらけだわ。。
[PR]
by lazytown | 2010-12-27 23:41 | 政治歴史

さて、、26日。。イギリスでは、「ボクシングデイ」という。

きのうは、朝から汗をふきふきごはんつくりにいそがしかったので、きょうは、丸一日ご飯つくりもしない、ゆっくりする日。。ということで、朝からベットで、テレビをつけた。。

最近テレビをつけるときは、「NHK WORLD]」をみて、「NHK」で伝わってくることと、ネットで伝わってくる情報を分析する。(えらそう。。。爆)

なぜ、「NHK」か、、、そのことは簡単。。

英国で生活をしている日本人のわたしが、日本でなにがあったかを知ることのできる、ニュースは、「NHK WORLD」しかないからだ。。BBCニュースでなんて、やってないだ。。

そこで、きょうも、「NHK WORLD」が、世界にむかて、どんなプロパガンダニュースを流しているのか、興味しんしんでテレビをつけた。

おっと、その前になんでわたしが、「プロパガンダ」なんていうかというと、まず最初に、日本の事情を知らない人がみたら(日本人でも歴史を知らない人)、「へえーー日本ってこうなんだ。。」ってことだけを流すからだ。

たとえば、このあいだ、海上自衛隊、陸上自衛隊の増強として、新「防衛大綱」が、閣議されたときの、ニュース。。

実際には、こちらのブログでおっしゃっているように、増強といった方針をよそおって、減らされていることがわかるのですが、ニュースでは、「おおー日本もとうとう、軍事にちからをいれるのか。。」というような報道されていましたよ。
わたしの、英語リスニングのききとりまちがえかな??とおもったのだけど、その後、同じニュースを見た夫が、「日本もとうとう、軍事に力を入れるそうだな・。。」っていっていたんですから、外人が聞いてそのように、取れるような、ニュースを流しているんですよ。。

そして、尖閣諸島のビデオの流失のニュースのときには、なぜか、ほかのニュースのときに、「中国のたび」っていうような番組で、中国の田舎町のなかの、無垢な、子供たちや、優しい、人々のドキュメンタリーみたいなのをやっていましたしね。。あの時わたしは、おかしいな。。っておもったんだけど、「わたしの、かんぐりすぎだろう」っておもってわすれていたんですよね。。
そしたら、後日ほかの方のブログでも、そう思っている人が(同じ番組かはわかりませんけど)いたんですね。。

さらに、沖縄の米軍基地撤退のニュースは、いかにも、すべての沖縄人が、撤退!!とさけんでいるかのように、その映像ばっかり流しますよ。。

これでは、外国人が、「日本人の全ての人が、米軍の沖縄撤退に賛成なんだ。。」と、おもってしまうのではないかとおもうのですけど、、

そりゃあ、外国人でも、日本のことに、興味をもって、東アジアの研究なんか、をしている人もいるでしょう。でも、そういう人たちが、テレビにでて、「いっやー日本人のみんなが、賛成しているわけではないっすよ」とか、

「「防衛大綱」といっても、じつは、ほかの防衛費がけずられたりしているんですよ。」

とか、「日韓併合っていうのは、日本が別に、無理やり侵略したわけじゃないんですよ」

とか、「南京事変っていうけど、通州事件ってしっていますか??」とか、(ねずきちさんのところにもお話がのっていおます。)

「北方領土って、日本のもので、ソ連が、日ソ不可侵条約をやぶって、戦争がおわる、たった、6日まえ、8月9日から、満州に侵略してはいってきて、日本がポツダム宣言を受諾して終わった、8月15日以降に、国際条約をやぶって、占領しているんですよ」

とか、、(ああ、、例をあげるときりはないけど、、)そうやって、BBCニュースで、ながして、NHK WORLDの流しているニュースの意味を伝えてくれるわけじゃないんですよ。。

ということは、普通に、ちょろって、テレビをつけた人って、NHKのニュースだけをみて、日本を判断するんですよ。。

ということは、わたしみたいな、英語のへたなおかんが、「いっやーーあれは、ちがうんだよ。。
日本の放送局は、左よりのみかたしかしないしね。。」

といっても、あまり、現実見がないんですね。。

まあ、とにかく、、また、長くなっちゃいましたわ。。

わたしが書きたかったのは、このことじゃなかったんですけどね。。


本文にはいりますが、、(笑)

今日、その、NHKでやっていたのが、東大に、ハーバード大学から教授をよんで、「justice」(公平とか正義)についての、公開講義だった。

「自分の家族がつみを犯したらどうするか・・家族への忠信のため、家族を警察から隠すか??それとも、警察に協力して、裁判デ証言するか??」
にはじまり、

「日本とほかの国どちらも同じような大きな災害にあったとき、どちらを、まず助けるか??」

そして、「日本が第二次大戦で東南アジアに侵略したという罪を、現代の日本人はぬぐう、責任があるか??謝ること、賠償について、どうおもうか??」

さらに、「オバマ大統領は、広島、長崎に落とした原爆のことで、日本に対して、謝るべきか??」

という、講義で、そこに集まった生徒に、意見をいわせて、論議をかもしだしていた。

わたしがみていて、おもったのは、すごく、、、関係ない話になるのだろうけど、、

「あそこで、発言している人で、日本人の人は何人いるのだろう??」とおもったのだ。

東大といえば、日本人が誰でも知っているくらいの、難関大学で、一流の頭脳の集まりなのだろう。。(いろいろな意見はあるだろうが、、)

そして、あそこをでたひとは、一流企業、大蔵省、外交に携わる人もたくさんいるにちがいない。
さらに、大学教授や教育の場でになって、未来の日本のこどもたちにおしえることになるような人たちでしょう。

そういうところに、海外の留学生が集まるのも当たり前の話なわけだよね。

そして、、目に見えるかたちで、外国人だって、わかる人もいるのだけど、日本人の名前を使っていたら、(それに、うその名前を使って、日本人のふりをしていたら)日本人のふりをして、その人の自国の主張をあたかも日本人がしているかのようにみせかけることもできるのだ。

この論議のなかでも、外人には、みわけがつかないだろうが、日本人のわたしが、「この人。。。違うだろう」っていう人がいた。

ハーバード大学の教授は、彼ら一人ひとりに、「名前は??」ってきいていた。

議論をつづけるためだったのだけど、わたしには、彼が本当は、「あなたは、どこの国から来た学生さん??」って、きこえてきたよ。。。実際にそう、ききたかったのいじゃないかな??って、おもってしまったわたしは、完全にパラノイアなのか??

議論のなかで、いろいろいいたいことはあったけど、「韓国のかたが、いまだにつらいおもいをしている。。。。 」などのそういう話はながながと電波にのっていたのもふーんっておもったよ。
中立ぶって、そういうところだけは、流しているね。。編集しているのかな??

編集しているのでなければ、東大生もなさけないぞ。。

一人たぶん、難民として、日本にきて日本国民になった(たぶん)男の子が、「僕は、日本国にとてもお世話になって、たすけてもらったとおもっているから、日本と、どこか遠くの国が災害にあったとして、どちらをさきにたすけるかときかれたら、さきに日本人をたすけたい」っていっていたのをきいて、おおーーありがとう!っておもったのだけど、当然のことをいっているとおもった。

日本とか、そういうことじゃなくって、身近にいる人をたすけるよね。。普通。。

それにくらべ、ほかの子が、「僕はやっぱり、経済的に弱いほうをたすけたいです」だってよ。。

「じゃあ、自分のおかんが死にそうなときに、ほかの国のひとをたすけるんかいな??」っておもったけどね。。

だけど、変な人権家みたいなことをいったりもしていて、そういう人ほど、拍手が多かったよ。。
 
まえに、日本人が犯したといわれる、戦時中の罪で、たとえば、(B級裁判とか)で 、そのひとがした罪でもないのに、「東洋人で、あれは、日本人がやった」「めがねをかけていた東洋人」ってなだけで、日本人に成りすました外国人の罪で、裁かれた人がいっぱいいるってどこかで、よんだことがあったんだ。

そんなことを思いだしました。

いっや、、こうして、かいているけど、もちろん!!すべての日本人がいい人って、いっているわけじゃないよ。


こんな記事もよんだよ。。なんだか、差別記事になっちゃいそうで、のせるのはやめようっておもったんだけど、のせるよ。。

だから、なんだ??日本人だって、もっと、ひどいことをしている人がいるじゃないの!!

っておもいますよ。

でも、報道の自由なら、かくさなくったって、いいじゃん。っておももうんだ。

 
日本人がつみをおかすと、その家族から、被害者の家族から、話題探しに忙しい、日本のマスコミが、、、っておもうとわらっちゃうね。。

 

わたしは、英国にすんでいるから、この事件はよーーーくしっていますよ。。

わたしが日本人っていうことで、話題にされたこともありますよ。。

まあ、どうでもいいけどさ、、

今日も話がそれそれで、長くなりました。。


NHKの番組のことだけど、なにがいいたかったかっていうと、、、ああ、そう、、

日本の大学も、スパイ天国になりつつあるのでは???

なんて、かんがえてしまったおかんでした。。(パラノイアですか??)


ちゃんちゃん。。

 
[PR]
by lazytown | 2010-12-27 01:36 | 政治歴史

今年の大作!!!

じゃじゃーあーーん。。

d0145528_5263438.jpg


大作!!!

今年のクリスマスケーキだわよ!!

教会の前での、合唱隊。。。


ひそかにやっている、シュガークラフトで、、、、、(これも、先生がいないとなかなかやるきなし。。。のだめ生徒。。。)


それではみなさん。。メリークリスマス!!
[PR]
by lazytown | 2010-12-25 05:31 | 子供

d0145528_18585013.jpg


ちっと、きたないが、、ジンジャーブレッドハウス。。。

こっちのほうが、わかりやすいか。。犬つき。。

d0145528_192623.jpg




実は、、、2年も前から、RACHEL ALLENって、いう人のBAKEっていう本を買ってその中でみた、ジンジャーブレッドハウスをつくってみたかったんだけど、、

デンプレート(型紙)を自分でつくるのが、めんどうくさくって、、

今年は、子供たちに、「これをつくるよおー」

子供達、、「わあーーーーーーーい。てつだってもいーい??」

わたし。。内心しめしめ「もっちろーーん。。デンプレート、紙もってきて、つくってくれるーー??」


っと、、子供につくらせ、自分は、それをもとに、生地をきっっただけ。。(もちろん、ジンジャーブレッドの生地はつくったけどさ)

はーはーはー。。


デコレーションはこどもたちにやってもらったんだけど、、

わたしが、アイシングのチューブにとまどっているあいだに、どんどこスイートをつみあげられ、本とはまったく違うものが出来上がった。。。


まあ、、いいか。。


さて、、これは、クリスマスの朝一番にたべるのであろうね。。。。。(それを許すだめ親)


ねずきちさんのところでみた、動画。。

" target="_blank">

そんで、この映画見たこともある人もいるかもしれませんが、、、(わたしはない。。)




外国人弁護士が、日本人のために、こうやって、弁護をしてくれてもいたんですね。。でも、上の動画でいっていおますように、「日本語通訳になっていない」ということで、公式文書には、のっていなかったんですねーー。。ほおーー

「WAR GUILT INFORMAION PROGRAM(戦争犯罪意識を植え付ける洗脳)については、またしても、ねずきちさんのブログをよんでもらえるとうれしいです。

そして、その結果どうなるか、、といえば、、えいと@さんのこのブログをよんでもらえると、よーーくわかるんですわ。

またしても、人様のブログをお借りして説明することになりました。。とほほ。。

知っている方もいるとおもいますが、知らない方は、ねずきちさんと、えいと@さんの、記事をよんでいただければ、上の動画の意味がもっとわかるとおもいますです。

本当にお二人ともいつも、わかりやすい、記事でありがとうございます!!わたしは、このお二人の記事が毎日たのしみなんでーーすよ!!

それでは、これから、クリスマスイブということで、いそがしくなりそうなので、このへんで。。


みなさまも、よい、イブをおすごしくださいねーー。(なんだか、この言い方、、人気ブロガーになった気分だわ。。爆)

ぷっ。。。
[PR]
by lazytown | 2010-12-24 19:52 | ひとりごと

折り紙やでえーー

d0145528_45581.jpg



へたくそですが、、、、、折り紙に凝っていますわ。

本当は、編み物をしたいのだけど、、あみ目の数え方が、どうもいまいちわからないので、一人じゃなかなか編めない。。毛糸はいっぱい、準備されているのに、、くやしい。。

ということで、折り紙。。

本とみればできるし、いっぱい、サイトもあるし、子供たちもよろこぶ!!

「学校の先生にたのまれて、折り紙おしえてあげるから、折り紙送ってくれる??」

と、父に頼んだら、

「うーーん。。送ってあげるけど、、折り紙ってのは、余った紙切れを使ったり工夫してあそぶものだから、わざわざ、きれいな紙をつかわなくても、たのしんで、あそべものなんだっていう、日本の文化をおしえてもいいよね。。」

といわれた。

なるほっどーーーーさすが、父上。。

「エコ」「リサイクル」じゃないかあーーーーーーと思って、もっと、もっと、のめりこんでいっったのである。

調べれば、いっくらでも、いろいろなサイトがでてきて、奥の深さにもおそれいった。


折り紙旋風を起した、わたしのお友達が教えてくれた、このサイト。。

そもそも、お友達たちが、ハロウィーンのときに、折り紙やろーーってうちにきて、こどもたちが もくもくと、何時間も作っているその、集中力に、びっくりして、「折り紙ってすっごーーい!!」っておもったのだけど。(みなさんその説はどうもありがとう。また、あそびましょう!!)

外国人に教えていておもったのだけど、 日本人こどもなら、9-10歳くらいでおることのできる、鶴とか、、(もっと、はやいのかな??)こっちの子は、なれていないせいか、かなり、むずかしそうにやっている。
ただの慣れなのかもしれないのだけど、「だから、日本人って、器用っていわれるのねーー」なんて、おもってしまった。

わたしは、日本人のなかでは、かなりの不器用なおんなだ。。(というか、43歳という年齢をかんがえれば、日本一といっても過言じゃないとおもう。)。。

だけど、「すごいわねーー」なんて、いわれてしまうのだから、、ちょっと、はずかしいです。。

冒頭の写真をみてもらったら、わらっちゃうだろうね。。みなさん。。

「あんたーーはずかしいよーこんなのーー!!」

って、昔ながらのお友達には、いわれるのでしょうね。。ぶははははーー


とにかく。。折り紙!!おもしろいっす。。

" target="_blank">


それではまたあーー
[PR]
by lazytown | 2010-12-23 05:24 | 子供

ひらひらひらーー

このところ毎日更新のブログ。。だれがみているのだろう。。ってなもんだけど、、

今日も動画です。。(結構、動画のせるの好き)

「危機をチャンスに変えろ」


" target="_blank">


後編もあります。


わたしは、ばかだから、こんなことも知らなかったの。。

政治の時間も、歴史の時間も学生時代すきだったけど、、だんだん、興味がなくなり、、左翼がかった、政治無関心の青春期をすごしていたものだ。。とおもう。

日本人以外にも、いろいろなところで、いろいろな国のお友達を作り、「人生皆兄弟」ってなかんじだった。

今でも、それは、あまり変わらない。

だけど、

「話せば分かり合える」っていうのでもない。。人間っていろいろな人がいすぎて、そんなものではないってことは、とおのむかしに、わかっていた。

で、なにがいいたいのかというと、自分が変われば、人も世の中も変わるんじゃないかと、、

すこしづつでいいんだけど、、

自分の中が変わっていかなきゃ。

最近いろいろなことを、自分のブログ内でいってきたけど、なかには、怒りが文章に表れていたかもしれない。

いろいろかんがえていたんだけど、それって、ほかの人や、日本という国やほかの国に対しておこっていたのではなくって、今まで、何もしらなすぎた、大好きな日本という国に、無関心でいた、自分におこっていたのだと思う。

いまおもうのだけど、日本という国は、わたしにとって、自分というものをあらわすということに、きがついたのかもしれない。

国家→地域→家族→個人と小さくしていけば、だれにでも自分にいきつくはずだ。

逆に反対もいえる。

国家を正したければ、自分を正すがいいのだね。


自分を大事にするひとは、家族も国家も大事にしなきゃね。

愛国心って、すばらしい。


わたしも、麻生元総理大臣のように、日本という国を信じる。。

だって、自分を信じているもの。。。


ひらひらひらーーーー(日本の国旗)


PS。。だからって、政治ねたはやめないよ。。ふんがふっふ(サザエさん) 
[PR]
by lazytown | 2010-12-22 01:06 | 政治歴史

うんちく②


うんちく①の話のつづきの文章です。。どうも、、





この話が事実なのかなんて、わかりませんけど、でも、、、なるほどね。。。とも、納得してしまいました。

わたしは、わたしののブログを読んでくれている方が、もうしっていらっしゃるとうりに、陰謀論というか、「実はこうだったんだよ。。」っていう話がすきなので、(ミーハー爆)、、、「そうだったのねーーーーーーーー!!!」とおもってしまうのですが、、


情報操作、、というてんで、「自分はそのつもりはないのに、、」利用されてしまう場合があるとおもうのです。

自分が信じて、正しいと思ってしていることでも、利用されてしまうことがあるとおもいます。小さいサークル内で自分の真念を語っている場合はいいですけど、世の中にでればでるほど、いろいろなひとが、いろいろなやりかたで、利用する。。ということを、忘れてはいけないと思います。

そうはいっていても、むずかしいだろうけど、、

「ウィキリークス」が、今問題になっていますが、たぶん、、、あのサイトも最初は、「真実の情報」として、命がけで情報提供があったのかもしれませんが、(わからないけど)これからはもっともっと、偽の情報を、特だね情報のように流してとくをする人、利用する人がでてくるだろうね。(もうそうかもしれないけど)

ということで、やっぱり、しんじられるのは、自分の嗅覚だけなんだね。。

何が本物だかを、見分ける訓練をしなくっちゃいけませんね。。


「このテキスト程無責任な本はない。
 
 この本に書かれてあることを信じない方がいい。

 書かれていることは全て逆の意味かもしれないから。」


リチャード バック「イリュージョン」。。より。。。


話がずれていってしまいましたが、、(また)、世界的にみて、家族のかたち、夫婦のかたち、子育て、、と、昔ながらの形が見直され始めて、昔の流れにもどろうとしているようなきがするのですが、(得に先進国)この法案は、なんだか、逆のほうにいっているようなきがします。。

どっちがいいのかは、わたしたちが、みわけていかなければいけないとおもいました。ちゃんちゃん。。(まじめ)




PS,,それにしても、文字制限があるので、①と、②にわけなくっちゃいけなくって、めんどうだわ。。
[PR]
by lazytown | 2010-12-21 02:30 | 政治歴史