ブログトップ

親孝行と、子孝行。。。



小さいころから、なんとなく、自分は日本に一生住まないだろうな。。とはおもっていた。

父の会社の社宅にすんでいたんだけど、会社の研究所の社宅だったため、まわりは、高学歴の技術者や、研究員がおおく、そのこどもたちも、みんなあたまがよく、地区の一番いい学校にかよっていたりした。
海外に、派遣されて、帰ってきた人たち、これからいくことになるひとたち、、、と、小さな社会だったけど、そういうのが、あたりまえで、自分も普通にそうなるんだっておもっていた。

こうかくと、なんだか、自慢っぽいし、すごい、いい家柄で、エリートの娘だったのね。。とおもわれるかもしれないが、ぜんぜん、そんなんじゃない。

父は、建築家だった祖父(わたしの)がはやくなくなったため、戦後まもなくの、北海道のいなかで、相当苦労したらしい。
高校は、伯父の家に、その家の子供たちの家庭教師としてあずけられ、勉強して、第一志望の大学にはいったあかつきには、伯父がたてかえてくれるというので、勉強して受かり、伯父に報告しにいけば、「そんな金はだせん」といわれ、(伯父は開業医で金持ちだった)泣く泣く、東京に中学生だった、妹(わたしの伯母)とで、二人分の生活費をかせぎながら、こつこつ勉強して、当時、父のしたかった専門では一番安かった学費の大学に翌年はいったのだ。

修士課程をおえ、博士号をとるために、大学に残り、教授の助手をしていたときに、母にあって、結婚した。

結婚して、最初の子供(わたし)ができたのがわかったとき、周囲の反対をおしきって、大学をやめ、給料のいい、大企業(?)に転職した。

自分がお金で苦労して、行きたかった大学にもいけず、やりたいことができなかったから、自分のこどもにはそんなおもいはさせたくない。とおもったそうだ。

その大企業では、またまた、苦労の連続だったらしい。なぜなら、学歴社会で、いくら能力があっても、だいたい、3大学(想像してください)出のひとではなければ、スタートの段階で、差があるらしい。
そして、父は、その、3大学にうかっていたにもかかわらず、学費がだせなくて浪人し、違う大学に入っていた、という経歴があったため、相当、悔しい思いをしたと思う。

だんだん、最初の文からそれてきてしまった。。。

まあ、そういうわけで、周りはエリートだったのかもしれないけど、うちはぜんぜンそンなこともなかったし、それに、あの時代って、父みたいな人がおおかったのかもしれないけど、とにかく、あの社宅には、世間では、エリートとといわれるようなことが、普通におこなわれていたので、わたしも、海外にいくことは、普通におもっていたのだ。

おかげさまで、わたしは、自分の人生を、紆余曲折はもちろんあるけど、謳歌させていただいている。
そして、縁あって、ウェールズに住むことになって、はや9年。。

英国には、もう、12年になってしまった。(へたくそな英語で12年もすんでるなんて、はずかしくって、穴に一生はいっていたいくらいだけど)

こんなにつらつらと、父の人生までブログにかいて、何を書こうと思ったかというと、そう、、親がとしとってきたんだよねーー。。ってこと、、

最近、電話で母とはなすとこが、困難になってきた。
母の耳がとおくなってきたからだ。

わたしと母は、仲良しだ。まえは、1時間でも、2時間でもはなせたし、むかしから、何でも話せる。

また、家族話になるが、わたしの母は、昔から、わたしの自慢だった。

顔は、「おかめちゃんなのよねーーわたし」といっているくらい、たれ目で、よく見ると美人でもないのだけど、むかしから、「のんちゃんのままって、わかくって、かわいいよねー」といわれていた。わたしの友達から、電話がくれば、わたしと関係なく長々と話をしていたし、おおげさで、心配症で、わたしがいうのもなんだけど、いい性格だ。

わたしが、人とはなしていて、「やっだーー」といって、右側に座っている人を、たたく癖は、母からゆずりうけたものだ。小さいころ母がお友達とはなしをしていて、それをやって、「。さんの、右隣には座っちゃだめよ」と、からかわれていたのを、よくみていて、「自分はするまい」とおもっていたけど、最近自分もおなじこといわれるんだよねーー日本人友だちだけじゃなくて、英国人にも。。遺伝か。。(笑)

またまた、どうでもいい思い出話になってきたけど、いいたかったのは、「海外に住むんだなあ」っておもっていたときに、年老いた、(ごめん父と母よ)両親をかんがえていなかったんだよね。

両親はいつまでも、元気、、っていうかさ。

両親が寝たきりにでもなったら、わたしが介護したいともおもうんだけど、うちの両親は、「誰にも迷惑かけたくないから、老人ホームにいく」っていっているしね。

親孝行させてもらいたいのだけど、わたしの都合で、なれない、土地にきてもらって、言葉もはなせず、自分のコントロールの聞かないところに年をとってから、すみたくないなとおもうなら、、両親の好きにしてもらうのも、親孝行なのかな。。って、こうしてかいていて、おもってしまった。

このように書くときっと、「なにをいっているの、、いまどきコンピューターがあるから、顔みてはなせるし、孫の顔もみせてあげれるじゃない」と、皆さんおもうでしょう。。。。


ところが!!じゃじゃーーーん!!父ったら、、、、世界の技術の最先端を研究していたくせに(おおげさか。。)コンピューター。。電子系きらいなんです。。。。。。

むかしからそうだったのですわ。

ビデオがちょっと、普及してきたころ、「ビデオはかわなくってもいい!!いまに、DVDがくるから、ビデオマシーンは使わなくなる」って、、、

そして、わたしが、確か、小学校のころ、「これからは、コンピューターがつかえなかったら、就職もできない」といって、 パソコンをかってきたんだけど、、、、たぶん、はやすぎたんだな。。
あまりつかっていなかったよ(爆

何から何まで、その調子で、一般家庭に何かが、普及したときには、「つぎはなになにだ。。」と、結局かわずしまい。。(爆)

お、そんな父も、ウォシュレットだけは、つかってるな。。

そんなことはどうでもいいけど、コンピューターを使いたくない理由は、どうやら、コンピューターによって、各自の個人情報がもれるからっていうことらしいけど、なんだか、頭が先を読みすぎて、(たぶん)とにかくいやなのだそうだ。

わたしがこうして、父の人生についてブログにかいているのしったら、どうおもうか???おそろしや。。ぶははははh-

うちのだんなは、「お父さんがコンピューターつかってくれれば、いろいろな写真おくれるのに」というのだけどねえーー

本当だよね。。


わたしが日本に、凱旋帰国(笑)できるまで、元気でいてほしいとおもうこのごろです。。。
[PR]
by lazytown | 2010-10-20 01:39 | ひとりごと

  [水間条項]さんからの転載です。

以下です。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

超緊急拡散《尖閣領有にトドメを刺す中国発行の尖閣の地図が、10月4日発売
『週刊ポスト』のモノクログラビアに掲載されます!》






■予告していました中国の情報戦に打ち勝つ仕組みを明らかにします。


今回、中国で発行した地図の在りかを告知する決断をしたのは、反日民主党政権が、中国漁船の追突ビデオを公開しない状況では、焚書される危険性があったからです。


そして、ギリギリまで明らかにしなかったのは、在住中国人と観光中国人80万人以上との総力戦になることを承知していたからです。

中国人は、日本国内にあった中国で発行した1970年以前の地図を、数億円以上と思われる資金を投入し、40年間をかけて買い漁り、焚書を完了しております。それらの行動も裏を返せば、中国がそれらの地図帳を決定的証拠として認識していたことの、なによりの証明になります。


そこで、数億円以上を使って焚書していた労力を徒労にしてあげる国際的情報戦を、小生が仕掛けてあげたのです。


この戦略は、発行部数5万冊前後のオピニオン誌に掲載しても世論になり得ないので、発行部数50万部の『週刊ポスト』誌のモノクログラビアに掲載して頂けることになったのです。


前原外務大臣が「中国で発行した1960年発行の地図帳に尖閣と日本名で表記されている」と、発言している地図は、小生が2004年に中国の地図探索過程で偶然に発掘したもので、日本国内に一冊が奇跡的に残っていたものなのです。


その地図を、中国側の焚書活動を諦めさせるために、日本国民が永久保存版として『週刊ポスト』のモノクログラビアを切り取り、額縁に入れて飾って頂ければと思っております。


そこで緊急のお願いですが、中国人の買い占めを阻止するたも、一人でも多くの友人・知人に情報を拡散し、日本人が先回りして買い占めていただきたく思っております。


また、2004年11月10日号『SAPIO』誌に寄稿した同地図が掲載されているリポート
「中国の恥地図改竄史にみる『尖閣領有の大嘘』」も、インターネットで読めるように「ニュースポスト」に掲載されます。

同リポートは、中国の地図改竄史を明らかにしてありますので、国際的に拡散されると、泥棒国家中共の体質が全世界に一目瞭然に晒しものになります。


覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様の総力で、10月4日(月曜日)発売の『週刊ポスト』を買い占め、週刊誌ではほとんどあり得ない、増刷するまでなれば、日本国内での情報戦には勝利しますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

以下、2004年の同リポートを発表できた経緯を解説します。


● 歴史を改竄して、日本固有の領土を強奪する決断をした中国は、なりふり構わずロシアと連携して強行手段に出てきました。


小生は、2004年3月に中国人が尖閣諸島に上陸したことに危機感をいだき、中国の恥を世界中に知らしめる為に、中国が自ら発行した地図帳で尖閣を日本固有の領土と証明するために、半年かけて徹底的に中国版地図帳を探し回ったのでした。

その探索結果は、2004年11月10日号『SAPIO』誌に発表した
「中国の恥地図改竄史にみる『尖閣領有の大嘘』」です。

そのリポートの目玉は、1960年に北京で発行した地図帳でした。

当時、1970年以前に中国で発行した地図は、自衛隊にも国立国会図書館や全国の大学・自治体の図書館などだけでなく、神田古書店街を虱潰しに探しても一冊もないのが実態でした。

その地図探索過程で驚いたのは、神田古書店街に中国人が徘徊し、かなり前から中国発行の地図を買い漁っていたとのことでした。

中国は、歴史を改竄する長期戦略を日本国内にいる中国人を使って実行していたのです。

また不思議なことは、国立国会図書館が1970年以前の中国で発行した地図帳を、収集の対象にしていないとのことだった。それが、どのような経緯で収集の対象から外したのか、今後、徹底的に国会で問題にする必要があります。


1960年に中国で発行した地図の発見は、探索過程でたまたま掛けた一本の電話で明らかになったのです。

それは、決定的な資料となる1970年以前に中国で発行された地図が、日本国内にいる中国人によって焚書されていた状況で、小生の怒りは当然のように外務省に向かいました。

それは、1972年の日中共同声明以降、「日中友好」一色の報道の中で、中国は着々と尖閣を強奪する準備をしていたからです。


そこで、それら一連のことを外務省中国課に抗議の電話をしました。

その時、小生は「これだけ尖閣領有問題が起きているのに外務省は、なにをして来たのか。中国の日本大使館の職員は天皇誕生日のパーティーや宴会にうつつを抜かしているだけじゃないのか。中国で発行した1970年以前の地図帳を収集することとか、やれることがいろいろあるだろう。中国課に中国の地図帳は無いのですか。」との申し入れに対して、中国課の担当者は、「確か古いのが一冊あったと思います」とのこと。

小生「それじゃ電話口にもってきてください。」

担当者「もってきました1960年の地図帳です。」


小生「沖縄尖閣が出ているところを見てください。」


担当者は「あれぇ~!」と、すっとんきょな大きな声を電話口で発したのです。


小生「どーしました!」

担当者「尖閣諸島が日本名で表記してあります。」と、驚いていました。


そこで小生は、「外務省の批判をリポートで差し控えるから、その部分の地図と表紙・奥付のコピーをいただけますか。」と申し入れ、それで資料を発表できたのでした。


これは、国民が参加できる情報戦です。40年間の中国の長期戦略を一気呵成に叩き潰すことのできる千載一遇のチャンスです。

皆様の徹底的な周知活動が情報戦の帰趨を決しますので、重ね重ね宜しくお願い申し上げます。


★インターネットだけ転載フリー。転載条件は、全文掲載と【水間条項からの転載】との表記をお願いいたします。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/ 》


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


最近いそいそと、よませていただいている、狼魔人日記さんのところで、みつけました。
[PR]
by lazytown | 2010-10-05 00:35 | おかん怒りの鉄拳