「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

海と、警告第二弾!!!

d0145528_544140.jpg


海ですよ。。そうです。。このところ、イギリスにすんでいる、ブロガーさんたちは、みなさん、記事にしていらっしゃるように、、、そうですよ、、このところ、天気がいいのです!!!!!

この日は、すっかり、海モードのわたし、、朝、選択物を干していた時点で、「きょうは、熱くなる!!!!」と、いい予感がしたのでしたよ。。
わたしは、天気がよくなるかって、肌と、においでかんじるのです。。ははは。野生の勘。。

ウェールズにすんで、洗濯ものをほすときに、よく、隣のおばさんに、予報をきいていた。そのときは、ウェールズの、ヒマラヤ。。。。。。???(うそか本当かしらないけど、)と、呼ばれる、谷にすんでいて、 その土地に、60年すんでいる、隣のおばさんと、おじさんの勘は、ほとんど、、といっていいほど、あったたのであった。。すんごーーく、天気がよさそうにみえても、その、隣のおばさんが、洗濯をほしていないときは、あとで、必ず雨が降ったのであった。
ウェールズの、谷底の、天気は、よく変わった。。だから、よっぽど、天気がよくみえても、いつも、おばさんに確認して、洗濯をほしていたのであった。

と、関係ないが、そのときの、経験から、わたしは、肌と、鼻、、そして、風、、空をみて、天気の予想をするようになったのでした。


そして、、この日は、、完璧に、あつくなるのが、肌、鼻、風、空、、で、朝から、忍者のように、くんくんと鼻をならし、指をうごかし、てんきがよくなるぞ、、と、判断できたのだった。。。わははははーー。

d0145528_5562710.jpg


そして、、海、、とっとと、ビキニにきがえて、海岸で、フィッシュアンドチップスをたべた。。

はあーー。。極楽。。ふっシュアンドチップスって、普段は、あまりたべないのだけど、、こういうところで、たべるには、やっぱり、これしかないでしょう。。イギリスでは、、

なぜか、たまに、ムショウにたべたくなるんですよね。。食の王国ふらんすでも、日本でも、「あの、でっかい、チップスと、でっかい、衣のついた(衣は普段たべないんだけどさ)あぶらっこい、ふっシュがたべたい!!」と、おもってしまうのは、わたしだけでは、あるまい。。

d0145528_635478.jpg


d0145528_652986.jpg


子供たちの、姿がみえなくなって、かえってこないとおもいきや、、海岸の、奥まったところに、洞窟みたいなのがあって、みんなで、探検していたらしい。。そのあとは、ほかの子供さんにまじって、潮干狩りをしていました。。

そして、この、みずたまり、、赤ん坊のMにとっても、わたしにとっても、ちょうどいい温度で、まるで、温泉のように、いつまでも、、いつまでも、、ぬったりと、つかっていました。。。(小さな、小エビに、かまれたみたいで、ないたりしてましたけっど、、M。。。)

d0145528_612578.jpg


この日は、風もなく、寒がりのわたしでさえ、躊躇もなく、ビキニ、一丁で、海岸を、うろうろあるきまわれたのだから、よっぽど、いい天気だったにちがいない。。

関係ないけど、ビキニって、便利だ。たいていの、海岸には、海の家なんて、しゃれたものは、ない、イギリス、、こんなところで、トイレをさがすのは、めんどうだ。。ということで、わたしは、ビキニになり、海にはいるふりや、子供と浜辺で遊ぶふりをして、しゃーーーーーーーーー。。。と、してしまう。。。ほっほっほ。。簡単。。あとは、しゃしゃしゃーーと、ビキニのパンツのなかに、水をいれて、洗浄。。だから、いつも、寒くっても、海にいくときは、ビキニをもっていくのだ。
普通の、ワンピーっスでも、いいのだけど、きがえるのがたいへんだしね。。

というわけで、この間の、サンドキャッスルでの、警告の、警告第二弾ということで、海で、40ちかい、おばはんが笑いながら、すわっていたら、要注意!!お◎ッこしているかもしれないので、ちかずかないように。。。

天気がいいので、またしても、調子にのって、このような、誰も聞きたくもない話をしてしまいました。。。

d0145528_6313412.jpg

[PR]
by lazytown | 2008-09-25 06:39 | ウェールズ

LAID BACK..LAID BACK...

長男の、Dが、学校の音楽隊の、バイオリン募集に応募して、合格した。

彼は、とっても、のんびりやだけど、積極的でもある。そして、、、誰に似たのか、、、大の、おしゃべり好きだ。。。

学校の個人面談のとき、先生が、「D君は、勉強も、よくできるし、ウェールズ語も、みんなにおいついたし、(彼は、はじめは、イングリッシュの学校だったので、クラスのみんなより、ウェールズ語は、かなり遅れていた)、クラスのみんなと仲良くやっていて、何も心配はないです、、」

と、いったあと、「ただ、、、、、、、、その、、、なにかを、提出するときに、、時間内にやらないので、、、」
といわれたので、、

「あーーーやっぱり、、あのこったら。。。。おしゃべりしてるんですね。。」というと、

「はい、、友達の交流関係にいそがしいらしく、、あと、ちょっと、、、」

「あーーーーーーーSLOWLY、、なんですねーーーー???」(わたし)

「ええ。。。LAID BACK...(くつろぐ、リラックス)、、」と先生、、、

わたしの頭の中では、、ライドバック、、ライドバック、、、と、くるくるとまわりはじめ、大笑いしてしまった。。

「LAID BACK」。。。。これほど、あの子の性格を現している言葉って、ないのではないか????

くつろぎしすぎて、なにをいっても、馬の耳に念仏、、、わたしに、ドんなに怒られようが、のほほーーーーんとしている。

いつのことだったか、娘を学校にむかえにいったとき、どこかのクラスが、体育のじかんで、ジャンプして、右から、左に向かって、飛ぶ練習をしていた。 ぼーーと、みていたら、20人くらいいる、生徒のなかで、ひとりだけ、ふにゃららーーーーふにゃららーーーーとよれよれしながら、みんなに遅れながら、ジャンプをしている子がいて、「ぷぷぷぷ。。。すんごーーい、あの子、、あれだけ、ふにゃふにゃするのも、むずかしいわーー」って、笑っていたら、、、、、なんと、、実のわが子、、Dであったこともあった。。

そのあと、笑っていたことも忘れ、「D--------!!」と、叫び、こっちを向いたD にむかって、ジャンプの真似を、何回も繰り返す母(わたし)、、娘には、「マミーなにやってるのーー??うふふふふふ。。おもしろーーい」とまでいわれてしまい、きがつくと、娘の同級生の、お母さんたちにまで、ほほえみかけられてしまっていた。。。。

地元のラグビーチームにはいってはいるが、試合をみにいったら、やっぱり、ほにょほにょrとうごいていたので、運動神経はないのかとおもっていた。

ところが、、ところがであるのだ!!
ある日家にかえってきて、「マミーー。僕かけっこで、2位だったの」というではないか、、そして、次の日も、その次の日も、、どうやら、運動会の練習で、毎日かけっこの練習をさせられていたそうだ。そして、あるひのこと、「マミー。。僕リレーの選手に選ばれたんだよ。。そして、競技会(まあ、そんなに大きいものじゃあないんだけど、)に、学校代表で、でることになったの」
というではないかーーーー!!

元体育会系のわたしは、すっかり、エキサイト!!してしまい、競技会から、かえってきて、1等だったことを聞かされたときは、「D..犬飼ってもいいよ。。」といってしまったのであった。(彼が10歳になるまでは、犬は、再び飼わないって、わたしは、宣言していた)

ということで、うちにやってきたのが、すくービー。。Dの犬ということで、Dが世話をしている、、(?)けれど、やっぱり、ひょろひょろにょろりん、、、の、D..馬鹿力の、すくーびーを、お散歩につれてあるくのは、大変そうだし、すくービーは、彼のいうことなんて聞きもしないけど、Dにとって、すくービーは、「マイベストフレンド」だそうだ。。

のんびりしてるのだけど、人のこころがよくわかる、がんばりやなD.

新たなチャレンジの、バイオリンも、がんばってほしいものだ。。(わたしに似て飽きっぽいところもあるから、ちょっと心配だけど、、(笑))


(追記)。。。。。。かけっこで、1等とったといっても、、彼が稲妻のように、かけったのを見たことがなかったわたし、、でも、みたんですよッ。。

海辺であそんでるときに、小さな男の子が泣きながら、ボールをおいかけていたのをみたD,,「まかせとけ!!」といって、ロケットか????とおもうくらいのはやさで、いきなり走り出し、海のかなたにボールが消える直前にひろいあげ、満面の笑顔でもどってきて、男の子にボールをかえしてあげたのを、、男の子は、Dを、まるで、スーパーマンかのように、みあげていました。

「マミーー僕速かったでしょ??」といって、うれしそうに、わらったDを、いつもは、「D!!!のろのろしてないの!!」と、弟や、妹のくせにえばっている、H やJも、尊敬のまなざしでDをみつめていました。

母も、感激。。のろそうにみえるけど、、じつは、仮の姿なのを、母にもかくしているのかも???と、親ばかになってしまいそう。。。(こういうことを書いている時点で、親ばかか。。。)

 
[PR]
by lazytown | 2008-09-20 07:00 | 子供

お散歩。。。。

d0145528_5183459.jpg


ちょろっと、天気がよくなったので、犬をつれてお散歩のできる、公園にいきました。

d0145528_5203184.jpg


d0145528_5235066.jpg


d0145528_5245632.jpg


案の定、うちの犬、、直径15センチくらいある、ぶっとーーい、丸太のような、棒を見つけ、くちにくわえたままはしりだし、、、散歩の途中で見つけた池に、どぶんとはいっておおはしゃぎ。。。

d0145528_5285096.jpg


d0145528_5304521.jpg



もう、おしまいになったかと、おもった、ブラックベリーもみつけました。わたしって、いつも、時期をのがすのよね。。はやすぎるか、、おそすぎるか、、、毎年、来年こそは、、、って、おもうのです。

d0145528_53411100.jpg


このあと、犬は、丸太をくわえながら、ぶいぶい駆け回り、ほかの人たちに、被害をあたえそうだったので、丸太を没収し、池に捨てると、おいかけて、また、おぼれるかも(おぼれかけたことがあります)、、とおもい、ゴミ箱にすてて、公園で、楽しそうにあそんでいるこどもたちを、よびあつめ、 アイスクリームをたべさせ、とっとと、かえることにしました。

d0145528_65146.jpg




この公園は、いつ来ても、新たな、発見があって、とてもたのしい。いろいろな、山道があって、たくさんのひとが、犬を連れて、散歩しているのだけど、すごくひろいので、散歩の途中は、あまり人にあわない。

車にのりなれた、ひよっこの、こどもたちは、つかれたーーをくりかえすけど、うちの、犬は野生にもどり、おおかみか??とおもうような様子で、かけまくり、とってもたのしそう。やっぱり、犬だって、雨ばかりで、あまり外に出れなのは、つらいんだよな。。って、おもう。

車の中で、ほかの車をみつけるたびに、「ウォフウォフ!!!」って、うるさくって、「すくーーびーーーーー!!!!シャーーらーーっプ!!!!」と、いいながら、運転しているわたしだけど、馬鹿犬ほど、かわいいっていうか、、

また、つれてこようって、おもってしまうのだった。。


d0145528_69032.jpg

[PR]
by lazytown | 2008-09-17 06:21 | ウェールズ

d0145528_22301370.jpg


この、砂の城(サンドキャッスル)、、長男が、つくりました。
この日は、ちょろっと、はれそうだったので、無理やり、海辺につれてきたのですが、寒いのなんおって、、、次男と、長女は、タオルをからだにまきつけて、インド人のようでしたが、長男は「僕、寒くないよーー、、」と、ひとりで、サンドキャッスルを作っていました。

ところで、この、サンドキャッスルって、、日本人もそうなのかもしれませんが、英国人のおもいいれって、こわいくらいすごいのですよ。。

なにがって???

大人と、こども、いっしょになって、一日がかりでつくってしまうというか、、それも、すんごーーーい、巨大な、何かの、コンテストにでるのですかーー??っていうくらいのを、つくっているひとたちが、いるんですね。。

ちょっと、こどもたちが、かけて、こわしちゃったり、犬が、思いっきり走りぬけたりすると、、真剣
に作っている、お父さんたちに、、ぎろり、、とにらまれてしまいます。。(アクシデントでも、、)

3年くらいまえに、友達家族と、海岸にいって、わたしたちが、すわった、となりに、おおきな、すばらしい、サンドキャッスルがあったのです。
大人はもちろんみとれていたのですが、いたずら盛りの子供たち、、、わたしたちが、やめなさーーーい!!!と、言う暇も与えずに、わアーーーーーーと突進して、こわしてあそびだしたのです。。わたしが、「誰かが一生懸命つくったのだから、やめなさーーい!!」といったのですが、夫も、「もう、作った人たちはかえったみたいで、だれもいないし、、あそばせとけ」といって、自分も仲間に加わって、うっひーーーといいながら、こわして、あそびはじめたので、まあ、いいか、でも、もったいないな、、とおもいながら、やりたい方題させていました。

それから、しばらくたち、、さあ、帰ろうということになり、友達一家と、帰り支度をはじめ、こどもたちが、つかっていた、スコップや、バケツをかたずけようと、さがしていました。
こどもたちは、あの、大きな、サンドキャッスルでも、スコップをつかって、あそんでいたので、わたしが、足しが、そのサンドキャッスルの上にあがり、足で、ぐいぐい砂をどかしながら、さがしていたら、、、突然、、、、

「おい!!!なんてことをするんだーーーー!!!僕の子供が一生懸命つくったのに、、、おまえは、それでも、大人かーーーーーーー!!!!!!!!!」

と、すんごい剣幕の、男の人が丘の上で、わたしをみおろしながら、どなっているではないですか。。。。

「え。。。???????」

と、ちがうんです。。ともいえないで、じーーと、その人のことをみたら、あとから、彼のこどもたちが、泣きそうな顔で、みているではないかーーー!!

「おまえみたいなやつなんて!!!!しんじられない!!!!!!!僕の子供たちの気持ちを、台無しにしたんだぞーーーーーー!!!子供たちにどうしてくれんだ!!まったく。。信じられない!!!!!!!」

と、捨て台詞をのこして、(もっと、ひどいことをいわれたような。。でも、しょうがないよね)

その男の人が、立ち去ろうとした。そのとき、、その状況にきがついた、ウェールズ人の友人が、  

「残しておくほうが、わるいんじゃないの!!そんなに大切なら、なんで、ここにいなかったのよ!!
わたしたちは、もう、あんたたちが、かえったかとおもったのよ!!」
と、怒鳴り返してくれた。。(すごい。。。)

そして、友人の大声で、状況を察した、夫も、「たかが、サンドキャッスルじゃないか!!俺の、女房に、そんな言い方するのかーーこのやろーー。」と、志村けんガ、英語をしゃべったのか??とおもうくらいのような調子で男の人にむかって、いいかえしはじめたので、
、わけのわからない方向にすすんでいってしまったのでした。

わたしといえば、「まあ、あのおじさんの言い分もわかるんだけどな。。」と、理由もきかずに、頭ごなしに、おこられた子供のようなき分になったけど、友達の、粋のよさと、夫の、憤慨振りをみて、すごいことになった、、さすが、外人(すみません差別じゃないんですけど、、)自分たちのつみをみとめないで、反論するのね。。。と、へんなところで、感心していた。

その男の人は、わたしに、ほかの、仲間がいたとは、つゆともしらなかったにちがいない。。友達と、夫と、友達の夫の顔をみて、情勢不利、、、と察したか、、、たちの悪い人たちとは、かかわりたくないとおもったのかわからないが、くやしげに、でも、なにもいわずに、ひきあげていったのでした。

(かわいそう。。。あの人わるくないんだけど、、、)
と、おもったけど、やっぱり、サンドキャッスルのことで、あんなに、憤慨した人をみたのも、はじめてだった。。

あとで、夫と、ウェールズ人のおともだちに、英国人の、サンドキャッスルに対する、執着と、愛情(?)を、おしえてもらい、納得したのでありました。。(でも、わかっていながら、反論する、あのひとたち(夫、と、友人)って、すごいわともおもいました。。)

ということがあって、それからは、サンドキャッスルを無邪気に、、というか、真剣に造っているそばの人からは、離れて座っています。。。。


イギリスに住んでいる方はきをつけましょう。。。
[PR]
by lazytown | 2008-09-08 01:22 | 子供

今日、おもったこと、、

近所にすんでいる、顔見知りの方が、お亡くなりになった。
脳梗塞だったらしい。

彼女とは、去年の、イギリスのファイヤーワークス(11月にやる、花火大会)の日の、地元のお祭りで知り合って、その日は、となりにすわって、初対面なのに、いろいろと話したことがあった。
それからは、近所の公園とかだ、たまーーにあって、チョロット、お話をする程度のおつきあいだったけど、はなしをきいたときには、びっくりした。

じつは、先週の日曜日に、近所のおばさんとはなしをしたときに、聞いたのだけど、名前もしらなかったし、おばさんが話す、その人のイメージがちがかったので、まさか、彼女だとはおもわなかった。

彼女は、タイのひとで、年は、50歳だったとか、、タイには、娘さんがいて、スコットランド人と結婚していて、お孫さんもいた。会ったときには、お孫さんの写真をみせてくれた。

こっちでは、ウェールズ人と結婚して、確か、13歳くらいの息子さんがいた。

とっても、いいひとで、ここ、地元、ウェールズ人にも、とってもすかれていたらしく、隣の、お花やさんが、またまた、隣のおじさんに話したところによると、いままでかつてないたくさんの方がお葬式にあつまって、お花やのおばさんもびっくりするような数の花の注文が殺到したらしい。

こんな、田舎で、保守的な小さな村で、地元人でもなければ、ウェールズ人でもないひとの、お葬式にたくさんの人が集まるって、とっても、すごいことだとおもう。これも、彼女の人徳だとおもう。
人種差別、、とか、いろいろあるけど、けっきょくのところ、やっぱり、人間は、見るところは、みているのだな。。って、おもうのだ。

日本を離れて、いままでに、人種差別てきなことは、いろいろいわれたこともある。

ふらんすの、片田舎に住んだときは、とってもひどかった。

イギリスにもどってきて、しばらくたっても、わりと、そういうことはあった。子供ができて、2人目、3人目までになると、周りの人の目も、「あーー。この人、、ここでがんばってるのね」みたいなかんじで、うけいれられてきたようなきがする。。だからといって、子供を生んでいたわけではないけどさ。(さすがに、4人目のときは、皆さんびびってたけど、、)

ここ、イギリスでは、日本でもそうかもしれないけど、偽装結婚といって、イギリス国籍の、男のひと、もしくは、おんなの人と、結婚だけして、ビザだけもらって、別れる人や、別れたあと、前の家族(前の夫まで)よんで、ここで暮らす人たちもいるので、そういう風に、みられてしまうことが、よくある。。

日本で、「日本は、アメリカやヨーロッパにならぶ、経済大国!!」とおもっていても、日本をいったん離れれば、わたしたちも、遠い、アジアの国からきたアジア人、、そして、こっちにきて、いい生活ができて、うれしいだろーー、、みたいに、おもわれているのだ。(おおげさか??)

ソニーのプレイステーションや、任天堂の、WIIや、みつびし、本田、川崎、とよた、、をしっていても、「にほんじん??アーー。僕のいとこが、ベトナムの、JAPANEASEと、結婚したよ、、ほら、ボートピープルだよ、、」って、まさか????と、おもうことを、いわれたこともある。

中国語と、日本語が、ちがうってことも、しらないひとも、たべものも、まったくちがうということも、知らない人が多い。まあ、日本でも、ウェールズと、イングランドの違いがわからない人がいるのといっしょなのだときがついたのだけど、
最初のころは、いちいち、腹をたてたり、初めて自分のことを、見下す人がいるのにきがついて、びっくり仰天したものだった。

でも、、そういうことがあって、よかったとおもう。きっと、しらずしらずに、日本人としての、自分のなかに、「わたしは、日本人だから、ほかのアジア人とはちがう。。」っていう傲慢な思いが、、あったのだろう。

最近では、差別ってどこにいてもあることだから、(日本にいても、)とおもっているが、 こどもには、「ひとになにかいわれても、日本人として、誇りを持て!!。ポケモンだって、YUGIYOだって、日本の、漫画からきてるんだよーーー。WIIも、プレイステーションも、みーーーーんな、、に、ほ、ん、!!、、日本料鯉はおーーーいーーしーーーいーーーのよーー!!!」といっている。
自分に対しての、差別はどうでもいいけど、 子供は、こころが、やわらかだから、ちいさいうちに、差別に負けない、自信をもたせてあげたい。(まあ、ゲームや、漫画で、自信っていうのもなんだけど、、そういうものが、作れる頭と、想像力があるってことで)
まあ、日本人としての誇りというか、人間としての、ほこりをもってもらいたいので、地球人としてのほこりをもてもらいたいのだけど、とりあえず、簡単な、ところから、、ということで、日本人としての誇りをもって、うたれずよくなってほしいとおもっています。(笑)

ということでなにがいいたかったかというと、彼女も、わたしとおなじ、アジアから来た、花嫁ということで、いろいろと、苦労をしたのは、想像できるのです。だからこそ、初対面であったときから、すんなりと、お話が、できたのかもしれない。くだらない話しかしなかったけれど、彼女のあたたかさは、とってもつたわってきたし、何かを、越えているような、大きな女性でした。

彼女の冥福を、かげながら、祈りつつ、こうしたことで、人間って、やっぱり、人徳で、人はその人徳を見ているのだわ、、、ということを、再確認させてくれた、、彼女に、感謝したいのでした。

心からご冥福をお祈りします。。。
[PR]
by lazytown | 2008-09-07 06:22 | ひとりごと

じゃじゃーーーん!!!!
これは、、、

d0145528_20201833.jpg


魔女ダレ。。。。というそうです。。。

リンクさせてもらっている、中部ウェールズ日記の、ばこさんの、記事をよんで、、、これは絶対に、つくらなくっちゃーーーー!!!!!と、早速作りましたよ。。。

 ばこさんもお友達TSUGUKIさんの、ブログをよんで、どうしても、つくりたかったとか、、いっやーーーわかるわ。TSUGUKIさんのブログから、レシピを拝見させてもらいました。。ありがとうございますーー!!

TSUGUKIさんのブログによると、材料(これが、ただものではなく、大量)の、10分の1位で作っても、おいしくない、、と書いてありましたが、、、、、、、

そうです、、わたしは、この田舎ウェールズにすんで、お味噌も、去年におくってもらったのが、ちょこっとのこっているだけ、、図ってみると、本当に、ぴったり、10分の1しかない。。。

でも、ほかの材料はそろっているし、、ここで、味噌が届くまでまっていたら、いつできるかわからん!!ということで、つくりましたよ。。。10分の1の材料で。。。

作り方は、簡単。。フードプロフェッサーで、がららららららーーンと、まぜて、あとは、ぐつぐつにるだけ。。しめしめ。。

フードプロフェッサー、、これはいいですね。。いつも、お料理番組をみていると、デリアスミス女史や、ナイジェラローソン姫が、「これは、こうやって、、、」って、よくつかっていて、ほしかったんだよねーーー。この前まで、赤ちゃん用の、ちっこい、ベビーフードプロフェッサーを、せこせこ使っていたのだけど、とうとう壊れて、やーーーーーーーッとでっかい、デリア女史や、ないジェラ姫が、使うようなやつを、夫が、買ってきたときには、、うれしすぎて、つまらない顔で、「高かったんでしょーーーー。でっかすぎるよーーー」って、いってしまった。。。とほほ、、うれしすぎたのよーーーー。キスでもしとけばよかったわさ。まあいいや。

そして、40分、、ぐつぐつにて、、おしまい。。いいよーーーこれ!!!
日本の味!!!!!!!!!!!

こないだ、ラーメンつくって、そこにまぜたら、、、アーーーーーーーーーーーーーーーーー。。。しあわせでした。。

10分の1で作ったし、、わたしは、豚肉につけて、焼いたりしたので、もう、なくなってしまいました。。(手で、チョろっとなめるくらいは、のこっているので、ちびちびなめています。。)

それにしても、、、10分の1でつくって、これだけおいしいのだから、材料どうりにつくったら、、、、どれほどおいしいのでしょうか。。。まさに、魔女ダレ、、おそるべし、魔女ダレ、、、

ばこさんそして、TSUGUKIさん!!!こんなおいしいたれを、しょうかいしてくれて、、どうもありがとう!!!!!

10分の1の材料だったけど、おいしかったですよーーーーーー!! 

追記。。ばこさんと、TSUGUKIさんの名前を、クリックすると、リンクできますよーー!!
[PR]
by lazytown | 2008-09-04 20:59 | 食べ物

d0145528_3533834.jpg


ハレルーーーーーーーヤーーーーーーーーー!!

新学期がはじまりました。。。。。とはあーーーー。うれしいうれしいうれしいわーーーーー!!

もう、カウントダウンでしたわ。夏休みのおわりのころは、、

カウントダウンなんてしたのは、中学のとき、部活の、先輩が、7月の最後の試合で引退するのを、待っていたとき以来かも、、、あのときは、バレー部の親友の、きーこと、そのた、5,6人で、毎日机のうえに、「(先輩が引退する日まで)後、156日」。。とか、書いていた。。。
今から、考えるとわらっちゃうけど、何で、体育系の、部活の先輩は、きびしかったのでしょうね。。たった、1年しか違わなかったのにねーー。。

靴下を、おっていないではいている、、だとか、ボタンダウンのシャツをきているとか、ナイキの靴を履いているとか、スカートがちょっと長いとか、かばんが先輩のかばんより、つぶれている、、とか。。うわばきを、ふんずけてはいているとか、、はあーーーー。くっだらないことで、呼び出しでしたねーー。。いまでもそうなのでしょうか???????

と、またしても、関係ない話になってしまいましたが、、今年の夏休みは、、、本当に、、疲れましたわ。。

天気が悪かったというのが、一番の理由だとおもうのです。

7月8月で、晴れたひって、、数えるほど、、あとは、曇りか、大雨、、
子供たちも、家にいっきりで、むしゃくしゃしていたのでしょう。。。友達がきては、みんなで、暴れまくり、しまいには、男対女で、けんかしだし、、、ちょっと、天気がいいと、「ノンちゃーーーん。(イギリスでは、友達のお母さんのことを、よびすてです。まあ、わたしも、年上の方も、義理母のことも、呼び捨てですが)公園につれってイってーーー。天気がいいじゃなーーィ」。とか、「おなかがすいたわーー」とか、「だれだれが、だれだれを、けっとばしたのーー」とか、いろいろと、みんなが、いいたいことをいいにくるので、しかも、赤ん坊の、うんちの、オムツを取り替えていて、忙しいときとかに、、ほおーーー、、精神的に、つかれましたわ。。

d0145528_419780.jpg


子供たちも、学校が待ちどうしかったみたいで、今日は、朝ちゃーーんと、6時半におきて、わたしに、怒鳴られることなしに、、制服もきて、朝ごはんもたべ、犬の散歩も無事すまし、笑顔でスクールバスにのって、がっこうにいきましたわ。。

わたしは、、といえば、6ヶ月ぶりで、髪をきりにいって、身も、心もすっきり。うひっ

そして、電話で、夏休みのぐちを、友達に話し、またまた、すっきり。。(ありがとう。。みなさん。。って、いったい何人とはなしたのでしょう??)

最後のおおとりで、ここ、自分のブログに、こうして、くだくだと、ぐちをかいて、夏休みのぐちは、おわりにしようとおもいますわ。(本当か??????)(わははははーー。

d0145528_43433100.jpg


さて、話題は変わって、、夏休みのおもひでーーー。。今日も書いたけど、天気がわるくって、公園にもいけない日日がつづきましたが、、、ちょっとでも、雨がふっていないときは、犬と、こどもたちをつれて、お散歩して、発見した、近所のいいところなど、、たのしいこともありましたです。

d0145528_4433113.jpg


でもさーー。連日の大雨で、川もにごってるでしょーー。犬のつなを、ひいていないと、うちの、暴れん坊、怖いものなし将軍のお犬様が、ずんずん川にはいって、流されていってしまうので、大変でしたわ。ここ。

d0145528_447332.jpg


そのあと、安心しきって、首輪のつなをはずしたとたん、子供が、犬の追いかけていた、棒を、横の、カナルに投げて、犬はそれをとろうと、ドボんと、カナルにはいり、棒をとったはいいが、そこからはいあがれなくなり、あやうく、おぼれそうになった。。。
乳母車をよこにおき、腹ばいになり「すくービーーーーーーー!!!わたしの手をとるのよーーーーー!!」とさけび、両腕で、がしっと、犬の足をつをつかんで、ひきずりあげることができた。。。ほおーー。犬が、溺れ死にするところだったわ、、まったく。。

子供たちに、散々お説教をたれたあと、また、テクテクと、お散歩をして、かえりました。。とさ、、
d0145528_4582021.jpg


夏休みの思い出。。。(子供たちはおぼえているのだろうか???)でした。。。

d0145528_561419.jpg

[PR]
by lazytown | 2008-09-04 05:08 | ひとりごと