ブログトップ

d0145528_619667.jpg


秘密兵器が、とどきました。。うふふふふふ。。

オイルこーティングなしの、レーズンですよ。。

左側にみえるのが、オイルこーティグなしの、レーズン。。くっついているでしょ。
右側が、オイルこーティングの、レーズン。。ぱらぱらしてますね。。

いままで、酵母つくりに、挑戦していたけど、、なぜか、うまくできなくって、、温度のせいかともっていたのだけど、日本で、寒い時期につくったこともあるし、どうしてだろう、、とおもったら、、どうやら、オイルこーティングつきの、レーズンをつかっていたためかも、、と思い直し、、しらべてみたら、こっちで、オーガニックレーズンや、自然食品店で買ってる、レーズンがわたしが、かってに、オイルこーティングなしだとおもっていたのだけど、すべて、1パーセントの割合で、オイルがぬられていることを、発見。。

酵母つくりの、常識、、、を、忘れていました。。

(ぶどうの果皮には、有用菌が付着しており、その菌が果実の糖分を分解することで、アルコール発酵が起こる。この発酵を利用して酵母を作るので、材料のレーズンは、オイルでこーティングしたり、酸化防止剤などの添加物を使用していないものでなくてはならない)(パン屋さんの、LEVAINさんの、本より、引用させてもらいました)

ということで、探した、探した。。。でもねーー、売ってないのですよ。。まあ、うちが、小さな町ということもありますが、、インターネットでさがしても、(イギリス)みつからなくって、たぶん探し方が悪いのだとおもうけど、、)

とうとう、、大親友(こう、書くと彼女と、彼女の、ダンナさんの、M、M君は、今度電話したときには、「はい、大親友です」といって、でるだろう。。。)の、T,Tちゃんに、頼んで、送ってもらった。。

T,T,ちゃんは、本当に、器用でなんでもつくってしまう。料理も、めちゃくちゃうまくって、彼女たちの家にいくと、いつも、おいしすぎて、よくばってしまい、おなかいっぱいにたべてしまって、うごけなくなり、泊まらせてもらったものだ。。
 わたしに最初に、布ナプキンを、おしえてくれて、作って、送ってくれたのも、彼女だ。
今はいなかで、夫の、M,M,くんが、自分の手で、廃木を、利用しながら、自分たちの、おうちを、作っていて、彼女は、畑仕事と、一粒種の、かわいい、娘ちゃんと一緒に、いつも、しあわせそうに、くらしている。

ということで、そんな彼女わたしが、「レーズンおくってくれやーーー」というと、はいよっと、即返事で、送ってくれた。もつべきは、、友達、、感謝なのだー。(涙)

d0145528_659029.jpg


送ってくれた中には、彼女がつくった、うめぼしと、梅エキスそして、お勧めCD.うーあの、童謡CD,ほか、4枚のCD があった。。。(ちなみに、うしろの花は、夫、と、子供たちの、犬の散歩のおみやげ)

うれしかったーーーー!!!。毎日CD きいて、梅エキスなめてるよーーーー!!本当に、ありがとーーう!!!!!

これで、レーズン酵母つくりも、ばっちしさ!!!(願い)

追記。。。。。。こうして、レーズン酵母を早速作って、おくってもらったものを、うきうきしながら、この、ブログのために、写真をとっていたら、うちの赤ん坊が、いつのまに、裏ドアにある、犬の、水が入っている器と、食べ物の入っている器と、猫の、トイレがおいてあるところにいって、遊んでいた。。彼女の顔は、猫の、トイレの、砂まみれ、、、犬の、水も、飲んだにちがいない。。。。

やばい、、、彼女は、元気そうだったけど、ちいさなこども、、跡で、猫のトイレの砂にはいっている、ケミカルのため、あとで、ぐったりしたら、どうしよーーーーーーーーう!!
と、パニック、、そして、、梅には、解毒作用があるはず。。と、おもい、、T,Tちゃんが、つくった、梅エキスをたっぷり、赤ん坊の、口の中につめこみました。。。

赤ん坊は、どうやら、無事のようです。。ほおーーーーーーーーーー。。
[PR]
by lazytown | 2008-08-29 07:19 | 天然酵母パン

d0145528_4474753.jpg


弟がきたときにいった、国立公園、、

d0145528_459391.jpg




d0145528_515933.jpg


なかには、海にもありました。
d0145528_551395.jpg


この日は、弟の、ウェールズ滞在最後の日、、天気がわるくったって、でかけるって、きめていたのだけど、家をでるときは、小雨だったのが、海に向かう途中から、天気がよくなり、厚着をして、海水浴の、用意もなにもしていなかったから、こどもたちには、パンツ一丁になれーー!!って、命令したのだけど、いうことを聞いたのは、まだ4歳だけど、大胆な、長女だけで、このごろ、着替えるときに、いやに、「ウィリー(ちんこ)」を気にする長男と、次男は、ズボンのままで、海岸で、あそんでいた。

弟と、子供たちといっしょに、波打ち際であそんで、もどってきたら、おしゃべりで、ひとなつこい夫が、いつものごとく、隣に座っている、2人のおばさんたちと、話しをしていた。

夫がもう、すでに、弟のこと、(たった、5日の休暇で、ウェールズにきたことや、独身で、結婚する気はなしということ)を、話していたらしく、弟に、「なあーー結婚する気ないんだよなーー。。ウェールズには、いいおんなの子いいる入るのにねー 、でも、おんなのこ、、いやなんだよねーー」
というと、弟が「うん、おんなはきらーーい。I DONT LIKE GIRLS」と、ふざけて、答えた。。

わたしは、心の中で、「や、やばい。。。。そんな風に答えちゃだめーーーーーー!!」と、おもい、「NO,,NO,HE DOESNT MEAN IT」といったが、時すでに遅し、、、

おばさんたちが、わたしを制して、「ITS OK, WE UNDERSTAND IT!!
WE HAVE A NEPHEW ,HE IS A SAME KIND OF PEOPLE LIKE YOUR BROTHER」

そうです。。弟は、完全に、ゲイとまちがわれていました。。。

この状況をみて、ひそかに笑っているのは、もちろんいじわるな、うちのだんな。。もちろん、こうなることを、みとうして、わざと言ったに違いない。

そして、何もわかっていない弟は、「おばさんたちは、僕のきもちがわかってくれたんだ」と思い、にこにこと、そうそう、と、おばさんたちに、笑いかけている。

わたしは、「ちがうのーー」って、いいたいんだけど、おばさんたにちわかっているから、大丈夫あよってなかんじで、にこにこされ  、会話は、すっかりおわってしまっているので、なにもいえなくなってしまって、夫をにらみつけた。

英語で、会話をするときに、こういう間違いで、勘違いされることは、よくあることだとおもう。
日本語なら、相手の反応で、間違えときづいて、誤解を解くことがすぐにできたりするけど、英語だと、きがついたときには、会話が終わって、違うことを話していたり、もう、相手と、さよならしてたりするので、よっぽど、重要ではなければ、あとで、わざわざ、「あのときね、、、」って、直すのも、めんどうくさくって、そのままだったりしてしまうことがよくある。

しかも、誤解を解くためにはなしをしていて、もっと、ごちゃごちゃな、話になっちゃうこともあるし、、、

とくに、こういう話、(ゲイ)って、イギリスでは、一般的なことで、誰にも、隠すことなく、おおっぴら、(日本よりという意味です、、かくしているひともいるから、)だから、おんながきらい、、って、いってしまうと、そのまんまにとられてしまう。。余談だけど、浜辺で、下手に、軟派もできないとおもう。。男2人連れや、おんな2人連れできていても、カップルの可能性があるからね。。

ということで、ああいう場合は、「I ENJOY MY LIFE so much at the moment i am not interested in just marrige, but if i met right person,i would think about it」 と、いえばよかったのではないかと、、おもいます、、です。 (すみません、、この英語でいいのでしょうかね?添削してください。)

英語を話すときは、単刀直入にいうのが、一番いいのだけど、(とわたしは、おもっています)、、こんなときは、日本語を話すときのように、回りくどくはなさなければいけないみたいですわ。。


追記、、いやーー。別に、弟が、本当に、ゲイだったら、それでもいいんですけどね。。

d0145528_6563725.jpg

[PR]
by lazytown | 2008-08-25 07:01 | 家族

イギリスは、エコ活動が進んでいる。。。と、おもわれているが、日本に比べると、そうでもないようにおもう。
この間まで、ごみは、全部一緒くたに捨てていたし、最近分別するといっても、普通ごみと、新聞雑誌ごみ、ペットボトル類、そして、空き缶と、ビン類の、4種類にしかわかれていない。。マーガリンの、プラスティっクの箱は、普通ごみにはいってしまうし、、、庭があって、きをつけているひとは、野菜のかすら、生ごみを、土に還元する容器に、うめたりしているけど、それも、まだまだ、一般的ではないような状態だ。

10年まえ、コーンワォールにいったとき、ヒッピーのコミューン(?)で、分別ごみをしていたけど、ある日、近くの林にいったら、おおきな穴がほられていて、そのなかに、分別していたはずの、ごみが、全部いっぺんに、捨てられていたのを見たときは、唖然として、なにもいえなかった。。。こともあった。

無農薬の野菜がいいのは、わかっているけど、一般の人は、なかなかふつうに、買えない。
値段がべらぼうに高いからだ。

地元の、野菜やといっても、、このごろは、なかなかみあたらない。大型スーパーの、値段の競争には勝てないからどんどん、つぶれていっているのだ。

ファーマーズマーケット、、なんていうのがあるが、、金持ちの、ファーマーが、すごい値段で、新鮮だよーーんって売っているので、普通の、一般人が、毎日いって、買うようなところではないようにおもえる。

たまーーに、ドライブをしていると、新鮮な、卵売ります、、とかあるけど、、毎日いけるわけでもないし、、一般に人が、買えるような、値段にならないのは、なぜだろう。。。とおもう。

イギリスの、皇太子、、チャールズ皇太子が、無農薬、有機農法、、に、凝られているのは、周知のこと、、、たしか、でっかい、土地をもって、ORGANICの野菜や、ものをつくり、チャールズブランドとして、売られているが、、、そんなに、ORGANICを、賞賛するのなら、なぜ、一般人が、普通に変えるような、値段にして、うらないのであろうか????

どんなにいいことでも、いいことをしていても、それを、フツーーの、一般のひとたちが、できるようにならないと、なんのためにもならないとおもうのだけど、、、

地球を死なせくない、、そして、体にいい、おいしいものを食べたいっていうのは、誰もが同じだとおもうのだ。目のまえに、無農薬でつくった、おいしいりんごと、農薬がいっぱいかかっている、(目に見える)りんごが、同じ値段でうられていたら、毒のかかっている、りんごを、わざわざ買う人はいないであろう。。

昨日、福岡正信さんのはなしを、書こうとおもって、なにもかけなかったのだけど、、こういうことが、書きたかったのでした。
福岡さんは、そういうことを、ずーーっといいつづけてきた人でもありました。。(チャールズ皇太子のことではないですけど、、(笑))

d0145528_23365731.jpg

[PR]
by lazytown | 2008-08-19 23:38 | エコ

d0145528_76519.jpg



「わら一本の革命」を書いた(ほかにもいっぱいかいているけど)、自然農法の、提唱者、福岡正信さんが、なくなりました。

農業も、自宅菜園もしていない、わたしが、この方のことを語るのは、おこがましいし、会った事もないので、なにもかけませんが、、、イヤーー、すごい人なんですよ、、、。

わたしは、10年以上前に、わたしが、勝手に前世で、わたしの、両親だったのよ、、って、おもっている、MアンドT夫妻の、本棚にあった、この方の本をイギリスに来る前に買って以来、読もう読もう、、とおもいつつ、10年が過ぎ去り、最近、読み始めて、遅ればせながら、とっても、感銘をうけているのです。

日本にいたときに、とっとと、読んで、会いにいけばよかった、、とおもっても、もう遅いです。。が、きっと、あのころのわたしじゃ、意味もわからなかったのだろうな、、、、と、これも、運命。。

今のわたしには、しばらく降らなかった雨が、いきなりふって、地面がおどりだして、ぐいぐい、水を吸うように、福岡さんの本は、そのとおりーーーーーーーーーですねーーーーーーー!!っと、共感できて、ぐいぐい、読めるのです。。不思議ーーー。あのころは、なんだか、難しいなーーなんて、おもっていたのに、、、わはははははーー。(ちなみに、はじめて買った、福岡さんの本は、、 、無1(神の革命)無2(無の哲学)無(自然農法)で、無1を、読み始めたわたしは、哲学書かなーーと、おもってしまったわけですね)

ということで、知らない人は、何のことだかわからない話になってしまいましたが、こういう人です。(ぽちって、おしてみてね。リンクはりました)


 
知らない人には、しってもらいたいなあ、、、

そして、、知っている人は、、いっしょに、ご冥福をおいのりしましょう。 

仙人のような人だったというから、きっと、あっちに世界でも、かわらずに、蝶々や、木や、川、山にかこまれて、にこにこしているのでしょうね。。

d0145528_751323.jpg


 
[PR]
by lazytown | 2008-08-19 07:53 | 自然農法

d0145528_21223763.jpg


弟がきていました。。

彼がくるのは、3年ぶり。。会うのも、3年ぶり。。彼はわたしと違って、とっても、頭がよくって、大学院までいって、博士号までとった、秀才君。。みかけは、タダの、おやじ、、なのだけど、中学のころから、孔子の本から、、孟子とか、老子とか、たて続きに読んでいて、のんびりしているのだけど、理解があり、なにごとにもこだわらない、マイペースという言葉は、彼のためにあるかのような、人格者なのだ。

大学院で、働くのをやめてからは、某会社にはいり、某研究をつづけていて、休みがなかなかとれないらしい。やっとのことで、とった、休暇。。。これることになった。。。というので、喜びもつかの間、、、月曜日の夜に到着して、金曜日の夜の飛行機で帰るというではないかーーーー。

ということは、、実際、うちで、あそべるのは、火曜日から、木曜日の、3日だけ、、、とはいっても、久しぶりに会う、アンクル。。。。子供たちは、大喜びで、月曜日に到着から、金曜日にかえってしまうまで、彼にびっとりとくっついて、離れなかった。

さて、天気がよくなりますように、、、と願っても、期待はできない。。ついた次の日も、雨。。
でも、お友達のおうちがとっても、見晴らしのいいところにあるのよーーーーって、引越しでいそがしい、お友達のおうちに、おしかけた、わたしたち、、、、
d0145528_113810.jpg

そして、、

d0145528_21423817.jpg


天気がすこしよくなったので、近くの、海へ、、子供たちは、ロバにのり、大喜び!!(最近ポニーがほしいわーーとうるさい長女は、ドンキーにびびって、一人のらずにかくれえいたけど)

そのあとは、お友達の家にもどり、こどもたちは、庭を散策、、竹やぶから、竹を、切ってもらい、大喜びで(うちの、だんなは、あまりにもでかい、竹に、どうやって、車につむのだーと、にがみむしだったけど)おうちにもってかえりました。。Tさん家族!!!忙しい中本当にどうもありがとう!!これも、わたしたち、うるさ家族に出会った、運命だとおもって、ゆるしてください。。。

そして、水曜日
d0145528_21495145.jpg


洞窟にいってきました。。(THE NATIONAL SHOWCAVES CENTRE FOR WALES)でもここは、恐竜もいっぱい!!

d0145528_502799.jpg


d0145528_1113130.jpg


d0145528_1164875.jpg


いるいるいるいるーーーーーーーどこにでも、いる、恐竜さんたち、、、
そして、洞窟のなか、、

d0145528_1191841.jpg


大昔の人が書いた絵も、、
d0145528_1202588.jpg


外は、こんなかんじ、、

d0145528_1213397.jpg


d0145528_12456100.jpg


木曜日も、車で、45分くらいの、国立公園にみんなで、おでかけ、、と、まあ、休む暇を、あたえずに、いろいろなところに、つれまわしました。わははははーー。

弟も、文句もいわずに、乳母車をおし、子供たちのおもりを、もくもくとこなしていました。まあ、3年間に3日しかあえないということは、1年に、1回おもりをしていうることになるわけで、1年に1回くらい やってもらわなきゃねーーーー と、いうことですわ。。わははははーー。姉強し。。。

弟は、結婚をしていないのですが、(する気もないそうです)前述の、友達Tさんによると、人間ができているから、結婚して、子供を生んで、そだてる、、、という、修行は必要ないらしいです。。いわれて、、納得してしまうわたしでした。。。

彼とわたしは、小さいころ、「わたしたちは、赤毛のアンの、マシューおじさんと、まりらおばさんのようになって、いっしょにくらしましょうねーーー。」って、勝手にわたしがいって、弟に、嫌がられていたそうですが、、(わたしの、両親の記憶によると、、)彼は、本当に、マシューおじさんになりつつあります。

実は子供たち、、もう一人マシューおじさんがいる。わたしの、もう一人の弟だ。彼は一度若いころ最初で、最後の(?)海外旅行のときに、税関で、とめられ、英語が話せないため、おどおどしていたら、よけい、あやしまれ、別室につれられ、質問攻めにあって以来、海外旅行は、こりごり、、とのことで、一度も遊びにきたことはないが、3年前にあったときは、やっぱり、子供たち、、べっとりだった。。。

ということで、わたしたち夫婦のひそかなもくろみとは、、こどもたちが、おおきくなったら日本語と、日本文化んべんきょうのため、、一人ひとり、日本へ送り込み、2人の、マシューおじさんのところで世話をしてもらおうと、、、いうこと。。。うっひっひ。。。

わたしたちの、野望を、知るはずがない、、と、たかをくくっているが、、きっと、あの、2人のできた弟のことだから、そんなことすっかりお見通しのことかもしれない。。

d0145528_446698.jpg


弟よ、、遊びにきてくれて、ありがとう!!来年も、怪獣一家(弟による、わたしたち、家族)は、待っているよーーーーーー!!

d0145528_451475.jpg

[PR]
by lazytown | 2008-08-17 05:01 | 家族

自慢。。。

d0145528_21455416.jpg


このあいだ、夜寝る前になんだか、左胸がいたくなった。たまに、あっても、すぐに、痛みはとまるので、ほっておいたら、ベットに横になっても、規則的に、痛みがきた。「これって、、、心筋梗塞の、前触れ。。かも」とおもって、夫は、いびきかいてねているし、救急車か。。でも、わたしが運ばれていった後、こどもたちはどうなるのだろう、、入院とかしたら、赤ん坊のせわは、だれがするのか。。。とか、ぐるぐるあたまがまわってきて、そのうちに、自分が急に死んだら、日本語の話せない、夫は、どうやって、最初に、日本にいる家族にはなすのか。。とか、あーー、家のローンは、わたしの、保険金で払えるけど、銀行のローンの、保険にもめんどうくさがらずに、はいっておけばよかった、、。とか、しまいには、このブログは、誰にも、理由が知らされないままに、自然消滅で、おわっていくのだわ。。とおもい、そういえば、こどもたちのことを、あまりかいていなかったような。。。末娘のことは、お椀頭のことをかいたし、、ブービーでは、次男のこと、、でも、でも、長女 と、長男のことは、あまりかいていなかったな。。。マミー「は、みんなを、同等にあいしてるのよ、、 と、毎日いっているが、、これではわたしの死後、いつか、子供たちが、このブログの存在を知り、読んだときに、「俺のことは、、何も書いていない。。」だの、「わたしのことも、、、どうしてーー、かあさん!!」とかで、、、悩んでしまうかも 、、、、、とかおもい、病院にはこばれなかったら、2人のこと、、を書かなければ!!!!と、おもっているうちに、、、、、、、、、どうやら、寝ていたらしい、、、次の朝、無事に、なにごともなかったかのように、目をさましました。。。。

と、前書きが、ながくなりましたが、ということで、今日は、長女のことを、書きたいとおもいます。

 最初の写真は、イギリスで、モンキーバーとよばれている、、日本で言うと、、何だ、、吊り輪ではないし、、うんてい。。っていうのだっけ??まあいいや、というものですが、何で、この写真をのせたかというと、、、いやーーーーー。自慢なんですけど、、うちの娘。。4歳なのに、、
これを、ほいほいやってしまったのです。。
すごいでしょーー。すごいよねーーー。って、いっているのは、わたしだけか???????

あのこは、わたしに似て!!!!!!(を、強調)とっても、すばしっこく、運動神経があるのだ。
バレエを、ならわせているが、夫は、体操を習わせたいらしい。わたしとしては、思い入れがあるため、(自分がタップダンスをやっていたときに、、いやというほど、あじわった、バレエの重要さ)バレエはつづけさせたいのだけど、、、、このごろ、、体操でも、いいかな。。。とおもいはじめている。

生まれてすぐに、お産婆さんが、「この子。。前に生まれてきたことがあるかのようね」といわれたくらい、反応がよく、なにもかもしっているような、顔つきをしていた。3ヶ月くらいで、あの子をみたひとはかならず、「強い子ねーー。おにいちゃんたちを、しきるようになるわよーー」と、いわれていた。母親のわたしだけが、「ふーーん、、そうなのかねーー」と、そんな兆候を、見抜いていなかったんだけど、、

それでも、、上2人おにいちゃんの、末っ子として、赤ん坊がうまれるまで、蝶よ花よと、大事にされたので、赤ん坊が生まれる前は、赤ん坊に嫉妬して、あかちゃんがえりするのでは、、、と誰もが心配した。

ところが、ぜーーーーーんぜんそんなことはなかった。赤ちゃんが生まれるのを、一番(まあ、みんな楽しみにしていたけど)楽しみにしていたのは、彼女だったし、生まれる前から、赤ちゃん用の、洋服をみつけると、「これは、赤ちゃんに、、、」と、買いたがったのも、彼女だったし、嫉妬でいじめるどころか、母性本能まるだし、、でいっつも、赤ちゃんを、大事にまもってくれている。

「この子は、わたしの、一番の親友なの。。うふふふふふf。。ねえーー」と、赤ん坊に話しかけ、あかんぼうが、「ィエーーィ」と、答えている姿をみるのは、親としても、とても、ほほえましい。

年が上の子たちと、いることがおおいせいか、小生意気のくせに、甘えん坊だった、彼女が、自分より小さな、守らなくては、いけない存在がいるということで、親の目からみても、精神的に、いきなり、グイーーーんと成長し、いまでは、上の兄たちを、4歳で、しきりまくり(これは、誰もの、想像どうりだが)、下の妹のめんどうも、そつなくこなしている。

とはいっても、まだまだ、4歳児。。。モンキーバーを、成し遂げて、わたしが、たくさんほめてあげたら、うれしそうに、「ダディに、写真とって、みせてあげてね!!」って、何回も、何回もくりかえし、やりはじめた。わたしが、個人的に、彼女のためだけに、赤ん坊を、地面において、写真をとっているのが、うれしかったんだよな。。。

わたしでさえ、しない、お化粧を、どこでおぼえてきたのか、お化粧好きで、(子供用)たまに、大道芸人のような顔になって、びっくりさせられることもあるが、しきりやで、しっかりものの、彼女。。。やさしく、おおきくそだっておくれ!!

もう一回、、、

d0145528_1374689.jpg


それにしても、、、すごいでしょーーーーー。うはははははははーー。自慢の母(わたし)。
[PR]
by lazytown | 2008-08-12 01:40 | 子供

天気予報では、今週の、土曜日から、日曜日にかけて、晴れる、、、ということだったのに、、ぐわーーーん。。

きょうは、朝から、大雨。。。。

雨がすごすぎて、犬の散歩にもいけないし、、そういうことで、、お犬様、、おうちで、おしっこ。。。
お猫さまも、、さっき、おふろにいったら、うんちが、、、したあとだった。。そとにいきたくなかったのかねーー。

子供たちは、パワー全快。。。、ばんばん、とびまわり、これは、なんとかしなきゃと、、トランプしたり、本よませてみたり、映画をみせたり、、、と、赤ちゃんの、おしめをかえるだけでなく、犬のおしっこの始末までするはめになり、 ぷりぷりしながら、忙しい1日だった。。
お昼からは、夫がタバコをかいにいったついでに、よった、近所の家の、こどもをつれてきて、兄弟マンネリぎみで、あそんでいた、うちのこどもたちも、新しい風がさあーーーと、はいってきたかのように、よろこび、みんなで2階にいってくれたので、ちょっと、ほっとした。

まあ、この夏休み。。天気がよかったのは、指でかぞえられるくらい、、で、あとは、おうちにいて、おそぶか、近所に行くだけの、子供たち、、よくやってくれているとおもうわ。本をよむっていっても、そんナに長い時間、座って、読んでいられるとしでもないし、トランプや、ゲームは、3人で、あそべるようになったとはいえ、まだまだ、わたしが監視(?)をしていないと、だれかが、ずるしたりで、けんかになったり、だれかがまけると、いじけて、むやらない、、といいだして、なかなか、ながつづきをして、なかよーーくあそんではいない。

かといって、テレビや、映画、、そして、プレイステーションゲームを、やってもらいたくもないし、、、と、(でも、これだけは、長続きする。。皮肉だ)頭を悩ませるのである。

毎日のように、あそびにいかせてもらっている、まかろんママンさんの、ブログに、のっていた、「ふるさと子供グラフティー」というのを、買ってみた。

これ、、むかし、なつかしの、遊びがいっぱいのっていて、とっても楽しい!!めざとい、わたしの、こどもたちも、日本語の本だけど、とりだして、毎日ながめてみて、「あれがしたい、これがしたい」と、夢みている。というのは、、地面をほって、地下隠れ家をつくる、、なんていうのがあるから、男の子には、夢のような 遊びがいっぱいだからだ。

わたしが、よく遊んでいた、かんけりなんていうのも、あった。

こどもたちに、外にでて、こういう風に、遊んでもらいたいわーーー。。と、おもうのだけど、いまのよのなか、コンクリートに、車うようよ、、子供同士が、毎日大勢あつまって、そとにでて、あそぶって、むずかしくなってきている。しかも、、この、天気じゃあねーー。

天気天気と、、天気の話と、子育ての、愚痴ばっかり言っている 、わたしだけど、、、まあ、家族なかよく、ペットもげんきで、こんなに、たわいもないことを書いて、過ごしているわたしは、しあわせだ。。。

健康で、子供がすくすくとそだって、犬も、猫も、魚も、夫もみーーんな元気で、家もあって、おなかも減っていないし、何よりも、愛する家族がいるってこと、、、すこしくらい、天気がわるくったって、くそくらえだわ!感謝感謝大感謝、、なーーむーーーーーーー

と、今、世界の悲惨なニュースを、夫に聞いて、そうおもった、わたしでした。
[PR]
by lazytown | 2008-08-10 06:10 | ひとりごと

慣れと、環境保護

今日ひさしぶりに、むかーーし、日本で買った、かわいい、ピンクの口紅をみたら、あまりにも、どぎつくって、びっくりした。。着色料いっぱい、、というかんじで、もう、にどと、つけるものかーーーー、と、おもうほどだった。

かわいい、外側の、ケースで、いろも、かわいくって、気に入っていたのに、自分の気持ちの変化にびっくり。。むかしは、赤や、ピンクの、鮮やかな、口紅がだいすきで、お化粧はしないわたしでも、くちべにだけは、いつもつけていた。。そういえば、、ここ、数年口紅も、しなくなっていたわ。。

むかし、自然の、香料だけがはいっている、化粧品を、友達がうっていて、普通の口紅をつけていると、そのうち、自分のほんとうの、唇のいろが、なくなるっていわれて、その友達が売っていた、口紅をかおうとしたのだけど、自分の顔に、うっすらと、柔らかーーィ、色の、その口紅が、あわなかったので、やめたことがある。。

いまだったら、合うのじゃないかな??っておもった。うっふっふ。。

いまは、どこにいくのにも、すっぴんだ。まあ、むかしっから、口紅しかぬっていなかったけど、ここ、9年くらい、、、なにもしていない、、

自分の顔に、じしんがあるわけでは、ぜんぜんないし、自分に、気をつかっていないだけなのかもしれないけど、するきにも、ならない。。わはははは。

ということで、、慣れって。。。すごいな。。とおもうのだ。

慣れといえば、、車に関してもそうだ。。日本にいるときは、車の免許をとるなんて、おもったことがなかった。わたしは、どこにいくのも、ちゃりんこの、女王とは、わたしのために、ある言葉のように、いつも、どこでも、自転車だった。
ところが、、いまは、いなかにすんでいて、子供が、4人いるという、状況がかわったというだけで、車、車、車、、になってしまった。。車を運転して、どこでもいけるのは、自由な気持ちがあじわえて、しかも、子ずれ外出には、欠かせない、手段になってしまって、便利すぎるくらい、便利だ。。。だけど、、、限りある、資源のことを考えると、、、あまり、いいことでもない。。。

そして、、乾燥機。。。去年引っ越してきて以来、、庭と、家が工事中ということで、ほすところがなかったこと、、そして、イギリスでは、おなじみの、完全暖房、、セントラルヒーティんグがつかえなかったりで、ラディエーターにほせなかったりしたこと、最近では、天気がわるすぎて、せっかくの庭に、ほせないこと、、、のため、、ほぼ毎日つかっている。。。
紙おむつの、ごみのやまから、さよならーーのため、、(それだけじゃないけど、、赤ちゃんの、肌にもよくないらしいし、、、)布おむつをつかっていても、、これでは、、意味がないようである。。電気を、大量に、つかっているのだからねえ。。。とほほ。。
これも、、慣れであるだろう。。。
しかし、、この場合、、使うのを、やめたら、布オムツをつかうのも、やめてしまうだろうな。。

 環境のことを、かんがえて、生活しているつもりでも、、手と、足が、ばらばらに、うごいている、ちんちくりんの、道化師のような、気持ちになってしまう。

それでも、いつも、いつも、、考えて、環境のため、わたしたちの、こどもたちのために、すこしずつでも努力をしていれば、いつか、きがついたときには、口紅をつけなくっても、気にもならなくなっていたように、慣れで使っている、便利な物も、いらないって、いえる日がくるだろう。。と、自分を、納得させているのであります。。。

完璧な、環境保護って、、なかなか、手ごわい、挑戦ですわ。。
[PR]
by lazytown | 2008-08-09 07:01 | エコ

偉大な母様

このごろ、はいはいをするようになった、(ちょっと、遅いが)うちの赤ちゃんが、このごろ、テーブルの下で、かくれて、あそぶことがおおくなった。
きっと、どこの、あかちゃんもそうなのかもしれなくって、別に、かわったことじゃないかもしれないのだけど、、そういえば、うちの、上の、3人とも、あのくらいの時期になると、(あのこたちは、もう歩けたけど)テーブルの下で、ひっそりと、あそんでいた。よく、いないなーーとおもって、さがしていると、どの子も、テーブルのしたにいて、たいてい、たわいもないことをしながら、うんちをしていた。

日本にかえったときは、母の、自慢の、グランドピアノのしたが、彼らの、トイレの場所だった。母はよく、「あそこに、おまるをおいておけば、するんじゃないの??」と、トイレトレーニングにはいろうとしていた、わたしに、アドバイス??をしてくれた。

母の、自慢のグランドピアノは、10畳の、洋間に、どどーーーん、とおいてあり、よこには、小さくまえまでは、洋間の真ん中に置かれていた、ダイニングテーブルが、せまっこいところにおかれていて、歩く場所もなかった。

グランドピアノを、持つのは、ピアノの先生であった、母の、昔からの夢だったので、どうせ家には、今はもう、父と、母しか住んでいないし、よかったね。。と、うれしかったのだけど、残念なことに、せっかく、これから、楽しめる、、というときになって、母は、脳溢血でたおれ、奇跡的にたすかったのだけど、むかしのように、ピアノを、歌って、踊りながら?ひくことは、あまり、できなくなってしまった。
ということで、この間、わたしの、いとこのお姉ちゃんに、あげてしまったとのこと。
「誰も、使わないより使ってもらえる人に、つかってもらったほうがいいでしょーー??」って、母はいつものように、明るく話していた。「あんたのすきな、あの、茶色の、ピアノは、とっておくからね」と、グランドピアノを買うまで、ずーーと使っていた、わたしの、生まれる前、、確か、母の始めての、お給料でかった、ふるーーーーい、そして、わたしの、大好きなピアノは、いつか。。孫の、うちのだれかが、、ほしいときのために、、、あと、母がちょろって、ひくときのために、とっておくそうだ。

せっかく、、やっと、夢がかなったのに、、、使えなくなってしまうなんて、、、っと、普通ならさみしくなってしまうものだが、「そーーいうものだったのよね。。。これも、、神様が決めたこと、、寂しくおもうことなんてないのよ。これが、いい方向にいくのよ。。」って、ふつーーーに、言っている母。。
 
そういえば、ちいさいころに、「これ、読んでみなさい」って、手渡された本、、が、トルストイの、「人は何で生きるか」だった。題名は、なんだか、むずかしそうだったけど、よんだら、とてもおもしろかった。まあ、内容は、省略するけど、何事にも、意味があって、いい方向に、すすむのよって、いうようなことだった。

まあ、戦争、殺人、レイプ、災害。交通事故、、そのたもろもろ、、の、自分では、さけられないような、被害にあったら、こういうふうに、おもえるかどうかは、、自分自身はたして、、疑問?????だが、、、まあ、そういうことを、考えていると、くるくる頭がまわって、ぐらぐらしてきてしまうので、、、まあ、なにがいいたかったというと、、、そうです。。完結しなきゃ。。(こどものはなしから、ウンチのはなしから、、そして、ピアノ、母とつづき、トルストイときたからには、、)

母は偉大だ。。。。になりますか。。。
[PR]
by lazytown | 2008-08-07 06:26 | ひとりごと

d0145528_5411196.jpg


森のなかの、、

d0145528_542912.jpg


公園、、、にいってきましたよ。雨、くもり、、大雨、、とつづき、、犬の散歩のほかに、どこにもいけなくって、子供たちが、家のなかで、あばれまくり、、、わたしも、うさくさ、したので、天気がよくなるのを、まっていては、なにもできないし、雨がふったら、ふったで、いいわーーーーと、犬と、こどもたちをつれて、車で、10分くらいの、山の上にある、公園にいってきました。

でも、後部席に乗せた、犬が、ほかの車をみるたびに、「ワンワンーーーー」と、うるさくって、つくまでに、すでに、つかれたわたし。。ぜーぜー。。
しかも、公園についた瞬間に、犬を、棒につないで、こどもたちを、公園であそばせていると、首輪をするり、、と、ぬけて、エスケープ。。フレンドリーな、うちの犬は、よくいく近所の公園とおなじかとおもって、たくさんのこどもたちがあそんでいる、犬禁止の、子供たちの広場をかけまわりはじめた。。とほほ、、というわけで、山道を散歩することにしました。

d0145528_5494176.jpg


d0145528_5505731.jpg


ところが、、うちの犬木の棒フェチというか、、いやーー、犬って、棒がすきなのはわかっているのだけど、のばなしにしたとたん、小川にじゃっぼーーーーんと、とびこみ、3メーターは、ありそうな、木の棒を、かじって、あそびだした。。。子供に、「ちょっとーー、やめさせなさい!!」って、命令すると、こどもたちも、ジャブジャブ川にはいり遊びだし、犬は犬で、、ふりむきもせずに、集中して、自分の獲物(木の棒)を、はなさない。。。同じように、山道を、散歩している、犬を連れている人たちが、うははははーーと、わらいながら、乳母車と、おやつと、でっかいカイトを、片手に、うろうろしているわたしを尻目に、つぎつぎと、通り過ぎていく。。。

d0145528_602311.jpg


これは、ひきちぎって、ちいさくなった、棒。。。

d0145528_624614.jpg


やっと、川からつれだし、、ずーーッと、歩いていくと、

d0145528_641030.jpg


鳥の巣もみつけました。。

d0145528_662652.jpg


d0145528_68621.jpg


そして、、いっぱい、松ぼっくりの枝。。すごかったのよーーー!!。

それにしても、、うちの、犬、、、うれしそうに、はしりまわっていたわーー。なんだか、かけっていって、みえなくなって、むこうから、もどってきたら、狼のようだったわ。。

そして、こどもたちが、公園で、あそんでいるときには、わたしが、お犬様と、遊ぶ時間、、木の棒をなげると、うれしそうに、ひろってきて、ほいほい、わたしのそばに、ぽとり、、とおとす。。そのくりかえし、、しまいには、棒に血がついているのを発見。。犬をみると、棒で遊びすぎて、きづつけたのか、口の中がきれているのにもかかわらず、わらっている。。。
彼は、相当うれしかったらしく、その日を境に、家にかえってからも、わたしのまわりを、うろちょろうろちょろしている。

そうそう、、わたしが、犬のことを、「ドギー(ドッグの、略)」と、呼ぶと、子供たちは、おこって、名前を呼べっていう。

紹介します。。うちの、「スクービー」です。。。

d0145528_6224659.jpg


そして、おみやげは、、松ぼっくり

d0145528_6271056.jpg


お疲れ気味だったのが、山の散歩で、すっかり、元気になってかえってきました。
[PR]
by lazytown | 2008-08-06 06:35 | ペット