「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

カテゴリ:子供( 28 )

おかんの休日。。。

d0145528_2114342.jpg


最近、尖閣諸島の問題で、ぷりぷりしている頭を冷やしに、近くの滝にいってきました。

滝でも浴びなきゃいけねーーっておもったのだけど、、、


d0145528_2213743.jpg



ひややややーー南無阿弥陀仏。。南無阿弥陀仏。。。

さむくって、こごえしにそうだったので、滝をみたとたん、ユーターンして、釣りにいきました。。(わたしじゃないよ。釣りするの)

d0145528_229047.jpg


d0145528_2312491.jpg


釣りって、、やっているひとはいいんだけど、見ている人にとっては、たいくつなんだよね。。。。。。。。。

だから、おんな組は、おさんぽ。。

d0145528_236145.jpg


d0145528_2385361.jpg



ああ、、、、なんてのどかなのだろう。。

 

あしたは休日。。

なにをしてこどもたちとあそぼうかな。。。

ひひひ。。
[PR]
by lazytown | 2010-11-13 02:45 | 子供

d0145528_292137.jpg


6歳の、娘とお友達の会話。。。

娘「結婚したらさー夜ねるときに、はだかになって、あそこをくっつけて、だきあうんだよ。

そしたら、こどもがうまれるんだってさ」

友達「ふーん。。そうなんだあーー」

わたし「げげげげーーそんなこと誰に聞いたのおーー??」

娘「D(長男)がいっていたよ。あと、H(次男)も、、」

わたし「ええーーーあの子達は誰から聞いたの???」

娘「いひひひひーーしらなあーーい」

娘「でもさーーE(友達)あんた、彼と結婚したら、そういうことするんだよーー」

友達「あーーわたし、彼とは、BROKE UP(わかれる)したから。。」

わたし「え、、、BROKE UP...って、????????」

友達「今まで、3人とつきあったけど、わかれたわ」

むすめ「あんたーー二股かけてたもんねーー」

わたし「二股。。。」

友達「そんなことしてたっけーー??でも、もうわかれたのよ」

娘「でもさーーわたしは、ぜったい、結婚しないわ。。はだかになって、そんなことぜったいにしないわ!!」

わたし「へえーー。。E(友達)は??」

友達「いまはしないけど、おおきくなったらするとおもうわ」

わたし「結婚したらね」

むすめ「へーーそれで、ままはそうしたわけ??」

わたし「。。。。。。。。(鼻と、口があいてしまいました。。」

あとで、だんなにこの会話を報告したら、「おれがおしえたんだぜーー」だって。。。

わるいことじゃないけどさーーはやすぎるんじゃないのーーーーというと、「はずかしいことじゃない」って、、

まあそうだけどさ。。

わたしなんて、11歳くらいになるまで、しらなかったよ。(おそいか???)

でも、そのあといろいろ考えて、今の世の中、6歳でも、知っていてもいいかもって、おもった。。 そういうことは、神聖なことで、愛し合っている人がする自然なものと、しっていれば、変態が近寄ってきたら、さっとにげることができるし、本当に好きな人との、特別の行為としっていれば、むやみに、欲求だけで、そういうことをすることを、避けれるようになれるのではないか????なんて、おもったんですわ。。(現実には、どうかわからないけど、、ははは)

それにしても、、、6歳のおんなの子達の会話。。濃かったわ。。。


さて、無事、意気揚々と、日本からかえってきた、長男。。日本語を片言はなしたのは、帰ってきたその日1時間のみ。。

でも、いってきます、と、ただいまを、こんがらがらずにいえるようになったので、(まえは、いってらっしゃーーいというと、いってらっしゃーいと、でかけたし、おかえりーというと、おかえりーと、かえってきた)まあ、いいか。。とおもっていた。。 


 ある日、長男と、次男がこそこそ話しをして、長男が、頭を、縦にふったり、よこにふったりしているのを、次男がまねをしているので、「なにしてるのーー??」ときいた。

長男「ああーー日本にいったときに、することを、おしえてるんだよーー」 

わたし「なにそれーー??」

長男「H(次男)は来年日本にいくだろーーそれで、日本人に、何か質問されて、YESだったら、頭を、たてにふって、NOだったら、頭を、横に振れっておしえてるんだよ。。その練習してるんだよ。。」

わたし「。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 
 
ふたりとも、そんな練習するひまがあったら、日本語勉強しなさーーーーーーーーーい!!!!!!」


まったく、、、なにしに、日本にいったんだか。。。

d0145528_2553864.jpg




どの子も、すくすくとそだっているようですわ。。
[PR]
by lazytown | 2010-07-14 03:00 | 子供

クロコダイルダンディ

d0145528_0523772.jpg


うちの、もうすぐ10歳になる、今は、9歳の、長男君、いま、JAPAN強化合宿(わたしの実家じじばばの家にて)中でおります。

まえも、かきましたけど、海外で、自分のこどもに日本語をおしえるって、けっこう、大変なんですわ。。
念のためにいっておきますけど、これは、わたしにかぎったことだけかもしれませんが。

そこで、10歳くらいになったら、こどもを、ひとりずつ、日本に1ヶ月くらい留学させよう。。と、かんがえていたのですが、はっと、きがついたら、長男は、もう今度、10歳じゃないの、、とおもい、日本にいかせるなら、時期的に、春がいいかなって、かんがえていたので、来年の春だと、セカンダリー(中学校みたいなの)スクールに行く準備で、大変かもしれない。。とのことで、急遽合宿がきまったのです。

「学生割引がつかえるし、、航空代金こどもだから、やすいかも。。いっひっひ。。」とおもったら、、おおまちがい。。

6歳以上の子供は、アシスタントとがついて、一人旅ができるそうなのですが、13歳以下の子供の一人旅は、アシスタントがつくことになるので、学生料金はつかえないで、正規の大人料金をはらわなければならないそうで、 一時は、私が一緒に言っても、同じ値段になるから、いっしょにいこうかなーーーって、おもうほど、安いチケットを探すのには、苦労したけど、なんとか、まあ、まあの値段のがみつかったので、火山の心配もぜんぜんなく、すんなりと、旅立っていった。。


日本人だから、義務教育ということで、役所に住民登録をすれば、小学校にもいけるときき、しめしめとおもっていたのだけど、いろいろなひとから、「うちは、短期でいやがられた。。」とか、「なつやすみまえで、体験遊学ってかたちで、週に2,3回いけただけ」とかきいていたので、ちゃんと、はいれるか、ちょびっと、心配だった。

役所には、事前に連絡して、「日本人としての、義務教育だから、学校は、拒否できませんよねええーーーーー」と、釘を何回もさしておいたのだけど、、強引に。。。(爆)

それがよかったのか、わからないが、父が、息子をつれて、役所にいったときには、もう小学校の、教頭先生と連絡をとっておいてくれていたようで、その足で、小学校にいって、校長先生や、教頭先生、そして、担任の先生ももう、きまっていたようで、皆さんにあって、なごやかに、そして、スムーズに、小学校いきが決定したらしい。

本当にありがたいとおもった。。

地域によって、いろいろな対応があるみたいなので、息子は本当にラッキーだと思うと同時に、手続きをスムーズにすませてくれた、役所の皆さん、学校関係の方に感謝のきもちでいっぱいだ。

さて、、彼が最初に登校した日は2年に一回ある、地震の避難訓練の日だった・。

地震。。。そう、、私は、日本人としてうまれたから、地震って、身近なものだ。。日本では夜寝てるとき、「お、、ゆれてる。。」とか、そういうことがいっぱいある。
ただ、、イギリス人のほとんどのひとがそうかもしれないけど、うちのむすこも、地震の、経験がない。

わたしも、こっちの、おともだちが、「地震って、どういうかんじ??経験したことがない」って、きいたときは、びっくりしたものだけど、こっちで、地震にあったことはないものね。

ということで、そんなことが、初日の登校で、経験できた息子は、またまたラッキーだった。
電話で、「地震の、避難訓練なんてあるんだぜ!!」って、びっくりしていた。。

そして、またまたラッキーなことに、春の運動会も体験!!!彼の地区の学校は、秋に運動会がある学校と、春にやる学校が、2つにわかれているらしいのだけど、春にやる学校だったというわけで、運動会も体験できた。

これも、またまた、イギリスにすんでいれば、わかるだろうが、こっちに、運動会って、、、、ちゃっちいのよおーーーーーー。。
体育の時間の記録会みたいなもので、親も、お弁当つくっていくわけでもないし、(私は楽だからいいけど、、)1ヶ月くらい練習して芸をみせるわけでもないし、鼓笛隊もでてこないし、、騎馬戦なんて、、ないよ。。

だから、日本の運動会を、体験してもらいたかったのよねえーー

本人は、、「長いんだぜーーーつかれたよ。。」っていっていたけど、、(苦笑)

それにしても、わたしにとっては、ふつーーーーうのこと、、たとえば、小学生といえばランドセル、学校についたら、うわばき、、とか、下駄箱、、とか、、給食の後は、全校生徒が、てわけをして、おそうじ、(息子は、トイレ掃除らしい)とか、そうそう!!学校の中の、外に、大きなプールがあるとか、、学校がおわったあとは、家に帰ったら、また、学校の校庭であそべる、、とか。。そーーんなちいさい、ひとつひとつのことに、びっくりしているらしい。

それと、「まみーー日本はね、、スーパーまーけっとが、でっかいんだよおーーウェールズみたく、一階建ててじゃあないの(テスコ)。4階建てくらい(ダイエーだと思う。。)なんだよおーーーーーーーーー!!
ガソリンスタンドもねえーーでっかいんだよおーーーーーーーーーーー」

 
私の、近所のお友達Kちゃんにも、すっかりお世話になっているようで、このあいだは、おすし屋さんにつれていってもらい、いままでみたことのないような、でっかいマグロを、目のまえでさばいてもらってたべたらしく、大興奮していたし。。そう、ウェールズのうちでは、そんな高級品はでてきませんからね。。


なんだかそんなことを、姉分の、きーチャンに、はなしたら、「ぷっぷっぷ。。クロコダイルダンデイのようだね。。」って、、、


そうかーーそうだよーーあの子うまれてから、 電車にのるのも、バスに乗るのも、数えるほど、、父が電車にのせたときは、つりかわでぶら下がって、あそんでいた、、って、なげいていたし、、 


まあ、それでも、いい経験を皆様にさせてもらっているようで、母親のわたしは、本当に皆様にあたまがさがります。。うれしいことです。


さて、、肝心の日本語なんだけど、、、やっぱり、、「う○ち」ということばは、子供同士おしえあうようで、、、「ちょっとーー日本語ちょっとはわかるの??」ときくと、きまって、その言葉を、へらへら笑いながらくりかえすんですわ
 
帰国ももうすこし!!

皆さんに感謝して、ありがとうございますの言葉はわすれずに、たのしくすごしてくださいね。


追記

さて、、、来年は、次男が合宿に参加予定です。じじとばば、、、お体にきをつけてください。。。
 
d0145528_0562682.jpg

[PR]
by lazytown | 2010-06-14 00:57 | 子供

d0145528_0191756.jpg


d0145528_0201362.jpg


SWANSEAにいってきた。。といっても、近いから、よく、お買い物にいくのだけど、、この日は、SWANSEAの町からは、もうちょっと、車で走ったところの、船場(?????)マリーナっていうのですかね。。のほうまで、、、ジャズフェスティバルがあるっていうし、どンなものかいな、、って見物にいったのであった。。(入場はしてないよ、、えへへ)

ここは、キャサリンゼタジョーンズの家もある、SWANSEAの中でも、高級住宅地の、マンブルズというところ。。

風がつよくて、とってーーーーも、さむかったけど、、やっぱり、海はいいわああー

それに、、ちょっと、おしゃれっぽいし、、マンぶるズ。。ほほほ。

かといって、大家族貧乏人、、そして、夏の、キャラバンで、イギリス脱出計画のため、お財布の紐はきゅーーーーっとしまっているため、チップスを、ジャズフェスティバルのある、テントのとなりの公園のベンチにすわってたべただけだけど。。


普段4人の子供たちをもって、「大変でしょー??」といわれるが、4人でおおくて、大変だとおもうことはあまりない。 子供は、一人いれば、4人面倒見るのと同じくらい大変だとおもっている。

だいたい、上の子がしたのこの面倒をみてくれるし、、(見させているというか、、ほほほ)
4人いれば、兄弟だけでの、かくれんぼもたのしそうだし、みんナで、仲良く遊んでいる姿をみるのは、ほほえましい。(ただ、けんかになると、4倍の泣き声やなにかがきこえてくるのでむむむーーとなりますが)

わたしにとって、初めての子供の、長男がうまれたとき、、一人の赤ちゃんを育てているときのほうが、もっと大変だったとおもう。

なにもかも、はじめてのことだったし、聞きたいことを、聞ける人は近くにだれもいなかったし、近くにおともだちも、知っている人さえいなかったし、、ぐすん。。(爆)

あの当時子供を、2人3人、、、と育てているひとが、「1人も2人も3人もいっしょよおーー」っていっていて、「そンな。。。。」とおもったけど、、それは、本当だ。。(爆)

ただただ、、別な例もある。このあいだ、公園でこどもをあそばせていたときに、3つ子の赤ちゃんと、3歳くらいはなれた、ふたごの姉妹をそだてている、お母さんをみた。

5人年が違っていたら、うちみたく、上の子がしたのこの面倒をみたり、あそんでもらえるから、 わたしのように、「一人も、ふたりも、かわらないよー」と、はりきっていえるだろうけど、みつごちゃんに、双子ちゃんでは、、、大変だろうなあーーと、おもった。。


わたしの場合何が大変なんだろーーか。。。と、、4人の健康で、おもろい、子供たちに囲まれて、幸せなのですが、お金も4倍かかるわけだわ!!、、ということに、突然きがついたんですね。。チップスをたべているときに、、
 


ちょっと、どこかにつれていって、ひとりが、「のどか沸いた。。。」というと、オウムの鳴き声のように、、というか、山でこだまがかえってくるように、、というのでしょうか、、それとも、「かえるのうたが、きこえてくるよおーー」と合唱するようにですか。。後の3人が、つぎからつぎへと、「ぼくもーー」「わたしもおーー」と、なるわけでして、、親のあたまのなかで、ぐるぐると、「ジュースが1本1ポンドそれかける、4.。。4ポンドかあーーーー」と計算がはじきだされ、
「我慢しなさーーーい」

「おーーあの、ミニゴルフゲームしたーーーい!!」子供

「2ポンドかあーーだけど、かける4で、8ポンド。。。」(わたしの頭のなか)

「だめえーーーーー」

とこうなってくるので、ちょっと、かわいそうなときもありますね。。うちの、こどもさンたち。。。ほほほ。

おっと、、お金4倍つかってないことがばれてしまいましたね。。。
(だから、いままできがつかなかったのか。。)

まあ、幸せが4倍だわーーーーうっしっしーーと、親のわたしは、かんがえているのですけどね。。

いや、なぜこンなことおもったかというと、チップスを食べていた、目のまえで、身にゴルフゲームが芝生の上にあって、ほかのこどもたちが、無邪気にミニゴルフであそんでいたんですわーー
 
そこで、当然のことながら、うちのこどもたちも、やりたいといいだして、、上のような会話になったわけでして、、とほほ。。。

 

実際には、娘は、その日の朝歯がぬけたので、フェアリー (イギリスでは、歯が抜けると、夜に妖精が来て、1ポンドおいて、歯をとって去っていくとされています)から、1ポンドもらえることになっていたし、その前の1ポンドもいれて、2ポンドもっていたので、末娘といっしょにということで、そして、むすこたちは、自分たちのおこずかい1ポンドずつで、2人組でやることができたんですけどね。。「次はわたしの順番。。僕の順番。。」と、けんかをしながら、あそんでいましたわ。。



でも、、こどもたちよ!!!兄弟、姉妹がいて、よかったでしょ。。あなたたち!!ね。。あなたたち、、しあわせねーーーーしあわせよーーあななたち。。

 

PS..あなたたち、わたしの愛する子供たちへ。。。。。でかけるときは、かならず、ペットボトルに、お水か、ジュースをいれて、もっていくこと!!

自分のおやつも忘れずに、家からもっていくこと。。


お誕生日でもらった、お金や、たまにおかんからもらう、おこずかいはとっておいて、(隣の、スイートショップおかしかったり、テスコで、マッチアタックのカードかって、で無駄使いしないで)おかんとでかけるときには、忘れずにもっていくこと。。

たくましくそだっておくれ。



 
[PR]
by lazytown | 2010-05-06 03:32 | 子供

ちょっと、ぼやけている写真だけど、、、


d0145528_2112176.jpg



ずうーーーっと前に、ブーツセール(フリーマーケット)でかった、ミニーちゃんのリュックサック。。。

わたしとしては、かわいいいいいいいーーーっと、おもって、買ったのだけど、使う機会もないし、、おんなの子がうまれたら、使ってもらえるかも、、とおもっていたのだけど、長女は、あまり、バックには興味をもたず、、お人形さんの小さな机とか家具をいれて、そのままになっていた。

みてわかるとうり、とってがついているので、ひっぱって、はこぶこともできるのだけど、リュックにして、背負うと、子供たちにとってはおもいようで、わたしが無理やり「これかわいいよおーーべんりだようーー」といっても、だれもつかわないで、部屋のかたすみにおいておかれたままだった。

こどもって、物を運ぶのが好きだから(と、わたしがかってにおもっているのだけど}、うちにはいっぱい、バックがあるのだけど、上の3人は運びやサンではなかったようでちょっとつかって、それっきりになったものがいっぱいある。

だんなには、じゃまだといわれたし、誰かにあげようかなあーーって、おもってみたりもしたのだけど、、どうやら、わたしだけが、かわいいっておもっていたようで、、、、


ところが。。このところ、そんなわたしの悩みを解消してくれることがおこっているのだ。。


末娘は、バックがだいすきで、家中どこにいくにも、なにかをバックにつめて、もちあるくのだ。

この間、ミルクをかいにいくよーーといったら、「わたしもいくーー」っと、ついてくるのはいいが、このリュックサックをせおい、片手に、長女のお化粧バック(子供用ね)もう片方の手には、かさ(かさも大好きで、天気がいい日も持ち歩く)。。。。

近所の皆さんには、「Mちゃん。。。どこへおでかけ??旅行に行くの??」といわれる始末。。。

なにしているのかなーーっておもうと、バックの中身の整理をしていたり、バックをとりかえていたり、、、、


彼女といると、毎日、どこか旅行、、(というか、民族大移動)してる気分になります。。。


わたしとしては、「なんのためにかったのだろう????」という、バックや、おもちゃを彼女が活用してくれているので、とってもうれしいのですけどね。。


というわけで、へなちょこ写真だけど、のせたってわけですわ。。。 


PS..ただ、末娘はまだ小さいので、外に荷物をたくさんもっていくと、すぐにつかれて、結局わたしが、すべての荷物をもってあげなくてはならなくなるので、(このあいだは、かさと、お弁当入れの袋と、彼女のでっかい、お化粧バック(子供用)と、さらに、人形をもたされるのがたまにきずです。。。  



 
[PR]
by lazytown | 2010-03-23 21:58 | 子供

d0145528_2211191.jpg



おふろのなかで、、、


娘(2歳) 「マミーYOU HAHE GOT ROSE BUDS LIKE ME!!! (わたしのように、バラの花のつぼみがマミーにはあるのよね」

わたし「えーーーーー!!あなた、つぼみって、、、どこにあるの???」

娘 「ここよおーー(と、おんなにおひとの、あの部分をさす)」

わたし「ええーーなんでしってるのーー」

娘 「いひひひっひいいーーー」

娘 「まみーーI LOVE YOU THE MOST!!!!]

わたし 「おうーーーTHANK YOU]

娘  「YOU ARE MOST WELCOME!!」

わたし 「MOST WELCOME...。。。。。。。。{どっから、でてきたの???そんな言葉。。。}」

d0145528_220129.jpg



子供の成長って、、早いのね。。。
[PR]
by lazytown | 2010-03-18 22:18 | 子供

d0145528_15293.jpg


きたないから、モノクロ。。。(VIVIANさんのまねまねさせてもらいました。パンの本の出版おめでとうございます。待ってましとよ!!!!)

そして、、そのあとは、床に、かわかします。。{なぜかジャガイモの袋と炊飯器があります。ウェールズの竜を見せるためにわざとおいたことにしておきましょう。)

家がごちゃごちゃしているのを、ものがたっています。。ので、これも、モノクロ。。。

d0145528_185199.jpg



そして、机の上にまとめてみます。。(まだまだきたないけど、今度はカラーでね。。)

d0145528_110547.jpg



家の壁は、こんなかんじで、うまっていくのであった。。。。

d0145528_1322798.jpg

d0145528_133811.jpg



今、こちらは、ハーフターム(学期の中休み)。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by lazytown | 2010-02-20 01:34 | 子供

ハンモック。。

よく、子供の友達が遊びに来る。そして、とまっていく。。

こないだは、次男が、お友達の家におとまりにいってもいい??ときくので、いいよ。と、心の中でひそかに、「おう、今日は、一人へった。。」とおもっていった。

そひたら、長男が「おーH がいないなら、僕の友達をよんでいい??」

ときくので、「別に、Hがいたって、よんでるくせに。。」とおもいながら、いいよ、といった。

そしたら、長女が、「ほんなら、わたしは、Eちゃんのおうちに、お泊りにいってもいい??」

ときくので、おううーーそうなったら、
長男と、その友達と、あとは、末娘の、Mだけだ。。うしし。。とおもいながら、「Eちゃんのままがいいっていうならいいよ」といった。

そうして、金曜日は、長男と、そのお友達と、Mで、けんかもなく、とおーーっても、楽チンで、平和で、まったりとした、夜をすごした。

その次の日。。次男が、「友達つれてかえってきていい??」というので、「もちろんいいよ」

そひて、長男が、「それなら、僕の友達ももう一日とまってもいい??」

長女はいなかったので、なにもきかれずに、、「ほっ」


そして、土曜日の夜、、せまくるしいおうちに、6人のこどもたちが、、、ごろごろごろ、、、、

まあ、、4人(うちの子供)の2倍の8人にならなくてよかった。。 


さて、、夜の、12時に、もう寝ようとおもい、子供部屋をみにいった。

d0145528_222059.jpg



なんじゃあーーーこりゃ。。。


この写真では、3つしかうつっていないけど、、これが、4つ。。つまり、お布団を、二段ベットの両端につるさげて、この中に子供たちは寝ていた。。


ハンモックなんだと、、、、


す、す、すごいけど、、ベットがこわれるよーーただでさえ、おんぼろのおうち。、、 


もうやめてくれえええ=====


とっとと、たたきおこして、かたづけさせたのは、いうまでもありませんでした。。
[PR]
by lazytown | 2010-02-09 22:33 | 子供

LAID BACK..LAID BACK...

長男の、Dが、学校の音楽隊の、バイオリン募集に応募して、合格した。

彼は、とっても、のんびりやだけど、積極的でもある。そして、、、誰に似たのか、、、大の、おしゃべり好きだ。。。

学校の個人面談のとき、先生が、「D君は、勉強も、よくできるし、ウェールズ語も、みんなにおいついたし、(彼は、はじめは、イングリッシュの学校だったので、クラスのみんなより、ウェールズ語は、かなり遅れていた)、クラスのみんなと仲良くやっていて、何も心配はないです、、」

と、いったあと、「ただ、、、、、、、、その、、、なにかを、提出するときに、、時間内にやらないので、、、」
といわれたので、、

「あーーーやっぱり、、あのこったら。。。。おしゃべりしてるんですね。。」というと、

「はい、、友達の交流関係にいそがしいらしく、、あと、ちょっと、、、」

「あーーーーーーーSLOWLY、、なんですねーーーー???」(わたし)

「ええ。。。LAID BACK...(くつろぐ、リラックス)、、」と先生、、、

わたしの頭の中では、、ライドバック、、ライドバック、、、と、くるくるとまわりはじめ、大笑いしてしまった。。

「LAID BACK」。。。。これほど、あの子の性格を現している言葉って、ないのではないか????

くつろぎしすぎて、なにをいっても、馬の耳に念仏、、、わたしに、ドんなに怒られようが、のほほーーーーんとしている。

いつのことだったか、娘を学校にむかえにいったとき、どこかのクラスが、体育のじかんで、ジャンプして、右から、左に向かって、飛ぶ練習をしていた。 ぼーーと、みていたら、20人くらいいる、生徒のなかで、ひとりだけ、ふにゃららーーーーふにゃららーーーーとよれよれしながら、みんなに遅れながら、ジャンプをしている子がいて、「ぷぷぷぷ。。。すんごーーい、あの子、、あれだけ、ふにゃふにゃするのも、むずかしいわーー」って、笑っていたら、、、、、なんと、、実のわが子、、Dであったこともあった。。

そのあと、笑っていたことも忘れ、「D--------!!」と、叫び、こっちを向いたD にむかって、ジャンプの真似を、何回も繰り返す母(わたし)、、娘には、「マミーなにやってるのーー??うふふふふふ。。おもしろーーい」とまでいわれてしまい、きがつくと、娘の同級生の、お母さんたちにまで、ほほえみかけられてしまっていた。。。。

地元のラグビーチームにはいってはいるが、試合をみにいったら、やっぱり、ほにょほにょrとうごいていたので、運動神経はないのかとおもっていた。

ところが、、ところがであるのだ!!
ある日家にかえってきて、「マミーー。僕かけっこで、2位だったの」というではないか、、そして、次の日も、その次の日も、、どうやら、運動会の練習で、毎日かけっこの練習をさせられていたそうだ。そして、あるひのこと、「マミー。。僕リレーの選手に選ばれたんだよ。。そして、競技会(まあ、そんなに大きいものじゃあないんだけど、)に、学校代表で、でることになったの」
というではないかーーーー!!

元体育会系のわたしは、すっかり、エキサイト!!してしまい、競技会から、かえってきて、1等だったことを聞かされたときは、「D..犬飼ってもいいよ。。」といってしまったのであった。(彼が10歳になるまでは、犬は、再び飼わないって、わたしは、宣言していた)

ということで、うちにやってきたのが、すくービー。。Dの犬ということで、Dが世話をしている、、(?)けれど、やっぱり、ひょろひょろにょろりん、、、の、D..馬鹿力の、すくーびーを、お散歩につれてあるくのは、大変そうだし、すくービーは、彼のいうことなんて聞きもしないけど、Dにとって、すくービーは、「マイベストフレンド」だそうだ。。

のんびりしてるのだけど、人のこころがよくわかる、がんばりやなD.

新たなチャレンジの、バイオリンも、がんばってほしいものだ。。(わたしに似て飽きっぽいところもあるから、ちょっと心配だけど、、(笑))


(追記)。。。。。。かけっこで、1等とったといっても、、彼が稲妻のように、かけったのを見たことがなかったわたし、、でも、みたんですよッ。。

海辺であそんでるときに、小さな男の子が泣きながら、ボールをおいかけていたのをみたD,,「まかせとけ!!」といって、ロケットか????とおもうくらいのはやさで、いきなり走り出し、海のかなたにボールが消える直前にひろいあげ、満面の笑顔でもどってきて、男の子にボールをかえしてあげたのを、、男の子は、Dを、まるで、スーパーマンかのように、みあげていました。

「マミーー僕速かったでしょ??」といって、うれしそうに、わらったDを、いつもは、「D!!!のろのろしてないの!!」と、弟や、妹のくせにえばっている、H やJも、尊敬のまなざしでDをみつめていました。

母も、感激。。のろそうにみえるけど、、じつは、仮の姿なのを、母にもかくしているのかも???と、親ばかになってしまいそう。。。(こういうことを書いている時点で、親ばかか。。。)

 
[PR]
by lazytown | 2008-09-20 07:00 | 子供

d0145528_22301370.jpg


この、砂の城(サンドキャッスル)、、長男が、つくりました。
この日は、ちょろっと、はれそうだったので、無理やり、海辺につれてきたのですが、寒いのなんおって、、、次男と、長女は、タオルをからだにまきつけて、インド人のようでしたが、長男は「僕、寒くないよーー、、」と、ひとりで、サンドキャッスルを作っていました。

ところで、この、サンドキャッスルって、、日本人もそうなのかもしれませんが、英国人のおもいいれって、こわいくらいすごいのですよ。。

なにがって???

大人と、こども、いっしょになって、一日がかりでつくってしまうというか、、それも、すんごーーーい、巨大な、何かの、コンテストにでるのですかーー??っていうくらいのを、つくっているひとたちが、いるんですね。。

ちょっと、こどもたちが、かけて、こわしちゃったり、犬が、思いっきり走りぬけたりすると、、真剣
に作っている、お父さんたちに、、ぎろり、、とにらまれてしまいます。。(アクシデントでも、、)

3年くらいまえに、友達家族と、海岸にいって、わたしたちが、すわった、となりに、おおきな、すばらしい、サンドキャッスルがあったのです。
大人はもちろんみとれていたのですが、いたずら盛りの子供たち、、、わたしたちが、やめなさーーーい!!!と、言う暇も与えずに、わアーーーーーーと突進して、こわしてあそびだしたのです。。わたしが、「誰かが一生懸命つくったのだから、やめなさーーい!!」といったのですが、夫も、「もう、作った人たちはかえったみたいで、だれもいないし、、あそばせとけ」といって、自分も仲間に加わって、うっひーーーといいながら、こわして、あそびはじめたので、まあ、いいか、でも、もったいないな、、とおもいながら、やりたい方題させていました。

それから、しばらくたち、、さあ、帰ろうということになり、友達一家と、帰り支度をはじめ、こどもたちが、つかっていた、スコップや、バケツをかたずけようと、さがしていました。
こどもたちは、あの、大きな、サンドキャッスルでも、スコップをつかって、あそんでいたので、わたしが、足しが、そのサンドキャッスルの上にあがり、足で、ぐいぐい砂をどかしながら、さがしていたら、、、突然、、、、

「おい!!!なんてことをするんだーーーー!!!僕の子供が一生懸命つくったのに、、、おまえは、それでも、大人かーーーーーーー!!!!!!!!!」

と、すんごい剣幕の、男の人が丘の上で、わたしをみおろしながら、どなっているではないですか。。。。

「え。。。???????」

と、ちがうんです。。ともいえないで、じーーと、その人のことをみたら、あとから、彼のこどもたちが、泣きそうな顔で、みているではないかーーー!!

「おまえみたいなやつなんて!!!!しんじられない!!!!!!!僕の子供たちの気持ちを、台無しにしたんだぞーーーーーー!!!子供たちにどうしてくれんだ!!まったく。。信じられない!!!!!!!」

と、捨て台詞をのこして、(もっと、ひどいことをいわれたような。。でも、しょうがないよね)

その男の人が、立ち去ろうとした。そのとき、、その状況にきがついた、ウェールズ人の友人が、  

「残しておくほうが、わるいんじゃないの!!そんなに大切なら、なんで、ここにいなかったのよ!!
わたしたちは、もう、あんたたちが、かえったかとおもったのよ!!」
と、怒鳴り返してくれた。。(すごい。。。)

そして、友人の大声で、状況を察した、夫も、「たかが、サンドキャッスルじゃないか!!俺の、女房に、そんな言い方するのかーーこのやろーー。」と、志村けんガ、英語をしゃべったのか??とおもうくらいのような調子で男の人にむかって、いいかえしはじめたので、
、わけのわからない方向にすすんでいってしまったのでした。

わたしといえば、「まあ、あのおじさんの言い分もわかるんだけどな。。」と、理由もきかずに、頭ごなしに、おこられた子供のようなき分になったけど、友達の、粋のよさと、夫の、憤慨振りをみて、すごいことになった、、さすが、外人(すみません差別じゃないんですけど、、)自分たちのつみをみとめないで、反論するのね。。。と、へんなところで、感心していた。

その男の人は、わたしに、ほかの、仲間がいたとは、つゆともしらなかったにちがいない。。友達と、夫と、友達の夫の顔をみて、情勢不利、、、と察したか、、、たちの悪い人たちとは、かかわりたくないとおもったのかわからないが、くやしげに、でも、なにもいわずに、ひきあげていったのでした。

(かわいそう。。。あの人わるくないんだけど、、、)
と、おもったけど、やっぱり、サンドキャッスルのことで、あんなに、憤慨した人をみたのも、はじめてだった。。

あとで、夫と、ウェールズ人のおともだちに、英国人の、サンドキャッスルに対する、執着と、愛情(?)を、おしえてもらい、納得したのでありました。。(でも、わかっていながら、反論する、あのひとたち(夫、と、友人)って、すごいわともおもいました。。)

ということがあって、それからは、サンドキャッスルを無邪気に、、というか、真剣に造っているそばの人からは、離れて座っています。。。。


イギリスに住んでいる方はきをつけましょう。。。
[PR]
by lazytown | 2008-09-08 01:22 | 子供