「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

d0145528_17175369.jpg




d0145528_1723531.jpg


うちの台所から先へははいれません。
ゲートがないので、息子がキャンプ場からひろってきた、ボデイボードで柵。。(いまのところね。。ははは)



Tさんちにて↓、、

d0145528_1743561.jpg

 

うちとはまるで違う待遇。。


息子が作った、わんこの家↓。。。(爆)

d0145528_1792834.jpg



でも、すごい風と大雨で、すぐに水浸しになり、こわれて、夜は家の台所でねています。。

犬小屋を庭に作らなきゃ。。とおもっていうのだけど、

小さい庭に大きなトランポリンが庭の半分以上を占めていまして、、さらに、キャンプ用のきゃらんばんもおいてあって、どこにも犬小屋をおく場所がない。。

上の写真でみれるように、家ではボデイボードで柵。。庭は、でっかい板で柵。。と、何かを乗り越えないと、どこにもいけないようになってしまっている我が家。。

毎日まるで障害物競走をしているようだよ。。(わたし得意だったんだけどさ。。ははは)

でも、、、


真冬になる前に、どうにかしないと、、。



首をながくしてまっていておくれ。。

d0145528_1723531.jpg

[PR]
by lazytown | 2011-09-14 17:32 | ペット

5代目。。。。

d0145528_036771.jpg



×2



わんこくんと、わんこさん。。。


うちの5代目。。。



わんこさんのほうは、ちびだけど、きがつよいし、おりこうさんで、おトイレもちゃーーんとお外に行く。


わんこくんはわんこさんよりも2倍とはいかないけどかなり大きくて、わんぱくん。

わんこさんよりも大きいことを武器に、ご飯の時間は「ぶりぶりーーー」とわんこさんをおしのける。

おトイレはまだ家の中でしてしまい、おかんに怒られる。


人間とおなじだなーーっておもう。


男の子のほうがおんなのこよりも、オムツがとれるのがおそいとか。。

(うちの場合は次男は早かったけど、、)


やっぱり、人によるか。。ということは、犬にもよるか。。ははは。



「ぜったいに、犬の世話は僕らが(わたし達が)やるから!!!」

「わんこのそうじはぜったいに僕らが(わたしたちが)やるから!!」



そうかそうか、、子供達よ。。。。



おかんの仕事がまた増えたでよ。。。



でも、、、わんこくんとわんこさん、とってもかわいいっす。。。
[PR]
by lazytown | 2011-08-29 00:52 | ペット

d0145528_5411196.jpg


森のなかの、、

d0145528_542912.jpg


公園、、、にいってきましたよ。雨、くもり、、大雨、、とつづき、、犬の散歩のほかに、どこにもいけなくって、子供たちが、家のなかで、あばれまくり、、、わたしも、うさくさ、したので、天気がよくなるのを、まっていては、なにもできないし、雨がふったら、ふったで、いいわーーーーと、犬と、こどもたちをつれて、車で、10分くらいの、山の上にある、公園にいってきました。

でも、後部席に乗せた、犬が、ほかの車をみるたびに、「ワンワンーーーー」と、うるさくって、つくまでに、すでに、つかれたわたし。。ぜーぜー。。
しかも、公園についた瞬間に、犬を、棒につないで、こどもたちを、公園であそばせていると、首輪をするり、、と、ぬけて、エスケープ。。フレンドリーな、うちの犬は、よくいく近所の公園とおなじかとおもって、たくさんのこどもたちがあそんでいる、犬禁止の、子供たちの広場をかけまわりはじめた。。とほほ、、というわけで、山道を散歩することにしました。

d0145528_5494176.jpg


d0145528_5505731.jpg


ところが、、うちの犬木の棒フェチというか、、いやーー、犬って、棒がすきなのはわかっているのだけど、のばなしにしたとたん、小川にじゃっぼーーーーんと、とびこみ、3メーターは、ありそうな、木の棒を、かじって、あそびだした。。。子供に、「ちょっとーー、やめさせなさい!!」って、命令すると、こどもたちも、ジャブジャブ川にはいり遊びだし、犬は犬で、、ふりむきもせずに、集中して、自分の獲物(木の棒)を、はなさない。。。同じように、山道を、散歩している、犬を連れている人たちが、うははははーーと、わらいながら、乳母車と、おやつと、でっかいカイトを、片手に、うろうろしているわたしを尻目に、つぎつぎと、通り過ぎていく。。。

d0145528_602311.jpg


これは、ひきちぎって、ちいさくなった、棒。。。

d0145528_624614.jpg


やっと、川からつれだし、、ずーーッと、歩いていくと、

d0145528_641030.jpg


鳥の巣もみつけました。。

d0145528_662652.jpg


d0145528_68621.jpg


そして、、いっぱい、松ぼっくりの枝。。すごかったのよーーー!!。

それにしても、、うちの、犬、、、うれしそうに、はしりまわっていたわーー。なんだか、かけっていって、みえなくなって、むこうから、もどってきたら、狼のようだったわ。。

そして、こどもたちが、公園で、あそんでいるときには、わたしが、お犬様と、遊ぶ時間、、木の棒をなげると、うれしそうに、ひろってきて、ほいほい、わたしのそばに、ぽとり、、とおとす。。そのくりかえし、、しまいには、棒に血がついているのを発見。。犬をみると、棒で遊びすぎて、きづつけたのか、口の中がきれているのにもかかわらず、わらっている。。。
彼は、相当うれしかったらしく、その日を境に、家にかえってからも、わたしのまわりを、うろちょろうろちょろしている。

そうそう、、わたしが、犬のことを、「ドギー(ドッグの、略)」と、呼ぶと、子供たちは、おこって、名前を呼べっていう。

紹介します。。うちの、「スクービー」です。。。

d0145528_6224659.jpg


そして、おみやげは、、松ぼっくり

d0145528_6271056.jpg


お疲れ気味だったのが、山の散歩で、すっかり、元気になってかえってきました。
[PR]
by lazytown | 2008-08-06 06:35 | ペット

うちの、御猫さま。。。

d0145528_19195357.jpg




猫が、犬より、扱いが、楽だなんて、、、、だれがいったのだろう。。

うちには、金魚と、猫がいる。
まえに、犬を、3回かったことがあるのだけど、かわいそうなことに、最初の、犬は、次男が生まれて、2回目は、長女がうまれて、あげてしまい、3回目の、野良犬だった、風来坊の、犬も、家をひっこしをして、工事中に、近所のメス犬、彼よりずーーと、大きい、ラブラドール犬に恋をし、帰ってこないなーーとおもっていたら、(放し飼いにしていた。。すみません)いつのまにか、その家に、養子にされてしまったようだった。うちでも、その当時、工事中で、(いまでもだけど)犬を飼う場所がなかったので、放し飼いにしていた手前、なにもいえなく、子供たちには、「あの犬ちゃんは、ほかの犬に恋をして、いっしょくらすことになったよ。あのこのしあわせのためには、そのほうがいいんだよ」と、大人の勝手な理屈で、納得してもらった。

ということで、大の、犬好きの、長男には、10歳になって、自分であるていど、せわができるようになったら、また、かってもいいよ、といって、猫好きの、次男のために、猫を、もらってきたのであった。

犬をかっていたとき、犬の世話で、へとへと(おおげさか??)になっていた、わたしをみて、  、「猫はいいよーー、きれいずきだし、勝手に、あそんできてくれて、独立しているし、世話しなくって大丈夫、、楽だよーー」と、猫を飼っている人は、みんな、そういっていた。

ところが、、、、うちの猫、、、、もらわれてきたときは、まだ3ヶ月だったから、トイレの訓練が、おわっていなかったらしく、よく、家に、うんちをみつけた。
そのうち、大丈夫になってきたとおもいきや、、猫の、飼い主の次男の、枕に、もらしたり、、次男が抱き上げたとたん、プーーーーー。と、ウンチをしたり、、、と、とっても世話がかかる。

そうかとおもえば、うれしそうに、鳥をつかまえてきて、わたしたちに、自慢げにみせることも、しばしば、、、ほーー。夫がいうには、獲物をとってきて、飼い主に、みせるということは、かいぬしに、御礼のきもちがあるからだ、、喜んだほうがいい、、、、、、、って、いうのだけど、私は、どうも、、喜べないぞ。。本当かな??????

そうして、あたりまえのことなのだけど、ジャンプ力がすごい!!
こないだまで、家のまわりに、家のまわりのかべをぬるときとかに、つかう、組み立て式の、棒が、まわりに、はりめぐられていたのだけど、(イギリスでは、、スカーホールディングという。)うちの猫は、それをつかって、ほいほいと、2回の窓からとびおりてあそんでいた。

ある日のこと、、息子の友達と、息子が、2階で、お風呂にはいっているときに、「うぎゃーーーーーーーーー!!。猫が、、猫が、、自殺したーーーーーーーーー」という、さけびごえがきこえてきたので、なにかとおもったら、うちの猫が、お風呂にある、窓に、すわっていたかとおもうと、いきなり、下にむかって、ジャンプして、きえてしまったそうだ。「アーー、スカーホールディングをつたって、降りたんだよ。」といって、窓のしたをみると、組み立て棒はないではないかーー!!。そして、、、、、、
下をみると、猫の死骸はない。そうこうしているうちに、当の猫が、平然とした顔で、また、お風呂のある場所へ、もどってきた。

「猫って、、、、、すごい。。」

そのあとは、、いま、繁殖期なのか。。。朝おきて、庭に向かって開いている、ドアをあけると、2匹のデブ猫が、うちの猫をまっていたりする。
このあいだ、私と、子供たちがそとにあそびにいっているときに、夫がお風呂にはいっていたそうだ。
なんだか、下で、ばたばた音がきこえてきて、わたしたちが、かえってきたのかとおもったら、デブ猫が、うちの猫を追いかけて、家のなかまではいってきて、追い回していたそうだ。。。はぁーーー、油断ならず、、、、、

きのうは、まあたらしい、カーペットに、、、、、、、、、、どうやら、彼女はげりだったらしい。。。


猫を飼うのは、楽。。。。。。というのは、あまりのも、猫に、期待をもっていた、わたしにとっては、本当だかわからないが、ペットが、飼い主(この場合は、私を抜かした、うちの家族)に、似る、、というのは、前飼っていた、風来坊で、お調子者だった犬と、汚いみずのなかでも、ざっそうのように、長生きしている金魚と、この、どんなに私に怒られても、ものおじすることなくひょうひょうと、生きている猫が証明しているのであります。  
[PR]
by lazytown | 2008-06-29 19:25 | ペット