「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

子供が、本当にしたいこと

 
d0145528_2311684.jpg



近所の、学校の隣には、おおきな野原があって、、週2回市の、福祉団体の、お姉さんたちが、きて、5歳以上の、こどもたちは、親の許可いりで、親なしで夕方まで、お姉さんたちの、保護化で、あそぶことができる。そこは、ただの、野原なのだけど、後ろには土手があり、ちょっとした、林になっていて、小さな川もあって、きのぼりをしたり、みずあそびをしたり、はだしになって、みんな、元気にかけまわっているのです。

小さなガレージのなかには、絵の具や、ぬいぐるみ、その他の、遊び道具があり、屋根によじのぼったりして、みんながやりたいことを、自由に、選択して、遊んでいる。

冬でも、雨がふっても、開放されて、お姉さんたちが、みていてくれるので、親としては、とっても、安心だ。いまどき、こんないなかでも、物騒で、こどもを、ひとりで、ほいいっと、公園に、遊に、遊びに行かせることもできないので、このようなことをやってくれる、市に、感謝なのだ。
同じ市でも、前住んでいたところは、そのような、施設はなかったような、、、わたしが、しらなかっただけなのかもしれないけど。。

値段は無料で、お姉さんたちの、給料は、どうやら、市の、福祉団体がはらっているらしい。

私たちが、小さかったころは、学校がおわると、くらくなるまで、外で、あそんぶことができた、、とおもう。学校の、校庭でとか、近くの、野原、公園、団地で、思う存分遊べた。

それにくらべると、近頃の、子供たちは、何でも、手にはいるようにみえるけど、じつは、一番大切なものが、手にはいってないのではないのかな、、

今の世の中たくさんの、おもちゃや、ゲームや、コンピューター、テレビ番組、、、と、限りなく、いろいろなものが、手ごろな値段で、てにはいるようになったけど、子供が、本当に、楽しむことが、できなくなってきているようなきがする。

親としても、子供を公園にでもつれていって、あそばせてあげたいけど、夕飯の支度とか、家事とかで、なかなか、毎日、外につれだすことはできないので、こういう風にだれかが、みていてくれるような、場所は、とってもありがたいものだ。

子供たちにとっても、、週に、2回でも、思いっきり、林の中を、探検できたり、野原を、思いっきり翔りまわって、真っ黒の、泥んこだらけで、遊べる場所が、近所にあって、本当によかった、、とおもう。
遊び終わって、帰ってくるときの、子供たちの顔は、みんな、生き生きしている。

もっと、こんな場所がふえるといいのにな、、とおもうのです。


こんなのも、みんなでつくったのです。

d0145528_0473257.jpg



夏になって、草がしげり、みんなの隠れ家が、できるのを、たのしみにしているようです。
[PR]
by lazytown | 2008-05-13 00:52 | 子供