ブログトップ

2カ国語標識と、その解釈

d0145528_542750.jpg



はい、ちょびっとだけ、ウェールズっぽい写真を、、、

このように、英語と、ウェールズ語が、いっしょに、表示されています。。
ここは、イギリスに住んでいる人ならだれでもしっている、大手スーパーテスコの、駐車場の標識。

それにしても、わたし、ウェールズにすんで、もうそろそろ、7年目、、子供たちも、ウェールズ学校に通っているのに、いまだに、読めないんですけど、、、

ということは、やっぱり、見ておぼえる、というより、見て、そして、聞いてじゃないと、おぼえられないものってことでしょうかね。。

それと、基本的な、読み方さえ、わかれば、2つの、違う文字の表示をいつもみていれば、いつのまにか、おぼえるのかもしれないけど、、私のように、基本的な読み方のわからない人にとっては、いつまでたっても、ウェールズ語が、頭に入ってこないのであります。

さて、2カ国後で、表示してあるのは、ウェールズだけじゃなかったはずですね。

むかーーし、若いころ(ほっほっほ)バルセロナを、おとずれたとき、カタロニア語が、スペイン語と一緒に、ならんでいたのを、おぼえています。

きっと、ほかにも、2カ国語を、表示している国が、たくさんあるのでしょうね。

2カ国表示は、『自分たちの言語を、わすれてなるものかーー!」という心意気とともに、初めてその国に来た人に、その国の歴史を、おしえてくれる、手がかりにもなるのだとおもえば、よめなくったて、意味がわからなくったて、いいんじゃないかな。。なんて、またしても、自分のいいように、解釈して、ウェールズ語が、いまだに読めないことを、正当化しようとしているわたしでありました。。。
[PR]
by lazytown | 2008-05-06 05:44 | ウェールズ