ブログトップ

たかじん。。ゆとり教育。。。



2

3

4

5


三宅先生はあいかわらず、、的を得ている。


下地先生の最初のコメントを聞いて、、なんだかめっちゃうれしかったわーー。


実はきょう、、


産後うつ病。。。っていうか、、(爆)

わんこたちがきてから、めっちゃいそがしく、(おそうじに)トイレトレーニングやなにやら、、

キャンプのあとの洗濯物がやっとおわったかとおもえば、わんこの下の世話、、そうじ、、2階のペンキぬり、、いらないものをステステ攻撃、、

そのたもろもろの、悩み(といっても、考えてみれば、たいしたっことないんだけど、、)で、頭がくるくるして、家族中にあたりちらしていた。


わんこといっても、あかちゃんなので、、やっぱり、産後うつ病っていうのが一番いい表現。。
(三宅先生には、なにいってるんだ>>っていわれるだろうけどね。。ははは)


はあーーっておもいながら、ペンキぬりをしていたときに、下地先生のお言葉!!


おかん、、うれしいわーー



わたしはおもいますわ。

やっぱりね、学校の先生にすべての責任をおしつけるのはまちがっている。

親なのよ、親!!


最近の学校の先生ってかわいそうなのよ。なにかあると、親に抗議されるし、訴えられる人もいるらしい。


わたしの子供時代なんて、(すべてがいいとはわからないけど、)先生にピンタくらったりしてたわよ。


いまどきはそんなことできないらしいね。


それがいいかいいかはわからないけど、子供がした悪いことを先生の責任に押し付ける親!!

学校にいかせるんだったら、先生にまかせろよ!!といいたいで。



だいたい、自分でいうのもなんだけど、ひどい親が多い。

自分の子供は天使かなにかだとおもっている。


「そりゃあ、子供だからわるいこともするけど、、そこまでわるいことはしない。。」


っていうんだよ。。。


前に、息子2人が、お友達の家に遊びに行って息子①がけがをしてきました。

「ああ、けがしたの」


っておもっただけだったけど、あとできいたら、、お友達にナイフの取り合いでつきとばされたのだと。

「お友達のお母さんにいったの??」ときいたら、

「いったけど、あの子が「自分の息子も信じられないのかーー??」とお母さんに怒鳴って泣きながら現場をでていったら、あの子のお母さん、、だまっちゃった。それでおしまい。。」



だって、、

そのあと、電話かかってきたので、そのことをなにげにいったら、


「うちの息子はそんなことしていない。あなたの息子がうそをいっている」



といわれましたよ。



その息子さんは、けっきょく、学校でみンながみているところで、おんなの子をパンチでなぐって、レッドカード(3回もらうと停学)を校長先生にもらったら、親がでてきて転校することに。

きっと、「うちの息子はそんなことしていない!!」とでもいったのでしょうかね??




この話だけじゃなくてほかにもあります。おなじような話。。


ゆとり教育。。ってなんだかわからないけど、、最近の教師は大変だな。。っておもう。



イギリスにきて、もの書きができない人がいるのに、びっくりしたことがあります。

あと、計算。。



1ポンド12セントです。。っていわれて、5ポンド札に、12セントをだすと、、、おつりがわからないのにはこまります。。

「なんで、12セントだすの??」っていわれて、「細かいお金がほしくないから、、」


ってこたえると、、


「へ??」


されるんですわ。。(最近スーパーでは、レジをつかうので、そういうこともないですけど)



日本では、世界史も日本史もならいますよね。


イギリスで、日本史なんて、、ならいませんよ。。っていうか、、中国の王朝の名前なんておぼえないとおもう。。


三宅先生がいっていたけど、読み書きそろばん(計算)!!って、、大事だとおもいます。


こっちにきてそうおもった。できない人がいるから、、(普通の人)



下地先生に「おかあさん。。自信をもってください!!」っていわれてうれしかったのだけど、


日本人にいいたい!!

「日本人!!自信をもってください!!」



歴史教育にしては、、昨日の安部元総理もいってらしたけど、、歴史家にまかせるべきだけど、こういうところは、ゆとり教育のよい面をいかして、教科書だけではなく、色々な歴史本を読んでもらうことが大事だとおもいます。


個人的には、もっときちんと、日本の歴史をおしえてほしいし、日本の文化,天皇制について、日本の神話や、伝統についてもおしえてもらいたいな。

こういうことは、日本にすんでいるだけでもしっておくといいとおもうけど、将来外国を旅をするとき、すむときにも役にたつとおもう。


あああー最後の試験をおえたときは、


「あああーこれで一生こういう試験はしなくてすむんだーーうっひょおーーー」


と、おもったけど、、、今から思えば、、

自分のことだけを考えて、勉強する時間はいっぱいあった、あのころがなつかしいわーー。


贅沢な時間だったとおもいます。


きっと、今のこの子育ての時間も、贅沢な時間なんでしょうね。。きっと。。(じーーん)


おかん、明日もがんばりますわーー













 
[PR]
by lazytown | 2011-09-05 04:42 | 政治歴史