ブログトップ

予定どうりにされているわい。。




ちょっと、読みにくい人は、

「Shionの部屋」さんのブログでしっかり読めます。

こちらの日記です。(←ぽちっとおしてください。)



「SHIONの部屋」さんは、

「 この掲示板に書かれている内容を「でっちあげだ」と言うことは簡単だと思いますが、
私は今回、この文章を 再度、注意深く読みこんでみて、
今の日本のマスコミの、民主党の危険法案や政治資金規正法違反に一切踏み込まない、
民主党護持の姿勢と、この文章の内容とが、まさに合致していて、
その上、ここ数日の、在日朝鮮組織の動きとも、不気味過ぎるほど一致していると思い、
背筋が凍り付くような不安を、拭い去ることができない、と感じます。」


といって、ご自身のブログに、2007年にのせたそうです。




信じるか信じないかは人それぞれだけど、わたしは、今回の「献金事件」にしても最近のマスコミの報道にしてもなにもかもあの、「書き込み」のとうりになっていると思います。


そして、この書き込みの中で誰かが言っているように、

 (「1.我々在日は日本人と仲良くしてこれから日本に貢献したい

2.今までの長い自民党政治ではそれができなかったし日本人も不幸になるばかり

3.民主党政治なら在日同胞も日本人も同じように幸せになり日本もアジアで尊敬される

そのような話し方をしていきましょう。どうも、これまでの在日同胞は自分たちの権利ばかりを出しすぎたところがあって、そこが日本人の若者などの反発を受けているようです。)

や、

(日本人は集団行動や周りとの協調性を大切にします。他の人が不快に思うことはしません。

そして自分を一歩さげて相手を立てることが正しいことだと思うんですね。

そして日本のオンモンに「郷には入ったら郷に従え」というのがあります。

よそものがそこに入ったら、その場所のルールに従わなければならないという考え方です。

ここが大きく違うところで、これから我々が使える部分です。

日本の若者を攻略するのは意外に難しくないです。

嫌韓感情を持つ日本人の若者でもこちらから「今までの在日同胞のやりかたは良くなかった。

日本人の気持ちを考えないで権利ばかり主張してきてしまった。

我々もこれからは郷には入ったら郷に従うという日本の習慣も取り入れようと思う」ということを伝えるだけで彼らの表情が一気に変わりますよ。)


や、

あるかたからマスコミ対策は大丈夫なのかと聞かれましたが大丈夫です。

ここ数ヶ月の報道を思い出してください。

自民党の不祥事や失言などは大いに報道されましたが民主党の失言や不祥事はほとんど流れなかったでしょう。

ときどき冷や冷やした状態はありましたが、テレビ局に新聞雑誌など主要なメディアのほうは本部のほうで抑えてあるようです。

またマスコミ各社に勤めている同胞たちも自民党の不祥事は徹底的に報道して民主党の失言などはやりすごすような体制ができていますから心配ありません。

なにより日本人はテレビと新聞を信用しますからこの辺は大丈夫でしょうね。


大手新聞社やテレビ局はすべて抑えてあるとのことです。

愚民対策とでも言いましょう。
知らないのは一般日本人だけというなんとも可哀想な状況ですね♪)




↑こーーーーーんな文章を読むと、まったくもって、彼らのとうりになっているな。。とおもいます。



彼らがいっていること、、そうなんですよーー


わたしもひっかかってしまうから、わかるんです。


面とむかってひどいことをされると、はげしく反撃できるのですけど、そうでないと「あ、わたしの勘違いかもな。。」なーーんておもってスルーしてしまいます。


尖閣諸島のときが日本人の愛国心を取り戻したときでしたけど、中国様は、それにきがついて、いまはひっそりと行動していますね。


それにくらべて、韓国とロシアはうまいことちょろちょっとと、小出しにでてきて、うまいことやっているとおもいます。


ただ、マスコミの操作をやりすぎのおかげで、今大半の日本人がきづきだしてきているとおもいます。


それでも、「でもーーべつにそういう意味じゃないんじゃないの?」とか「考えすぎだよーー」

っていう人もいますし、


マスコミは、日本人の愛国心がでるたびに、何か、別の事件をでっかく報道して、


「忘れやすい」という習性をもつ日本人の特性を利用するんですよ。



「水に流す」って、、、日本人のとてもいいところだと、私自身はおもうのですが、


世界では、なかなか通用しないんですよね。



関係ない話だけど、欧米人のわたしの主人と話していてもそんなことを感じます。


「許すけど、忘れない」とかね。。




まあとにかく、、、信じるかどうかはべつとして、読んでみて


「こんな書き込みをする人がいたんだ」



知っておいてもいいとおもいました。
















[PR]
by lazytown | 2011-07-26 00:41 | 政治歴史