ブログトップ

硫黄島からの手紙。。。

昨日に引き続き、、、


硫黄島の最後の戦いの玉砕前に、当時海軍少将の市丸 利之助(いちまる りのすけ)(のち中将になる)が、当時のアメリカ大統領ルーズベルト宛に書かれた手紙。。


現代語訳です。こちらから、(ぽちっとおして←)転送させていただきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本海軍市丸海軍少将が「フランクリン・ルーズベルト」君に書を宛てる。

私は今、我が戦いを終えるに当たり一言貴方に告げることがある。

日本国が「ペルリー(ペリー)」提督の下田入港を機とし、広く世界と国交を結ぶようになった時より約百年の間、国の歩みは困難を極め、自ら欲しないにも関わらず日清戦争、日露戦争、第一次欧州大戦(第一次世界大戦)、満州事変、支那事変を経て、不幸にも貴国と交戦することになった。

そして貴方は我々を、あるいは好戦的国民であるとし、あるいは黄禍論を用い貶め、あるいは軍閥の独断専行であるとする。思いよらぬもの甚だしいと言わざるを得ない。

貴方は真珠湾攻撃の不意打ちを理由に対日戦争(大東亜戦争)唯一の宣伝資料とするが、そもそもにおいて日本国が自滅を免れるためこの行動に出る他ないという程の窮地にまで追い詰めたような諸種の情勢というのは、貴方の最も熟知するものであると思う。

畏れ多くも日本天皇は皇祖皇宗建国の大詔に明らかなように、養成(正義)、重暉(明智)、積慶(仁慈)を三鋼(秩序)とする八紘一宇(天下を一つの屋根の下に)の文字によって表される皇謨に基づき、地球上のあらゆる人間はその分に従い、その郷土においてその生を生まれながらに持たせ、それによって恒久的平和の確立を唯一の念願になさったのに他ならない。

これは「四方の海皆はらからと思ふ世になど波風の立ちさわぐらむ(意訳:人は皆家族であるのに、なにゆえ争わねばならないのか)」という明治天皇の御製(天皇の詩)は貴方の叔父セオドア・ルーズベルト閣下が感嘆したものであるが故に、貴方もよく熟知しているのは事実であろう。


私たち日本人はそれぞれ階級を持ち、また各種の職業に従事するけれども、結局はその職を通じ皇謨、つまりは天業(天皇の事業)を翼賛(補佐)しようとするのに他ならない。

我ら軍人は交戦を以て天業を広めることを承るに他ならない。

我らは今、物量に頼った貴方の空軍の爆撃、艦隊の射撃の下、外形的に後ろへ退くもやむなきに至っているが、精神的にはついに豊かになり、心地ますます明朗になり、歓喜を抑えることができなくもある。

この天業翼賛の信念が燃えるのは、日本国民共通の心理であるが、貴方やチャーチル君は理解に苦しむところであろう。

今、ここに貴方達の精神的貧弱さを憐れみ、以下の一言を以て少しでも悔いることがあればいいと思う。

貴方達のなすことを見れば、白人、とくにアングロサクソン(アメリカとイギリスの主な民族)が世界の利益を独占しようとして、有色人種をその野望実現のための奴隷として扱おうということに他ならない。

この為に邪な政策をとり有色人種を欺き、所謂悪意の善政を行うことで彼らを喪心無力化しようとしている。

近世に至り日本国が貴方達の野望に抗し有色人種、特に東洋民族を貴方達の束縛より解放しようと試みたところ、貴方達は少しも日本の真意を理解しようと努めることなくただ貴方達に有害な存在となし、かつて友邦とみなしていたにも関わらず仇敵野蛮人であるとし、公然として日本人種の絶滅を叫ぶに至った。
これは決して神意にかなうものではないだろう。

大東亜戦争によって所謂大東亜共栄圏が成立し、所在する各民族はわれらの善政を謳歌しているから、貴方達がこれを破壊することが無ければ、全世界にわたる恒久的平和の招来は決して遠くは無いだろう。 


貴方達はすでに成した。十分な繁栄にも満足することはなく数百年来にわたるあなた方の搾取から免れようとするこれらの憐れむべき人類の希望の芽をどうして若葉のうちに摘み取ろうとするのか。


ただ東洋のものを東洋に返すに過ぎないではないか。


あなた方はどうしてこのように貪欲で狭量なのか。


大東亜共栄圏の存在は少しも貴方達の存在を脅威するものではない。むしろ世界平和の一翼として世界人類の安寧幸福を保障するものであって、日本天皇の真意はまったくこれに他ならない。
このことを理解する雅量(器)があることを希望してやまないものである。

翻って欧州の事情を観察すると、また相互無理解に基づく人類闘争がいかに悲惨であるかを痛感し嘆かざるをえない。
今ヒトラー総統の行動の是非を云々するのは慎むが、彼の第二次世界大戦開戦の原因が第一次世界大戦の終結の際、その開戦責任の一切を敗戦国ドイツに押し付け、その正当な存在を極度に圧迫しようとした貴方達の処置に対する反発に他ならないということは看過できない。

貴方達の善戦によって力を尽くしてヒトラー総統を倒すことができたとして、どうやってスターリン率いるソヴィエトと協調するのか。
世界を強者が独専しようとすれば永久に闘争を繰り返し、ついに世界人類に安寧幸福の日はないだろう。

あなた方は今世界制覇の野望が一応、まさに実現しようとしている。あなた方は得意げに思っているに違いない。しかし貴方達の先輩ウィルソン大統領はその得意の絶頂において失脚した。

願わくば私の言外の意を汲んでその轍を踏まないでほしい。

市丸海軍少将 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転送終わり↑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんとりっぱな文章なのだろう。。。

きのうの記事で、東条首相の遺書をリンクしたけど、あれを読ませていただいたときも、涙しましたが、 おかん。。市丸中将の、ルーズベルト大統領への、この手紙にも、涙しました。。



硫黄島の戦いについては、青山繫晴氏が、詳しくかたってくれているので、そちらを見ていただくか、ウィキデ調べてください。

クリントイーストウッドも、映画にしていますね。



とてもセンスのいい、「STROWBERRY AND VANILLA CREAM 」という 素敵なブログがありまして、たまにひっそりとのぞかせていただいていたんです。

そして、彼女が、家族ののルーツをたどっていったら、なんと、曾、曾おじい様が、なんと、市丸中将だったそうです。


こちらに、(ぽちっとおして←)その記事がのっています。


おかん。。またまたびっくり!!!(爆)


まあ、わたしが何を言いたいのかっていうと、、


本当に、昔の人は、教養があったんだなーーということと、昔からいわれている、「一部の狂気を持った、軍の暴走によって戦争ははじめられた」っていう話は、この文章からは、何も感じられないってこと。。



昨日の、記事での、東条首相も、立派な、遺書を書いていらっしゃるけど、硫黄島の、すさまじい戦いの中に、このような冷静で、的確に自分の意見を述べれる文がかけるなんて、すごい。。としかいえない。


前に父と話していて、同じ時代にいても、たとえば、大東亜戦争の時代に生きた人でも、そのときの人の立場や、経験によって、本当に違う史観が生まれる。まったく、逆の史観を持つ人たちがいるのは当然のことだ。


たとえば、普通の兵隊じゃなかった人が、戦争末期に、戦争に行くことになってしまい、もともといやいや戦争にいっているのに、(しかも、軍隊規律も知らず、)いきなり、上官に、


「お前、今突撃白。お国のためだ!!」

なんていわれたら、「??????」

で、生き延びて、もどってくれば、


「上官に無理やり、お国のために死んで来いといわれるような、戦争なんて、まっぴらだ」

とおもったり、

「日本の軍隊は、最悪だ」


と思ったりするかもしれない。


もともと、戦争というのは、職業兵士同士が戦うものだけど、戦争末期には、そんなことみってられなくなって、いやいや戦争に借り出された人がいっぱいいただろう。


そして、もともと、日本が戦争に行くようになってしまった過程を知っている人や、軍の中で戦争には反対していた兵士達は、がんがん戦って、死んでしまったし、

  戦争に行ってしまった過程を知っていた人は、処刑されたり、GHQの方針で職を失って、日本の立場をうったえる、立場は追われてしまったので、(大学の先生もしかり)戦後日本は、

「軍の暴走で戦争に行ってしまった」と、わたしたちは、教えられてきた。



戦争にいった人の、体験話も、


「日本の軍はひどかった。。」


など、、


わたしは、それらの意見が、すべて間違っているとは思わないし、そういう体験をした人いっぱいいるのだとおもっているよ。

でも、

戦争がおわったあとに、戦争の悪い部分しか知らない人の意見しかわたし達は、耳にいれてこなかったかもしれないことは、反省したいとおもう。


日本だけが、わるかったのではない。。

とひとことでもいえば、

「あの人は、自分の非もみとめられない、いさぎの悪い人だ」とか、

「超右翼だ。。。戦前の軍の暴走はああいう人がいたからおこったのだ」


みたいにいわれているよね、いまも。


実際、わたしもそうおもっていたし。



10人いれば、10人なりの、考えや意見、経験があるだろう。


そういうことを知っておきたい。



そういうことが、本当の、


「平等に物事をみる」




ってことなんじゃん。。。っておもう。


戦後66年。。日本人のみなさん。。左翼といっしょに、「平等だーー」って叫ぶんだったら、日本を、死ぬ気で守ろう(守った)とした人たちのことを、まず知ってから叫んでほしいです。



追記。。


あのう、市丸中将の手紙のなかで、人種差別のことがのっていますけど、それは、第一次世界大戦のときの同盟国が開いた、パリ講和条約会議にて、(←ぽちっとおして)


日本が、「人種差別撤廃案」を出したんですよ。


世界で始めて!!


このときに、英国と、アメリカの拒否によって可決されなかったんですね。



そういうことを頭の中に入れていると、手紙の内容も意味深くなってきます。。


 
[PR]
by lazytown | 2011-07-01 01:46 | 政治歴史