ブログトップ

国を思う心と、、現実。。。




国のことを考えているという人だったら、こういう方のことをいうとおもう。


なんだか、仮設住宅の建材を、ほかの国に頼んでいるらしいけど、こちらのニュース(←ぽちっとおして)

くわしいことは、こちらのブログで、(←ぽちっておして)


日本の復興のためというのなら、職の確保や、日本経済のためにも、日本企業に仕事をまわすべきだとおもうのだけど。

しかも、日本の職人の腕がわるいならわかりますよ。。すぐに、壊れそうな、仮設住宅をつくるとか、、そんな建材や、材料しかつかえないとか、、


でも、そんなことないじゃん。。

日本の職人は一流だし、へんなものは被災地にわたさないっていう、責任感や、道徳があるじゃん。



今日、偶然行き着いたブログで、「官おろしは、「再生エネルギー法案」を通したくない原発推進派がやっている」


なーーーーーーんて、書いてあるのを見て、ビックら仰天した。

↓こういうの、しっているのかな??そういう人って、、






この間も書いたけど、再生可能エネルギーに転換できるなら、それがいいし、ばかだのなんだのいわれても、国民が一丸になってそうする、、ときめるなら、腹をきめて、テレビも、携帯も車もすてて、海外旅行もあきらめ、江戸時代にもどるつもりでやるべきだ。

孫さんがいっているように、


「」実は、日本には、いっぱい土地があったーー(不耕地や、荒れ果てて使われていない土地のこと)。そこに、2パーセントでも、風力装置や、ソーラーパネルを設置すればいい」


という案は、、、ううーーん。。

風力装置ってそンなところにたてて、住んでる人の迷惑じゃないのかな??


ソーラーパネルの設置とかいうけど、、、ううーーん。。たしかに、できる家庭はやったほうがいいとおもうけど、もともと農業をやる地を、つぶして作るのは、わたしは反対だな。。

たしかに、つかっていないなら、どうにかしたほうがいいとおもうけど、加藤登紀子さんがいっていたように、農作地は、大事にしたいな。

やっぱり、食料自給率が低くなる可能性には、(もともと、低いのに)反対だ。。




↑のなかで、冒頭で、西部邁さんが、


「文明がここまできてしまったからには、自然回帰って言う理論は現実的ではない。その現実をみすえて、ここまで人類がしてしまった、十字架をせおいながら、歩いていくことしかできないということを、自分たちは、しるべきであって、それができないのは、偽善だ」


みたいな。。(わたしの解釈がはいっていうので、冒頭の西部氏の言うことだけでも聞いて!!笑)


ことをいっていまして、、


があーーーん。。。ってさせられたよ。。


そうだな。。。って。。。



まあ、なにがいいたいのかわからなくなってきた。。自分でも、、



これから、ごはんなのでこれでおしまい。。
[PR]
by lazytown | 2011-06-20 02:57 | 政治歴史