ブログトップ

辛坊次郎さんへ。。。

前回の記事で、中川昭一前財務大臣についてふれたので、ちょっと、この記事を、転載させていただきます。


水間条項さんの、「《ストロスカーンIMF専務理事は国際的謀略の罠に嵌められたのか!》」より


ここから↓転載


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ストロスカーンIMF専務理事が、ニューヨークのホテルで逮捕されました。


その「被害者」は、女性従業員で、室内に監禁されセクシャルハラスメントにあったと申告したようだが、密室のことで真相は藪の中だ。

★ストロスカーン氏は、裁判所に於ける保釈申請で「容疑」を否認しています。それにしても、アメリカの強行姿勢は、ビンラーディンのように殺してはないが、逮捕が目的のようで異常な慌てように見える。


現在、ストロスカーン氏は、フランス大統領候補として、現職のサルコジ大統領より支持率が3倍もあり、正式に立候補すれば、次期大統領間違いないと言われていた人物でした。それに対して、彼をその前に失脚させたいと願っている勢力は2つある。


★拙ブログを閲覧されていらっしゃる皆様方は、ご記憶の通り、ストロスカーン氏は、2009年2月、イタリアで故中川昭一財務大臣から「約10兆円の米国債」の提供を受け、「人類史上最大の貢献をしていただいた」と、中川財務大臣を絶賛した当事者だった。

それは、IMFの金庫が底をつき、財政破綻国家を救済できなくなっていたからだった。


中川財務大臣は、その会議終了後の「酩酊記者会見」が原因で、失脚したが、それを信じるか否かで日本国民の民度を計るバロメーターにしている。


中川財務大臣は、罠に嵌められたと思っています。


★会食の席で、問題になった赤ワインは6人で一本、1人のグラスには半分くらの量しかなかった。


★会食後の問題記者会見の席へは、中川氏は足取りも軽やかに入場してきて普通に着席していた。


★故中川昭一氏は、叔父さん(中川義雄前参議院議員)に「日本に帰ってからテレビを観るまで、何があったのか分からなかった。あの一瞬だけ覚えてない」と、本人も驚いていたとのことでした。


★美術館で彫刻に触れ、非常ベルまで鳴らしたなどと、各テレビ局は狂ったような報道合戦をしていたが。日本テレビ系列が一番ヒドかったことで、戦後の「闇」が浮き彫りになった。

それにしても、読売テレビに出ている辛坊次郎読売新聞論説委員ってのは、麻生太郎氏と中川昭一氏を親の仇のように、口汚い言葉で誹謗していたが、辛坊氏は誰かに言わされていたのか。それとも嘘でもなんでも両氏を批判すると読売新聞グループでは出世できる約束事でもあるのか。あの時、読売テレビの辛坊氏の番組は、何故、中川氏と会食を共にした同じグループの日テレ原聡子記者に取材しなかったのか。


今からでも遅くないから、辛坊氏よ、原聡子記者をスタジオに呼べは良いのだ。それができないのであれば、肩書きを新聞記者からお笑い芸人に換えるべきだろう。


★中川氏が美術館を訪れたとき、案内役を務められたのは、バチカンの日本人神父だった。


後日、その神父さんから中川夫人にきた手紙には、「近くにいてお酒の匂いはしなかった」とか「ずっと案内していて非常ベルは鳴らしていない」などと、悉く日本での報道を否定しているとのことだ。


辛坊氏は、その神父さんを独自取材する義務がある。はた目から観ていても、故中川昭一財務大臣にたいして暴言を垂れ流していたのであり、国民の財産であるテレビ電波を使用料タダ(管理費が極少々)で商売しているテレビ局には社会的責任があるのだ。

★日テレは、GHQ占領下にCIAの肝いりで創設された、アメリカの代理人のようなテレビ局なのだ。そんなことはないと、辛坊氏が開き直るのであれば、原聡子記者といっしょに故中川氏と会食した越前屋知子読売新聞記者は、ほとぼりが冷めるまでアメリカに逃げていたが、そろそろ日本に帰ってきているだろうから、「スクープ;『中川財務大臣酩酊記者会見』の真相・辛坊が越前屋知子記者と原聡子記者に聞く」との、特番を放送することを要望する。


★米国債を差し出した故中川財務大臣は謎の死、それを受け取ったストロスカーンIMF専務理事が女性スキャンダルで失脚させられようとしている。


現在、アメリカは、国債発行制限法が問題になっており、新たに国債が発行できなければ財政破綻に陥るか否かで緊迫している中での、「セクハラ事件」だった。米国債について、アメリカに逆らうようなことをすると「長生き」できないようになっているようだ。



★《『国家の存亡』が予約注文できるようになりました。》「TPP」と「日本人弾圧推進法案」(民主党名;人権侵害救済法案)反対の一票をアマゾンへ同書を一冊予約注文して、アマゾンランキング第1位をゲットできれば、日本人の団結力を反日勢力に見せつけることが出来るのであり、菅首相の目論見を潰せるのだ。《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=371&cr=f222b2280ed4e7d123001277c923f322》

国家の存亡 (PHP新書)



★日本人の団結力を祈願する聖地。【拡散《小樽龍宮神社で「日本鎮護」を祈願した麻生太郎元首相と中山成彬・恭子ご夫妻。龍宮神社は日本復興の聖地です!》】http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=358&cr=b4c25a2cc273801e6f752538a0976932



★拡散《歴史認識問題にトドメを刺す。『「反日」包囲網の正体』の表紙がアップされました》《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=369&cr=429140eaa6a6c09d4fbc3523f1c96671》

「反日」包囲網の正体


※ジャーナリスト水間政憲;http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ここまで↑


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


わたしも、辛坊次郎さんは、たかじんのそこまで言って委員会の司会してるんなら、原聡子記者といっしょに故中川氏と会食した越前屋知子読売新聞記者を、ゲストに読んでもらって、金美齢さんや、三宅久之氏や、ほかの方たちの前で、インタビューしてもらいたいわ。









 
[PR]
by lazytown | 2011-05-20 18:22 | 政治歴史