ブログトップ

TPPと、幸せってこと。。。

 
" target="_blank">


先週の桜テレビの「討論、討論、討論」だけど、これ、1部から3部まであるんだけっど、


たしか、2部か、3部で、インドの人たちが菜食なのは、これから、食不足になっていくなかで、とても有利だ。。これは、インドの国家戦略かも、、っていう話があって、

「うん、うん、なるほっどーーー」

とおもった。

いろいろ繋がっていくね。


" target="_blank">


サティシュ。クマールさんの、「君あり、故に我あり」という本をよんだけど、(おすすめだよ)

そのなかで、こんな話がある。(うる覚えで悪いけどね。。すみません。。)


彼がちいさかったときに、お母さんが時間をかけて作ったショールを、彼のおねえさんにプレゼントしたときのことだった。

お姉さんが、お母さんに、「ミシンがあったらもっともっと早くつくれるし、時間の節約になるから、ミシンをさがしてきてあげようか??時間を節約したら、時間があまって、ほかのことができるわよ」

といったところ、お母さんが、

「あなたは、無限なものを節約して、限りあるものを費やそうとしているわよ。」

といったのだ。なぜなら、


「ミシンは金属からできていて、金属をえるためにはほりださないといけないし、ほりだすためには、機械がひつようで、機械をつくるには、工場が必要で、、工場をつくるためには、もっともっと、有限な材料が必要で、そのために、有害なことをしなければならなくなってくる。。」

からだ。

そしてかれのお母さんはこうもいった。



「あなたは、自分の便利さのために、ほかのものをくるしめることになるのよ。

わたしは、仕事がたのしいのよ。

わたしにとっての仕事は瞑想なの。

針仕事をしているとき、平和な気持ちになるの。

あなたは、わたしのこの瞑想をとりあげようとするのかしら?


それに、ミシンをつかって、いっぱいものをつくったとしても、材料をもっとつかうことになるわ。

時間を節約したとしても、余った時間は何をするというの?? 

仕事の喜びはわたしの宝物みたいなものなのよ」


本から、だいぶ省略してかきましたが、、まったく、、そのとおりだとおもったんですわ。


それで、↑の動画のなかで、加藤登紀子さんに、

「幸せってなんですか??」


ときかれた、サティシュが、

「満ち足りたもの。自分で、もう十分っていうことを知ること」

と答えているんだけど。。。。


TPPのことも、政治のことも、家庭のことも、すべて、そういうことにつながってきてるようなきがするんだよね。 
( かなり強引なつなげかたかもしれないけどね。笑)


まあ、ふたつの動画をみてそんなことをおもいましたわ。


ちゃんちゃん。。





    









 
[PR]
by lazytown | 2011-03-09 05:27 | 政治歴史