ブログトップ

プレスTVから、、、

 2月11日は、建国記念日でしたね。


しらなかったのだけど、先の大戦の後、この、「紀元節」と呼ばれる、建国記念日は、GHQの政策により、国民の休日からはずされていたんですってね。

えいと@さんのブログをよんでね。)


それがまた復活したのは、なんと1967年からなのですって、、なんとわたしの生まれた年だわさ。


よーめんさんのおっしゃるように、おっちょこ左翼(よーめんさんが、よく使う、この表現は、かなりいかしています。)のおかげで、イランの国営tv「presstv」ではなんだか、日本の右翼がすごいことのように国際放送で流されていますよ。(まあ、presstvを見るような人って自国でも左翼っぽいんですけどね。爆)

いちおう、このニュースのグーぐる日本語訳をのせますね。

ここから、、↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年の大雪は、天皇制と国家の基礎を祝う日本の祝日を迎えた。


社会のより上品なセクションについては、それはパレードやブラスバンドのための日です。 彼らは実際に彼らの長年を披露通り行進。 この日は、すべての彼らが激しい寒さと雪した勇敢する必要がありました。

町の間で、しかし、より多くの強力なシナリオが展開されました:デモ隊は行進した。

私の後ろのデモ隊は戦争に反対して自分自身を宣言しており、また、在日米軍の駐留に対して。

ほとんどの論争は、これらのデモ隊が皇帝システムのエンドと呼ばれる。

我々は、彼らがここから出ていた理由は、それらを聞いて行進に飛び込んだ。

この男は、彼が東アジアにおける新たな戦争を心配していると述べた。

帝国システムは、日本社会における差別の根底にあることをこの女性は話してくれました。

彼らはビデオテープへの警察の努力抗議の行進に悩まさになったときにある時点で、デモ隊が警察と対立していた。

次に、これらの人々は、日本の超国家主義が登場。

強力なスピーカーを使用して、彼らが反戦デモを侮辱も暴力で彼らを脅した。

プレステレビはそれらのいずれかに話した:

我々は、保守政党の近くの代理店から来るようなメッセージを見つけた:

建国記念日は、このように左と右の日本での政治的な戦場となっている。 双方は、東アジアの恒久的平和を確立すると言うが、彼らはそれを実現する方法については、非常にさまざまなアイデアを持っています。 マイケルペン。 を押してテレビが備わっています。 東京

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(ここまでです↑)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グーぐる英訳なので、(ごめんわたしが訳せって??)へんてこナ文ですけど、わかりますわね。


なんだか、おかしいとおもいません?(へんてこな訳じゃないよ爆)

この画像で流されているのを見ると、いかにも、「帝国主義」イコール「天皇陛下」イコール「国粋主義」ってなかんじデ報道されているようにみえるんだよ。

そんで、デモを起こしている人たちが、いかにも、「平和のためにでもしている」っていうように報道されているんだよね。

よーめんさんのブログでよんだんだけど、昭和天皇陛下の人形みたいなものを作って、もやしているひととかいたんだって??そういうのは、「平和主義」とはいえないけど、、
そういうのは、ニュースでながされないで、いちがいに、「右翼イコール保守の人たちは、中国と、韓国のことに対して危険を感じている、、」なんていわせるのは、とんでもないまちがいだよって、おもうんですわ。

それに、、、
「ウルトラ右翼」って、いわれちゃっている、あの車に乗って大声はりあげている、「右翼」のかたと、保守の人たちをいっしょにしないでほしいんですけど、、


こうやって、テレビに報じられると日本人が、「RIGTH WING]というと、あの、「ウルトラ右翼」とおもわれるのでしょうね。。ちがうのに、、

なんだか、NHKとか、日本のマスコミだけじゃなくって、海外の報道にもきをつけないといけないよ、、日本はね。。

まったく、イランのアメリカやイスラエルに対する強い態度には、内心感心しているんだけど、プレスTVの、日本に対しての、あの報道には腹たつわ。、、って前からけっこうそうだったな。。中国より(?)の放送なんだよ。っていうか、プレスTVだけじゃなくって、もしかしたら、海外のひとたちは、結構そう思っている人たちがおおいかもね。

だから、日本は、忍者を海外に派遣しなくっちゃだめなのよ。。。

海外マスコミに、日本の宣伝をしてもらわなくっちゃねえーー。 


でも、実をいうと、わたしも、「右翼」も、「左翼」もよくわかっていなかったんだわさ。

やっぱり、「右翼」というと、あの渋谷とかで、車にのって、日の丸のはちまきをして大声で叫んでいるっひとたちのことをおもっていたんだ。

「左翼」ときけば、「日本赤軍」とか、そんなことしか創造できなかったし、どっちにしても、いい印象はもっていなかった。


イギリスにきて、「RIGHT WING]とか、「LEFT WING]とか、きくようになって、保守的な考えのっひとと、社会主義的考えの人というふうなことで、べつにこわいことではないのだって、(いきすぎなければ)わかったんだ。(おそすぎるね。ごめん。)


なんだか、そう考えると、日本は、「保守的な考え」とか、「社会主義的なかんがえ」を、かんがえることが、「怖い。。」とか、「いきすぎ」って、おもいこみをさせられて、政治に、「興味」を持たなくさせてこられたのではないか。。。って、かんがえてきてしまう。
(わたしだけなのかな???)


政治に関心を最初からもたせないようにされてきたのかもしれないと思うと、おそろしやあーーっておもうのだ。


あの、「ウルトラ右翼」と海外で呼ばれている人たちって、結構、日本人じゃないひとたちもいるのとか、、このサイトでみましたよ。


この↑のサイトをのせましたけど、、

わたしは、悪いことがあるとなんでも「在日」の人たちのせいにするのはぜったいに!!!反対だし、人は国籍に関係なく、「いい人」も、「いやな人」も「悪い人」もいるわけで、一生懸命にいろいろな思いを胸に生きている在日の人もいっぱいいるということだけは、いっておきたいですわ。

実際、私が困ったときに温かい心をもって、接してくれたのは、在日の人や、朝鮮人のおんなの人でしたし。

だから、一部のスパイや、いやな人たちのせいで反中たか、反在日韓国人反。。とかになってしまうのはばかげているとおもうんです。。

だいたい、わたしが、初めてプロポーズされたのも、韓国人の人だったしね。。(どうもどうも、、どうでもいい話ですね)ぶははっはあーー



それに、こないだの、アジアカップで、決勝ゴールをきめた在日の選手が、「韓国にかえっったら、逆に、在日ということで、差別をうけたので、日本人として、日本野チームでプレーすることにした」。。なんて、動画をみたら、自分の子供たちのことを考えてしまい、苦労しているのね、、とおもってしまったよ。

  
で、そのあとこんどは、「あの人は、日本人としてプレイしたわけではない」 なんていわれちゃったりして、「なんだよーーそこまで頭ひんまがらなくったって、いいんじゃないの??」っておもったんだけどね、

在日だけじゃなくって、日系で苦労している人たちだっているんだしさ、なんかあったからって、なにもかもそういう人のせいにするのはわたしはいやだよ。

 同じように、アメリカ人や、イスラエル人にたいしても、おなじことがいえますわ。

いろいろな、アメリカの陰謀説によって、反アメリカになるのも、どうかねってもおもうんだよ。


日本再生作戦を、ない頭をつかい、黙々と考えていますと、


1、エコフェスティバルのような、ちょっと、おしゃれな、受けのよいイベントをする。

(たとえば、、「ピースアンドラブ、みんなで日の丸イベント」、、とか、、なんとか、、 受けのいいおしゃれな、イベント)


2、日本語の歴史本を、ジャンじゃか、英語版にして、世界各国の本屋にばらまく。

3.忍者作戦。。(情報部員。海外にて)


4、そして、憲法改正、歴史教育の見直しにいく。



そう、何が大切かっていうのは、一般のひとたちに、エコ活動をもりあげたように、おしゃれ感覚で保守活動をひろげていくしかないとおもうのさ。


「キャッチー」ってやつですか????(爆)


さて、よーめんさんもいっていましたが、きょうは、花ウサギさんのところでも、、


映画「プライド」の英語版ができたそうですよ!!


海外組、だんなが、英語わかる人は、みてもらいましょうね。


 
つづきは、ユーチューブの横からみれます。全12編です。


 
わしは、(小林よしのりじゃないけどさ、、)早速うちのおやじさん(だんな)にみてもらいますよ。


あ、それから、花ウサギさんが、「凛として愛」という、日本人からみた、近代史賀描かれている、すばらしい、映画の英語版も、訳してくださるかたをさがしています。


" target="_blank">


これも、日本人なら、必見!!!


どう考えるかは、個人の自由でいいんですけど、人生を生きるなら、いろいろなものの考えをしっていると、自分自身で考えることの、土台になるとおもいます。


ちゃんちゃん。。

今日も長い話を聞いてくださりありがとうございました。。。。(爆)


PS..

BEING RARARAVICHさんのところで読んだ記事。。同じプレスTVからのなんだけど、、感激です!!読んでみてくださいね。





 
[PR]
by lazytown | 2011-02-13 22:25 | 政治歴史