ブログトップ

4本の弓矢。。また冬休みに突入。。。。

「あんた、、ひまだね。。」

と思ってくださってけっこうですけど、、(爆)


今日も更新してしまいました。。


長い冬休みもおわって、やっと子供たちが学校にいくようになって、家の中の静けさがもどった。。。

と、思ったのもつかの間。。。。


こどもたちみんな、湿疹ができて、抗生物質をのまなければいけなくなり、終わるまで学校はやすんでくださいと、、、



っていうことで、また、冬休みのようになってしまったうちの中。。


なんていたって、ただの、湿疹だから、人にうつしてはいけないから、学校にはいけないけど、元気なもので、毎日、わたしは、けんかの成敗をするはめに、、、


「マミーあーだコーダあーだコーダ。。。。。ぴちぱち。。。だらだらだらーー」

と、4人がそれぞれがきて、自分の主張をするので、まったくたまらない。


子供たちそれぞれの、主張がある。。しかも、まったく正反対のことを言っているので、どっちを信じたらいいのかもわからない。。(苦笑)



で、そういう場合は、(ほとんどの場合だけど)どちらもしかることにする。


で、年長組み(上の2人)は、だいたい、「ITS NOT FAIR」(公平じゃない)といて、ふくれっつらするけど、

「LIFE IS NOT FAIR」(人生って、公平じゃないよ)と、こちらのおかんがいつも使う言葉をわたしも使う。


「おにいちゃんがやれっていったから、やったんだ。」


といえば、

「じゃあ、おにいちゃんが死ねといったら死ぬのか??」

というこれも、こちらの友人おかんが使うことばでわたしも反撃する。



けんかはよくするけど、仲のいいときは、とっても、ほほえましいので、おかんとしては、すごく幸せだとおもう。


うちは、親戚が近くにすんでいないし、日本にも帰る機会もないので、家族で過ごすのが伝統的なクリスマスとかの行事も、じいちゃんばあちゃんにあいにいくこともないし、ひっそり(?)と、本当に、家族6人だけで過ごすことが多い。


誰の話だっけ??「一本の弓矢はすぐにおれてしまうけど、まとまった弓矢は折れにくい」っていう話。。上杉謙信???ちがうか??だれかおしえて。


わたしもだんなも(西洋にもそのような話があるようだ)その話を子供たちによくする。


大人になっても仲良くしてほしいわ。

(早く湿疹治って学校にもいってほしいですけど、、)


ねずきちさんの今日の話もとてもいい話でみんなによんでほしいけど、この話(パラオの話)は、泣けるわ。。。


わたし、パラオの国旗が青と、黄色で日の丸に似た、国旗だってしらなかったの。。(よんでみればわかりますけど、、)


こういう話、学校でおしえればいいのになとおもいます。




d0145528_5103422.jpg



末娘語録

「I LOVE EVERYBODY IN MY FAMILY!!!」

「AND I LOVE MYSELF ITS  SO IMPORTANT  ISNT IT MUMMY ??」


じゃんじゃん。。











[PR]
by lazytown | 2011-01-12 05:11 | 子供