ブログトップ

二重丸の作文ということで、、、(どうも、どうも、)

   
 花うさぎさんの「世界は腹黒い」でみた動画 またまた、まねっこだけど、のせちゃうよ。

はなうさぎさんのこの記事での、青山繁晴さんの「硫黄島の戦いででなにがあったか」もみてほしいけど。


昨日、ようやくみたけど、、3時間くらいの長編!!うっはーーだけど、冒頭だけでもいいし、ちょこちょこだけでもいいからみるといい。



" target="_blank">


冒頭で、加瀬英明氏が、「核兵器抑制のために、核を持つ」っていっている。


なるほどーーというような意見がいっぱいあって、日本国民全ての人がみたらいいとおもう。


自己開発セミナーとかで、自分の抱えている問題をかたったり、どこかからだに悪いところがあってそれを直したいときとかある場合、けっきょく、つめていくと、根本を直さないと、その原因をつきとめないと、直らない。。解決しないことが、個人的レベルではある。


それと同じで、日本の今抱えている問題の根本のひとつは、戦後GHQによってつくられた、憲法なんじゃないかと思う。(もう、何十年も前からこのようにいっている人たちはいたので、わたしがはりきってここでいうのは、えらそうですけど)


戦争が終わって、占領がおわったあとも、ずるずると、憲法の見直しをすることもなしにきてしまった、つまり、日本人ひとりひとりが、自分たちの国がどうなっていきたいのかというものをかんがえずにきてしまったということじゃないか。


えらそうですね。わたし。。わたしも、考えずにきたうちのひとりです。


なぜか、憲法改正の話や、自衛隊にちゃんとした、軍というものの機能をもたせたいという話や、核開発の話、、、、そういう話がでてくると、

「危険な思想」

といわれてしまい、


「あなたは日本が軍国主義にもどることをのぞむのか??」

「すばらしい、平和憲法があるのに、なぜかえなければいけないのか??」


という論議にすりかえられてしまう。


わたしも、そういう風に考えていた。

戦後教育の、自虐歴史というものを、学んでも、核装備ということや、正規の軍を持つという話題になると、「憲法9条は、日本の自慢」だなんて、考えていた。


それも、つい最近まで!!


ああ、なんて矛盾していたんだろう。。


小さな個人的な話でいえば、自分で自分のことを、自衛するのは、当然だ。


海外にすんで、「いろいろなものの価値観がある」ってことや、

「良いことの意味が人や、国によって違う」

ってことを、少しだけは、からだで実感し、頭の体操なんかじゃなくって、経験として学んだはずなのに、、本当に、ぼけていたわ。


わたしは、平和というものは、自分で作るという、基本的な責任をはたすこともなしに、ありえないということに気がつかなかった。。

お花畑にすんでいたんだ。。はあーーっはっは。。



いつまでも、お花畑にはすめない。すんでいたいけどさ。


根本的なことをちゃんとしていれば、あとからなにもかもついてくる。

うまくいくんだ。


(と思う)



遅くなる前に、はじめたい。


憲法改正。。


まずは、それからだとおもいますわ。


余談;;

そういえば、この間、久しぶりに、戦国時代の歴史についての本をちょこっとよんでいたら、
すごいんだよ!!

って、あたりまえだけど、うらぎりや、陰謀。。兄弟殺し、、すごい規模の戦で、人殺し、、村人殺し、、

それに、、はーーっはっはっは。小田信長の比叡山での出来事。。。(ごめんなさい。。わらいごとではありませんね)

でも、、生きるか死ぬかでの時代に生きている人って、、たくましいっておもいました。


いろいろな歴史のなかで、日本という国をつくりあげてきた先祖のためにも、日本という、美しく、すばらしい国を残すのが、わたしたちの役割でもあるんじゃないかっておもってしまいました。

(おっと、優等生の作文のようになってしまいました。)


二重丸。。くらいでしょうか???




  
 
[PR]
by lazytown | 2011-01-11 06:32 | 政治歴史