ブログトップ

おかんの強い味方と、いかすフランス人

「おつるの秘密日記」さんの、ブログから、「史実を世界に発信する会}という、サイトを知りました。

 
以下「お鶴の秘密日記 酒と薔薇と愛の日々」より、一部転送させてもらいます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界へ向けて日本人の主張を英文版、つぎつぎと完成

http://hassin.org/01/tag/manzhouguo
黄文雄さんの『満州国は日本の植民地ではなかった』
全文が英語になりました。全190ページ

http://www.sdh-fact.com/CL02_1/67_S4.pdf
阿羅健一『南京で本当はなにが起こったのか』
全文が英語になりました。全143ページ

http://www.sdh-fact.com/CL02_1/27_S4.pdf
東中野修道『南京事件  国民党秘密文書から読み説く』
全文が英語になりました。全197ページ

外国の友人に送ろう。図書館や議員や有力マスコミ、ジャーナリストらに
送る運動を展開しております。
   ◎◎◎◎◎
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」よりhttp://www.melma.com/mb/backnumber_45206/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  ♪


中曽千鶴子 様,

「史実を世界に発信する会」の第一目的は、日本の主張、正しい歴史事実
を海外に向けて発信するところにあります。そのために、English speaker
に読みやすいように、英文のみのサイトを立ち上げ、そこに英語文献を
掲載して発信することに最重点を置いて活動してまいりました。

http://www.sdh-fact.com

日本語版サイトも立ち上げましたが、レイアウトも最初のままであり、
英文版との連携が出来ていないものである上に、更新がほとんどされず、
従って、多くの方々へのアクセス、アピールができないままでした。
唯一、Newsletter を毎号ブログ形式で載せると言う事で、連携と更新
を図っているという状況でした。

このほど一新して登場したサイトでは、英語版に掲載されている書籍・
論文、主張は、原則としてすべて日本語原文でも読めるようになっており
ます。海外発信=国内発信の形となり、また史実に関する日本語の情報源
としてご活用いただくこともできるようになりました。更新もしやすい
ものになりましたので、最新情報、主張をどんどん載せていきたいと
思います。URL も新しくなりました。
     
 http://hassin.org
    
是非とも皆さんにご覧いただき、ご活用いただくとともに、ご意見、ご提言
をいただければ幸いです。

また、発信する会は心ある有志の皆さんからの浄財を唯一の頼りとして運営
されております。皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。

平成22年12月10日

          「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道拝




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで、、転送終わり。。


便利だわあーーーーーーーーーーーー。。

力強い味方ができたってかんじだわ。。


なぜなら、、だんなに歴史問題を説明するときに、、とってもくるしかったんですの。。
なんたって、南京事件のこととか、だんなが、GOOGLEすれば、日本の悪い記事しかでてこないのだもの。。

何年かまえに、東中野修道氏をGOOGLEしてみたのだけど、英語で説明されてあったのはなかったし、(前ね、、)東中野修道氏の本をみせて、説明しても、一瞥されただけだったのですわ。

だいたい、うちのだんなは、ニュースおたくで、イスラエルが、パレスティナにしていることは、ぶらぶら文句いっているくせに、アジアでのことは、さっぱりわかっていない。

でも、そういうのって、ヨーロッパ人はそうなんだろうなってもおもう。遠いし、直接自分の国にかかわってくるわけでないから、日本人が、パレスティナで起こっていることをあまりしらないことといっしょかなともおもう。 

大体、一般の欧米人は、原爆落とされたのはかわいそうだけど、中国や、韓国や、満州に攻めていったことはなんなのだ??っておもっているのだ。
満州はせめていっていないのですけど、、っていっても、わかってもらえない。

中国と韓国との関係も、英国が植民地支配したような関係と一緒にされたくないのですけどね。。ふん。

日本人だから、日本のことを、また、弁護しているっておもわれるのがくやしいわ。ふん。

自分のしたことを、認めない人みたくあつかわれるんですけど、、ふん。。


というわけで、こういうウェブサイトがあることはとてもうれしいし、日本人にとってもとてもいいことだと思う。

とりわけ、欧米人っていうのは、黒かしろかみたく、こう、、、文献にのっていたり、本で解明されて数字で証明されていたりすると、 そういうものを信じるし、彼らなりに、勉強していくのだ。

いくら、わたしのような、いち主婦が、下手な英語で、顔をまっかにしてあーだこーだいっても、真実みっていうのがないようで、言い訳している子供のようにしか、とれないのだろうね。。きっと、、(苦笑)

わたしも、桜井よしこさんのように、冷静に、明確に話すことができるようになりたいものだけど、、、、、(きっと、一生無理だろうけどね。。。)

話がまたそれるけど、わたしは、

「NONE OF yOUR BISINESS!!GET OUT AMERICAN!!!]

と、おっしゃった,金美齢さんにも ひかれます。。。(あそこまで、頭はよくないけど、啖呵をきるだけは、金美齢さんと同じくらいできるだろう、、ということで)(ぽちっておしてみてくださあれ)



 うしろで、野次を飛ばしている、アメリカ人にいっていたそうです。

この画像で説明しているので、興味のある方はぽちっとおしてみてください。

 

かっこいいわ。。うちのおばあちゃんもあんな感じだった。。。

苦労した人は、強くて、やさしいね。。

花うさぎさんの「世界は腹黒い」
で、みつけた映像ですわ。。



さて、、今日の最後をかざるのは、、、、、、この画像!!!ぶははははh--
 
 

" target="_blank">


フランス人。。いかすね。。



余談。。。

なんだか、、、だんだん政治ブログっぽくなってきてしまったわ。。。

ブログ村での自己紹介では、「子育てと、話がしょっちゅう電線してしまう、お間抜けなお話」なんてかいているのにね。。。
まあ、やっぱり、おまぬけだからいいかしら。。。ぼそっ
[PR]
by lazytown | 2010-12-15 03:03 | 政治歴史