ブログトップ

ウェールズと日本。。漢字の森。。。

d0145528_2322114.jpg



このところ、ぐぐっと寒くなってきたウェールズ。

うちは、谷間にあるので、本当によく雨が降る。

夏にペンブロークシャーにいったとき、海のちかくのキャンプ場だったのだけど、雨が降ってもさっさとどこかにいってくれたり、天気が悪いかな、、とおもっても、さっと、晴れ間がみえたりして、長くしとしとしとしとと、降り続いてはいなかった。

うちのほうで、雨が降っていても、ちょっと、車で海に向かって走ると、となりのまちは、晴れていたりするのだ。

そんなことで、この1,2週間ずっと、天気が悪くって、洗濯ものをかわかすのにてんてこマイだったのだけど、ちょっと、はれて、隣の山をみると、きれいな紅葉が、、

この写真は、うちの目の前ではないけど、、どこもこんなかんじで、とってもきれいだ。

雨がよくふるため、 葉っぱにつやがあって、、とおくからみると、きらきらいろとりどりの色がとっても、奥豊か。。

d0145528_23444865.jpg


ということで、、漢字パークにいってきました。

ここは、日本では、おなじみの作家、環境活動家のC W 二コルさんがつくった、アファンの森と、世界初の姉妹森を提携したところです。

d0145528_074773.jpg


d0145528_01203.jpg

d0145528_0145980.jpg
d0145528_0172982.jpgd0145528_0202032.jpg


d0145528_0233968.jpg


公園といっても、木に、日本語や、英語や、ウェールズ語で彫り物をしてあったり、木で作った漢字がたててあったりするだけなのですが、こんなうちの近くに日本と関係のある、公園があったことに、びっくり!!
 
日本人のボランテアのかたたちが、管理してくれてるそうです。
しらなかったーー

d0145528_034269.jpg



気持ちのいいところだけど、まあ、なにもないところなのですが、、、栗がたくさん落ちているのを発見!!!
11月なので、もう、リスにがさがさやられてしまっていましたが、それでも栗拾い名人(自称)になった、次男と、長女がたんまりひろってくれたので、家にかえってゆでてたべました。

来年はかならず、栗拾いにこようとおもいます。

落ち葉で染物(クレヨン塗って、アイロンかけるだけ。。ははは)もしよう、、、、と落ち葉をひろい、なんだか幸せな気分でおうちにかえりました。

d0145528_0512630.jpg
 

それにしても、、ウェールズの景色って、日本ににてるんだよなーー。。。

わたしは、寒いのがとってもにがてで、いつも、なんでこんなところにきてしまったのかしら、、、とぶちぶちもんくをいってしまうのですが、もし、ウェールズに住んでいなかったら、雨がたくさんふって、寒いところの美しさに、きがつかなかったかもしれません。

雑な性格なので、細かい、見えない、小さな美しさを見逃していたかもしれないですわ。

きれいだなーーとおもっても、それだけだったかもしれない。

環境順応能力だけは、人一倍あるので、どこに行っても、それなりに楽しめる性格だけど、最近ますますその能力が伸びてきたのか。。。(爆)

日本とにているからなのか、、日本のことを思うたびに、ウェールズの美しさにきづくんだよね。。シンクロしているのかもしれません。。。。
  

d0145528_152771.jpg
 
 
[PR]
by lazytown | 2010-11-08 23:17 | ウェールズ